プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


月別アーカイブ
前の月(11月)2008年12月のアーカイブ次の月(01月)

  • Sum 41(サム・フォーティワン) - No32 at 2008年12月30日  (Tue)  11:33:55  [洋楽S Sum 41]
    Sum 41(サム・フォーティワン)は、カナダオンタリオ州エイジャックス出身のパンク/メタルバンドである。  皆さん、今年も後わずかになりました。 ふるさとに帰省される方、年末の大掃除で大変な方、いやいやまだまだお仕事の方、今年一年お疲れ様でございました。 流れ星もブログ仲間に加えていただきまして感謝です! 今年一年は旧ブログmemory of the musicで7月いっぱいまで、毎日のように訪問していただいた皆様有難う...
    ... ⇒全文

  • マドンナ (Madonna) トゥルー・ブルー - No68 at 2008年12月27日  (Sat)  18:30:04  [洋楽M Madonna ]
     マドンナ (Madonna 本名:Madonna Ciccone Ritchie、1958年8月16日-)は、アメリカ合衆国ミシガン州出身の歌手、女優、映画監督、文筆家、実業家。夫はイギリスの映画監督であるガイ・リッチー。皆さん今年もあと数日で終わりを迎えます、流れ星は26日で仕事納めでした。 そして来年の仕事始めは8日から長期のお休みとなります、チョッと休みすぎでええんかいな(-_-;) で、今日はお休みに入った息子とポケモンゲームして遊...
    ... ⇒全文

  • ピーター・セテラ(Peter Paul Cetera) - No65 at 2008年12月24日  (Wed)  17:58:28  [洋楽P Peter Paul Cetera ]
     ピーター・セテラ(Peter Paul Cetera、1944年9月13日 - )はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のミュージシャン。ピーター・セテラと聞いてChicagoと思われた方は結構な洋楽ツウではないでしょうか。 そのChicagoで数々のヒット曲を歌ってきたピーター・セテラですが1985年にソロ活動に 専念する為に脱退、Chicagoは2008年現在でも活動中で今年の4月に日本でヒューイ・ルイス&ザ・ニュースとジョイントコンサートを行って...
    ... ⇒全文

  • Buckcherry(バックチェリー) - No38 at 2008年12月22日  (Mon)  18:19:11  [洋楽B Buckcherry]
      Buckcherry(バックチェリー)は、1995年にロサンゼルスで結成されたアメリカのバンド。クリスマスも近づいて何か特集でもやろうかなーと思っていたんですが企画倒れになりそうなのでごく普通に紹介させていただきます。バックチェリーはバリバリのヘビメタでは・・・ありません、極太の極上ロックンロールと形容した方が分かりやすいと思います、エアロスミス、ガンズ・アンド・ローゼズなどが同じ傾向のバンドです。この...
    ... ⇒全文

  • カーディガンズ (The Cardigans) - No48 at 2008年12月20日  (Sat)  01:33:48  [洋楽T The Cardigans ]
     カーディガンズ (The Cardigans) は、スウェーデンのバンド。自分の音楽史の中で90年代はどんな音楽聴いていたか思い出してみるとジャズにはまってしまってジャズばかり名盤をあさっては聴いていましたね。90年代は洋楽ポップスはほとんど聴いてませんでした、自分の年齢から70年代後半から80年代はしっかりライブにも出向き洋楽が大好きでした、数少ない90年代によく聴いたバンドのひとつがカーディガンズでした...
    ... ⇒全文

  • ブルース・スプリングスティーン - No53 at 2008年12月17日  (Wed)  00:49:55  [洋楽B Bruce Springsteen]
    ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen, 1949年9月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州フリーホールド出身の歌手、ギタリスト、作詞家、作曲家。父はオランダ系とアイルランド系の混血のトラック運転手、母はイタリア系アメリカ人。敬虔なカトリック教徒。  今回はリクエスト記事になります! ブログ仲間のhirokunさんからのリクエストです、hirokunさんのブログはほんとに話題が豊富です、コメント...
    ... ⇒全文

