プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

サイモン&ガーファンクル
[20090414]

新規1w34



サイモン&ガーファンクル(Simon and Garfunkel、サイモンとガーファンクル)は、1960年代に活躍した、二人のユダヤ系アメリカ人ポール・サイモン(Paul Simon)とアート・ガーファンクル(Art Garfunkel)によるポピュラー音楽ユニット(1964年-1970年)。1990年にロックの殿堂入りを果たしている。

 サイモン&ガーファンクルの16年ぶりの来日が決定してますねv(^O^)v

現在お二人とも67歳で最後の来日となりそうです。
名古屋、大阪、東京、札幌とすべてがドームでの開催となり、20万人を動員する事になりそうです。
日本のドームコンサートで最年長者はローリング・ストーンズのドラム、チャーリー・ワッツ
65歳
が最高年齢ですが、記録を塗り替えそうです。
ちなみに邦楽アーチストは小田和正さんの61歳だそうです。

前回の来日93年は南こうせつさんが前座なんですね、凄い!
ひょっとしたら今回も大物が前座は・・・ないでしょうね(笑)

今回のツアー名がOld Friends Tourでして楽曲の中に「旧友」という名曲がありますがそこから来たのかもしれませんね。

2009年  Old Friends Tour 2009
7月8日 ナゴヤドーム

10日・11日 東京ドーム

13日 京セラドーム大阪

18日 札幌ドーム
S¥13,000 A¥11,000 B¥9,000

やっぱりお値段も1万円越えはもうあたりまえになってますね。

輝く名曲とともに二人の勇姿を見れるのも最後となりそうです、
成功を願いつつ記事を作ってみました、そしてアンケートも作りました。
すでに少し前に発表してますので何人かの方が投票しています、
今でも伝説の名曲の数々です、是非投票してくださいね(*^.^*)


サイモン&ガーファンクルの来日に感謝!!

line04b_18.gif

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

 3220901031_90fdbc7ee9_o_convert_20090410155810.jpg

略歴
ニューヨーク市の小学校時代からの親友だった、ポール・サイモンとアート・ガーファンクルは、1957年に「トム&ジェリー」を結成(ポールはジェリー・ランディス(Jerry Landis)、アートはトム・グラフ(Tom Graph)という芸名を使用)し、デビュー曲「ヘイ・スクールガール(Hey, Schoolgirl)」を小ヒットさせた。その後、2人は大学での学業に専念するが、1963年に再びコンビを組み、1964年にグループ名をサイモン&ガーファンクルと改めて、アルバム『水曜の朝、午前3時(Wednesday Morning,3A.M.)』でデビューした。

 
3266562194_2c805d0b2d_o.jpg 
しかし発売初年度の売上が3,000枚と惨憺たるものであったので、ポールはヨーロッパ放浪の旅へ出てしまい、アートもデビュー前に通っていた大学院へと戻ってしまったが、プロデューサーのトム・ウィルソンがアルバム収録曲『サウンド・オブ・サイレンス(The Sound of Silence)』にエレキギターやドラムなどを別テイクで加え(オリジナルはポールのアコースティック・ギターと、二人のボーカルだけだった。

そして、この別テイクで演奏していたミュージシャン達は近くのスタジオでボブ・ディランの名曲「ライク・ア・ローリング・ストーン」のレコーディングに参加していた。レコーディングも終わり、帰りがけの所をトム・ウィルソンに呼び止められ演奏する事となった)てシングル発売したところ、これが大ヒット。サイモン&ガーファンクルは一躍人気フォークロック・デュオとなる。

Bridge over Troubled Water

 


なお、『キャシーの歌(Kathy's Song)』は、ポールがイギリスに長期滞在していた際に交際していたガールフレンドに贈った曲である。キャシーは、ポールが歌っていたパブで券もぎ係りをしていた女性であった。また、『アメリカ(America)』の歌詞に出てくる「Kathy, I'm Lost,I said.Though I knew she was sleeping,」で触れているKathyと同一人物で、二人でアメリカ旅行に出かけた際に書いたとされている。ポールのアルバム『ポールサイモン・ソングブック(Paul Simon Song Book)』に若かりしころのポールとキャシーが写っている。

2193672105_c5d9e188e0_o_convert_20090411120315.jpg

 
その後も、ポールの作り出す深い内容の詞・曲とアートの美しい歌声、そして二人の絶妙なハーモニーが受けて『スカボロー・フェア/詠唱(Scarborough Fair/Canticle)』『ミセス・ロビンソン(Mrs.Robinson)』などが大ヒット。1967年に映画『卒業』(日本公開は1968年)の音楽を担当したことで、日本をはじめ世界的にも大きな成功を収めた。

The boxer



だが、1970年発表のアルバム『明日に架ける橋(Bridge Over Troubled Water)』の制作中に、ポールとアートの音楽に対する意見の違いが表面化した。『明日に架ける橋』は全世界で売上が1000万枚を超える大ヒットとなり、グラミー賞の最優秀レコード賞・最優秀アルバム賞を受賞したものの、このアルバムを最後に二人はソロ活動に入り、サイモン&ガーファンクルは解散した。 


simon-garfunkel_101603.jpg

  


しかし、解散後も二人ともお互いを友人だと思うことには変わりが無く、親交は続いた。1975年には『マイ・リトル・タウン(My Little Town)』をS&Gで録音し、それぞれのソロ・アルバム(ポール『時の流れに』、アート『愛への旅立ち』)に収録しているほか、1984年にアートが発表した「The Art Garfunkel Album(邦題:天使の夢)」に収録