  • ドラゴンフォース(DragonForce) - No44 at 2008年12月13日  (Sat)  00:37:46  [洋楽D DragonForce ]
     ドラゴンフォース(DragonForce)は、イギリスのメロディックスピードメタルバンドである。 流れ星さんの職業はと聞かれ自称ギターリスト評論家と言って妙に納得してくれた、中学生ギターキッズの茶谷さん、元気にギターの練習に明け暮れているのだろうか(笑)冗談に一回茶谷さんのギターが聞きたいとリクエストして聞かせてくれた、イングヴェイ・マルムスティーンのクラシカルな曲はほぼ完璧に弾きこなして、荒削りなとこ...
    ... ⇒全文

  • シーナ・イーストン(Sheena Easton)+007 - No51 at 2008年12月09日  (Tue)  23:06:39  [洋楽S Sheena Easton ]
     シーナ・イーストン(Sheena Easton, 1959年4月27日 -)はスコットランドのベルズヒル出身の歌手である。 非常に寒い日が続いておりますが皆さん体調のほうはどうでしょうか、元気ですってよかったです!ブログ記事も男性アーチストが続いておりますがこのあたりで世界の歌姫シリーズへ、もうかなりの歌姫紹介してますが紹介してもまだまだ続きますね。今回は80年代を代表する歌姫シーナ・イーストンです、そうです彼...
    ... ⇒全文

  • John Lennon&George Harrison - No49 at 2008年12月06日  (Sat)  19:16:45  [洋楽J John Lennon&George Harrison ]
     ジョン・レノン MBE(John Winston Ono Lennon, MBE-ジョン・ウィンストン・オノ・レノン, 1940年10月9日 - 1980年12月8日)は、20世紀に活動した歌手、作詞・作曲家、ギタリストである。英国・リヴァプール生まれ。ロックバンド「ザ・ビートルズ」のリーダーであった。 身長176cm いよいよ、今年最後の月12月になりました、本格的に寒くなり皆さんお元気でいらっしゃいますか。 12月はクリスマスもあり、皆さんのブログでも...
    ... ⇒全文

  • エアロスミス (Aerosmith) GET A GRIP - No50 at 2008年12月02日  (Tue)  23:40:09  [洋楽A Aerosmith]
     エアロスミス (Aerosmith) は、マサチューセッツ州ボストン市を拠点に活動するロックバンド。 今回はアルバム「ゲット・ア・グリップ」をご紹介しようと思います。 このアルバムジャケットは牛のお乳をドアップですね、非常に印象に残りますね、過去に牛のジャケットで有名なバンドがありますね、ご存知ですよね。ピンク・フロイド「原子心母」1970年 そうです、ピンク・フロイドのアルバムですね、ちびたさんもご存知...
    ... ⇒全文


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

Sum 41(サム・フォーティワン)
[20081230]

60419373.jpg

Sum 41(サム・フォーティワン)は、カナダオンタリオ州エイジャックス出身のパンク/メタルバンドである。

 皆さん、今年も後わずかになりました。

ふるさとに帰省される方、年末の大掃除で大変な方、いやいやまだまだお仕事の方、今年一年お疲れ様でございました。

流れ星もブログ仲間に加えていただきまして感謝です!

今年一年は旧ブログmemory of the musicで7月いっぱいまで、毎日のように訪問していただいた皆様有難うございます。 

また、新ブログになってから新しくお仲間になっていただいた方有難うございます。

今年最後の記事はアヴリル・ラヴィーンの旦那様のバンドSUM41をご紹介します。

722.jpg

 

このバンドは前から気になっていたバンドで今年の11月にベスト盤が発売されましたので
「出血暴飲感涙ベスト」とユニークな名前のベストですが早速購入して聴いてました、パンクバンドですがバラード調あり、メタル調あり、ポップ調ありと非常にバラエティ豊かなバンドです。

若者を中心に非常に人気があるバンドですね。

それでは今年は皆さんに大変お世話になりました、来年もよろしくお願いします。

素晴らしい音楽との出会いに感謝!

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

 

⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
2008-12-30(Tue) 11:33 洋楽S Sum 41 | TB(0) | コメント(30) | 編集 |

マドンナ (Madonna) トゥルー・ブルー
[20081227]

Madonna-True-Blue-41343.jpg

 

マドンナ (Madonna 本名:Madonna Ciccone Ritchie、1958年8月16日-)は、アメリカ合衆国ミシガン州出身の歌手、女優、映画監督、文筆家、実業家。夫はイギリスの映画監督であるガイ・リッチー。

皆さん今年もあと数日で終わりを迎えます、流れ星は26日で仕事納めでした。
そして来年の仕事始めは8日から長期のお休みとなります、チョッと休みすぎでええんかいな(-_-;)

で、今日はお休みに入った息子とポケモンゲームして遊ん、ね、お父さんしてるでしょ(= ̄ー ̄=)

ブログ記事をチョコチョコっと作ってました。
あ、年賀状がまだでしたw(°O°)wまあ明日作ればいいでしょうと余裕こいてる流れ星です(* ̄ー ̄*)

失礼しました、マドンナの記事でした。
私の旧ブログmemory of the musicでどこまでご紹介したかと確認しましたら、なんと1984年までアルバムは『ライク・ア・ヴァージン』まででした。
で、今回は1985年からマドンナが27歳の時ですね、アルバムは通算3枚目のトゥルー・ブルー (True Blue) から。ご紹介します。

このアルバムは1986年の日本ゴールドデスク大賞のグランプリ・アルバム賞・そして全米、全英ともNO.1アルバムに輝いてますね。

以前、私が作ったアンケート記事で「世界の歌姫と言えば」こんなアンケートを作りました。

マドンナ、マライヤ・キャリー、サラ・ブライトマン、アリシア・キーズ、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン、アヴリル・ラヴィーン、レオナ・ルイス以上の8人がエントリーで予選を二組に分けてアンケートした結果。

マドンナ、マライヤ・キャリー、セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストンの4名が決勝に残りました。
期限一週間で投票者は213名の方が投票これって結構参加していただきました。
そして結果は

順位アーチスト支持率
1マドンナ34.3%
2マライヤ・キャリー28.2%
3セリーヌ・ディオン25.4%
4ホイットニー・ヒューストン12.2%

マドンナは時代をとうして非常に人気がありますね。

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

⇒ 続きを読む
2008-12-27(Sat) 18:30 洋楽M Madonna  | TB(0) | コメント(29) | 編集 |

ピーター・セテラ(Peter Paul Cetera)
[20081224]

434155064_236aba84f2_o.jpg

 

ピーター・セテラ(Peter Paul Cetera、1944年9月13日 - )はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のミュージシャン。

ピーター・セテラと聞いてChicagoと思われた方は結構な洋楽ツウではないでしょうか。
そのChicagoで数々のヒット曲を歌ってきたピーター・セテラですが1985年にソロ活動に
専念する為に脱退、Chicagoは2008年現在でも活動中で今年の4月に日本でヒューイ・ルイス&ザ・ニュースとジョイントコンサートを行ってます。
そしてChicagoはアルバムを出すごとに数字でアルバムに名前がつけられます、今年の6月に発表のアルバムには「シカゴ32」になってますね、なんと32枚目なんですね、凄い(°O°)

この記事はその後のピーター・セテラの活躍を紐解いていきます。
まずは映画「ベスト・キッド2」の主題歌で「Glory Of Love」が全米一位に輝いてます。
「ベストキッド」はアメリカでは「KARATE KID」なんですが、少年が空手をとうして成長していく姿を描いたもの師匠のミヤギとダニエルの師弟関係、友情などを背景に2では沖縄が舞台になってますね。

流れ星は1から3まで映画館、レンタル、テレビと見ましたが実は4もあるんですね、こちらは少女が出てくるようでチョッと興味がそそられますね。

ピーター・セテラは女性とのデュエット曲が結構多いですね、流れ星はカラオケでもう随分昔にデュエット曲歌いましたが地元のサユ姫さんお誘いして一曲カラオケしたいですね、歌はやはり地元にゆかりのある美川 憲一が歌う「柳ヶ瀬ブルース」でちなみに美川は岐阜を流れる木曽川、揖斐川、長良川からつけてるそうですよ(°O°)

完全に脱線ですね(^_^;

エイミー・グラントとのデュエット曲「The Next Time I Fall」が大ヒットで全米1位です、 他にはシェール、チャカカーンと結構たくさんありますが、今回クリスタル・バーナードなる歌手、女優さんとのデュエット曲 「Forever Tonight」この曲が最高にいい、クリスタル・バーナードめちゃくちゃかわいいので流れ星は完全にミーハーの世界に(^_^;)
声もみずみずしくチョッと甘くてキュートな声にぞっこんです、今回の記事はベテランのピーター・セテラと、ういういしいクリスタル・バーナードの曲が聴けたのが大収穫でした。

最後に、STAY WITH ME」この曲が一番なじみがあるかと思いますが、初めての試みで曲だけです。

素敵な音楽に出会えて感謝ヽ(^o^)ノ

 

 

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

⇒ 続きを読む

Buckcherry(バックチェリー)
[20081222]

Buckcherry_Black.jpg

 
Buckcherry(バックチェリー)は、1995年にロサンゼルスで結成されたアメリカのバンド。

クリスマスも近づいて何か特集でもやろうかなーと思っていたんですが企画倒れになりそうなのでごく普通に紹介させていただきます。

バックチェリーはバリバリのヘビメタでは・・・ありません、極太の極上ロックンロールと形容した方が分かりやすいと思います、エアロスミス、ガンズ・アンド・ローゼズなどが同じ傾向のバンドです。

このバックチェリーは今年の9月10日に新作となる4作目「Black Butterfly」を発表してますがこのアルバム中々好評のようですね。
このバンドのキーマンはヴォーカルのジョシュ・トッドでちょっとハスキーヴォイスでくせがありながら非常にパワフルな声なんですね、でこの人体中がタトゥーだらけでもう一人のギターリストのキース・ネルソンとはタトゥーが縁で知り合ったとか。
日本人的な目から見るとタトゥー=怖い人的な見方をする人が多いと思いますが海外の方はおしゃれ感覚、芸術とみなしているのか結構音楽アーチストの方タトゥーされてますね。

よく見てみるとバックチェリーのメンバーはタトゥーした人が多いですね、ひょっとしてタトゥーバンド(笑)
それでは今年一年のもやもやをバックチェリーを聴いてスッキリしてくださいね!

ここで久しぶりに明るいニュースが飛び込んできました、中日の井端弘和内野手(33)とテレビ朝日、報道ステーションでおなじみの河野明子アナウンサー(30)が結婚いたしました、局アナと結婚なんて井端君うらやましいです、おめでとうございますヽ(▽`)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ

やはり地元なんでドラゴンズファンなんですよ流れ星は!

バックチェリーとは関係ないお話で〆させていただきます(笑)

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

⇒ 続きを読む
2008-12-22(Mon) 18:19 洋楽B Buckcherry | TB(0) | コメント(18) | 編集 |

カーディガンズ (The Cardigans)
[20081220]

B000BFHYDA_02_LZZZZZZZ.jpg

 

カーディガンズ (The Cardigans) は、スウェーデンのバンド。

自分の音楽史の中で90年代はどんな音楽聴いていたか思い出してみるとジャズにはまってしまってジャズばかり名盤をあさっては聴いていましたね。

90年代は洋楽ポップスはほとんど聴いてませんでした、自分の年齢から70年代後半から80年代はしっかりライブにも出向き洋楽が大好きでした、数少ない90年代によく聴いたバンドのひとつがカーディガンズでした。

このバンドはスウェーデン出身でやっぱり北欧系はメロディ綺麗ですね、日本人も好む曲調がたくさんありとってもおしゃれなんです、こんなバンドが存在するから洋楽聴くのってとてもたのしいですね。

cardigans47.jpg

 カーディガンズ の2作目「LIFE」は日本でも大ヒットでした、その中のCarnivalは当時日本で大ヒットしました。
曲を聴けばバンド名、曲の名前を知らなくてもご存知の方も多いかと思いますね。
この曲は60年代あるいは70年代初期を思わせるレトロな曲調を今の時代にアレンジをくわえて、懐かしくてとても新鮮な曲です。
キュートな声の持ち主、ニーナ・パーション嬢の魅力によるところも大きいかと思います。

それでこのCarnival」が一曲目の紹介です。
二曲目は「My Favourite GameでこのPVはドラマ仕立てになっていて非常に面白いです。
車に乗って暴走運転していくのですが最後のオチまで軽快に飛ばしていきます「パッパロー、パッパロー、ウンパ、ウンパ」って言葉で表現するとこんな感じですが(笑)このメロディが耳に心地よい。

三曲目は「Sick And Tiredアコギにニーナ・パーション嬢のキュートな声が絡んでいくんですがこのメロディは私のツボですね、懐かしさと哀愁を感じる珠玉の一曲です。

そして最後の曲はディカプリオが主演の映画「ロミオ+ジュリエット」1996年の挿入歌でもある「Lovefool 」は世界中で大ヒットした代表曲です。

 

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

⇒ 続きを読む

ブルース・スプリングスティーン
[20081217]

2474629869_d9c28bcb88_o.jpg

ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen, 1949年9月23日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州フリーホールド出身の歌手、ギタリスト、作詞家、作曲家。父はオランダ系とアイルランド系の混血のトラック運転手、母はイタリア系アメリカ人。敬虔なカトリック教徒。

 今回はリクエスト記事になります!
ブログ仲間のhirokunさんからのリクエストです、hirokunさんのブログはほんとに話題が豊富です、コメント数もかなり多くて人気ブログですね。 ♪ねこじゃらしみたいなお話し♪

それとlifeさんもかなりお好きで私の旧ブログのmemory of the musicにもコメントいただけました。
こちらのブログも凄いです、とにかく旬な洋楽情報満載ですね。
lifeさんの音楽知識は凄ですよ。 ♪洋楽 My Lover♪

私、応援団長やらさせていただいてますよ(笑)

いやいや、まだまだお仲間で好きな方見えると思います、すべてのブルース・スプリングスティーンのファンの方に流れ星からのプレゼントです!

ブルース・スプリングスティーンでは長いので通称bossで話を進めますね。

今回の記事はアルバム「ザ・リバー 」と「ボーン・イン・ザ・U.S.A」からの楽曲です。
bossの歌は歌うと言うより全身全霊で叫ぶに近い楽曲が数多くありますね、ライブ向きな音楽スタイルだと思います。
ライブの時の屋台骨になるのは「Eストリートバンド」ではないかと思います、このバンドの中に最愛の妻 パティ・スキャルファがいます、彼女はソロとしても活躍してますね。

bossの代表曲「ボーン・イン・ザ・U.S.A」は愛国主義の曲ではなく、bossのベトナム戦争に行ったお仲間たちに捧げた曲なんですよね。
この曲はビルボードでは9位、UKチャート5位と思ったより上ではないですね。

そんなbossのライブが日本でも見たいと思うのですが、過去に3度の来日1985、1988、1997年
結構長い事来日してませんが是非来日していただきたいアーチストですね。

それと、今回の記事は写真でちょっとしたサプライズがあるかもしてませんね。

 

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。



⇒ 続きを読む

ドラゴンフォース(DragonForce)
[20081213]

61O5VuFf1ML__SS500_.jpg

 ドラゴンフォース(DragonForce)は、イギリスのメロディックスピードメタルバンドである。

流れ星さんの職業はと聞かれ自称ギターリスト評論家と言って妙に納得してくれた、中学生ギターキッズの茶谷さん、元気にギターの練習に明け暮れているのだろうか(笑)

冗談に一回茶谷さんのギターが聞きたいとリクエストして聞かせてくれた、イングヴェイ・マルムスティーンのクラシカルな曲はほぼ完璧に弾きこなして、荒削りなところはかえって凄い迫力で度肝を抜かれました。

13歳でイングヴェイを弾きこなせるテクニックは凄いと思って、誰からの影響かと尋ねるとお兄さんからって、お兄さんはいくつなのと聞くと実は双子であったというおちまでついて(笑)

流れ星さん、流れ星さんと凄くしたってくれましたね、懐かしいですねありがとう。
たぶん、こんなバンドが好きなんでしょうと言う事で茶谷さんにこの記事をプレゼントしたいと思います。
どこかで聞いて戻ってこないかな、その時は必ずサインいただきます(笑)

プレゼントで思い出しました家の息子がサンタさんに貰うんだってケータイ捜査官7 DXフォンブレイバー01これって携帯に手足がついたロボットなんですね、早速「アマゾン」に注文しないと実はサンタさんは「アマゾン」さんなんですよね(笑)

で、本題です。
ドラゴンフォースはスピードメタルなんですがいやーその速さは尋常ではないですね、いっきにアクセル踏んでタコメーターはレッドゾーンにいっちゃいます。
どの曲もクライマックスはツインリードのギターソロなんですが二人の息もぴったりでフレッドさばきを見てるだけでも楽しくなってきます。

ギターリストにはルーツがあると思うのですがジミヘンであったりクラプトンであったり根底にブルースを感じたり、この サム・トットマンとハーマン・リにはあまり感じませんね、ファミコン、テレビゲーム世代なのかなーギターリストの新しい進化を感じますね。

このドラゴンフォースは上のジャケット「ウルトラ・ビートダウン」は今年の8月20日発売されましたがオリコン9月1日の総合アルバム部門で初登場9位でした、このジャンルでベスト10内は異例の事かと思います。

来年には日本全国縦断ツアーが決定してます。

3/26(木)福岡 Zepp Fukuoka
3/27(金)大阪 Zepp Osaka
3/30(月)東京 Zepp Tokyo
3/31(火)名古屋 Zepp Nagoya
4/2(木)仙台 Zepp Sendai
4/4(土)札幌 Zepp Sapporo

さらに
第51回グラミー賞にノミネートされました。

ベスト・メタル・パフォーマンス
Heroes Of Our Time - DragonForce
Nostradamus - Judas Priest (Track from: Nostradamus)
My Apocalypse - Metallica (Track from: Death Magnetic)
Under My Thumb - Ministry (Track from: Cover Up)
Psychosocial - Slipknot

今最も勢いがある、旬のバンドかと思います!


続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

⇒ 続きを読む

シーナ・イーストン(Sheena Easton)+007
[20081209]

2751034374_1fc6ba8398.jpg

 

シーナ・イーストン(Sheena Easton, 1959年4月27日 -)はスコットランドのベルズヒル出身の歌手である。

 
非常に寒い日が続いておりますが皆さん体調のほうはどうでしょうか、元気ですってよかったです!

ブログ記事も男性アーチストが続いておりますがこのあたりで世界の歌姫シリーズへ、もうかなりの歌姫紹介してますが紹介してもまだまだ続きますね。
今回は80年代を代表する歌姫シーナ・イーストンです、そうです彼女が紹介されてませんでした。

彼女の容姿はとてもキュートですね、男性はもちろん女性にも人気があるのではないでしょうか。
楽曲はPOPでコミカルな曲が結構多いですね、PV見て思い出しました、やっぱり80年代の楽曲だなって(笑)

今回はケニーロジャースとのデュエット 曲ご用意しましたがケニーロジャースの渋い声とシーナ・イーストンの声が絡む楽曲は絶品ですね、酔いしれますよ(笑)
是非聴いていただきたい曲です、シーナ・イーストンの歌唱力も分かると思いますね。

それと、彼女は当時日本のCMに出ていました「宝焼酎「純」」で着物姿でこのCM思い出しました、確かにやってましたね懐かしいです。

これも有名ですが『007 ユア・アイズ・オンリー』の主題歌も歌ってますね、1981年の作品ですからもう30年近くたつのですね。
主演はロジャー・ジョージ・ムーア でした。
映画の方も少し紹介してます、見てくださいね。


それではこの辺でお楽しみください。


続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

⇒ 続きを読む

John Lennon&George Harrison
[20081206]

TOCP70392.jpg

 

ジョン・レノン MBE(John Winston Ono Lennon, MBE-ジョン・ウィンストン・オノ・レノン, 1940年10月9日 - 1980年12月8日)は、20世紀に活動した歌手、作詞・作曲家、ギタリストである。英国・リヴァプール生まれ。ロックバンド「ザ・ビートルズ」のリーダーであった。 身長176cm

いよいよ、今年最後の月12月になりました、本格的に寒くなり皆さんお元気でいらっしゃいますか。
12月はクリスマスもあり、皆さんのブログでもクリスマス・ソング紹介されてる方も増えてきました、そして12月といえば、12月8日がジョン・レノンの命日となります。
あの悪夢の日は1980年12月8日だったのですね、ジョン・レノンの記事は私のブログでは初めてとなります、もちろんビートルズはアルバムごとに紹介を進めています「ラバー・ソウル」まで進みましたね。

もともと私はビートルズを知った時はすでに解散してました、当時はポール・マッカートニーのソロ、とウイングスに凄く興味があり聴きあさってました。

ジョン・レノンはもちろん有名な曲は聴いてますが、あまり積極的には聴いてませんでした。
10月に入ってから映画&ドラマ無料サイトGYAOにて「イマジン / ジョン・レノン  」のドキュメント映画を見ました、この映画はジョン・レノンの生きざまを感じる事が出来ます、ビートルズの歴史も分かります。

この映画を見てたらジョンの声がとても綺麗な声だなーって感じて偉大な人であることを再認識しました。
で、この無料映画は10月一杯で終了のはずでしたが大幅に延長されてます。
来年の2月1日までです、約1時間40分の映画が無料で見れます、映画タイトルがリンクしてますので見てみたい方はどうぞ!

ブログ仲間の mickさんがジョージ・ハリスンの記事を書かれてました、何気なく見ると11月29日が命日だったんですね、2001年11月29日です。
これ知ったらジョン・レノンだけの記事ではいけません、ジョージ・ハリスンもビートルズ時代の彼が作った曲
「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」この曲は流れ星が大好きな曲ですがこの曲のギターソロはエリック・クラプトンが弾いていたんですね。

そこで早速ビデオを探したらなんと出て来ました、豪華メンバーです。
リンゴスター、エリック・クラプトン、フイル・コリンズ 、エルトン・ジョンはよく顔を出しますね。
ジェフリー・リンは「エレクトリック・ライト・オーケストラ」のリーダーですね、ELOはライブ見た事ありますよ。
エリック・クラプトンがレスポールで泣きのギター弾いてます、貴重なビデオですね。

そしてもう一曲、ジョージ・ハリスンでSomethingこの曲もシングルでかなりヒットしましたね、しっとり系のバラードでよくカバーされる曲ですね。

さらにもう一曲は「Here Comes The Sun」はフォーク・ロック・バラードはやさしく愛情に満ち溢れた曲です。

貴重なビデオといえばジョン・レノンも負けてませんね。
このビデオは私がブログ始める前から知ってましたがご存知の方も多いのでは!

ジョン・レノン、エリック・クラプトン、ローリング・ストーンズのキースリチャードそしてドラムが ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのミッチ・ミッチェル、この方も今年の11月12日に亡くなってますね。

このメンバーでのセッションは凄いですね、キース・リチャードはベース担当ですね、これも面白い。
このビデオではジョン・レノンとミック・ジャガーがおしゃべりしてます
歌ってる姿はよく見ますが通の会話って中々映像で見れませんね、二人ともお人形さんのようでとてもかわいらしいですね。
ジョン・レノンのビデオ映像はアルバム「イマジン」からの選曲とジョージ・ハリスンの曲が3曲でトータル9曲、写真が28枚と私のブログ記事では最高の情報量になりました、たぶんこれが最初で最後でしょう(笑)

写真だけでも見て頂ければ流れ星はうれしいです。 

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

⇒ 続きを読む

エアロスミス (Aerosmith) GET A GRIP
[20081202]

img_433829_54904818_0.jpg 

エアロスミス (Aerosmith) は、マサチューセッツ州ボストン市を拠点に活動するロックバンド。

今回はアルバム「ゲット・ア・グリップ」をご紹介しようと思います。
このアルバムジャケットは牛のお乳をドアップですね、非常に印象に残りますね、過去に牛のジャケットで有名なバンドがありますね、ご存知ですよね。


ピンク・フロイド「原子心母」1970年

album_Pink-Floyd-Atom-Heart-Mother.jpg

 そうです、ピンク・フロイドのアルバムですね、ちびたさんもご存知でしょ(笑)

来年の干支は牛ですね。
実は流れ星は来年は年男になるんですね、牛がそろいましたねめでたいめでたい(笑)

エアロスミスは私ぐらいの歳はロックス - Rocks  1976年発表、ドロー・ザ・ライン - Draw the Line  1977年、ライヴ・ブートレッグ - Live! Bootleg  1978年このあたりをアルバムで持ってました。

この時代のアルバムは名盤ばかりですね、当時はQUEEN、KISS、そしてAerosmithとロックの御三家として雑誌「MUSIC LIFE」で大々的に取り上げられました。
当時は洋楽聴く子が少なくてバリバリに聴いているのは私を含めて学年で3人でした、おこづかいの少ない私達は担当バンドを決めてアルバムを買って皆で聴く事が凄く楽しい思い出です。
私はAerosmith担当でした。

1977年はAerosmith初来日ですね、この時のコンサートは是非行きたかったのですが、結局ずっとあとになり1998年名古屋ドームで見ました、でもこれがなかなか忘れられないコンサートになりました。
球場に降りて行き席が後ろから5列目でステージは先のほうで小さく、そして大画面のモニターが近くにありました。
始まってしまい、ステージを見てたのですがよく動きが分からず、モニターとにらめっこで最後まであっとゆうまでしたね。
その場にいるのに衛星中継を観たような感じでしたね、ま、これもいい思い出となりました。

で、ゲット・ア・グリップ」ですが1993年発表ですね。
このアルバムは始めての全米NO.1アルバムに輝きました、このアルバムは細部までこだわったバンドの意気込みが感じられるアルバムです。
アルバムを一枚聴き終えたあとは良質の映画を鑑賞した気分になるとライナーに書かれていた記憶があります、どの曲も利き所が満載ですね。

今回のメイン記事にはKISSも遊びに来てますね、なんのこっちゃ(笑)

ビデオはすべて高画質なので大画面モードで鑑賞される事をお奨めします。

 

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

⇒ 続きを読む
2008-12-02(Tue) 23:40 洋楽A Aerosmith | TB(0) | コメント(22) | 編集 |

HOME

copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード
QRコード

アクセスカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。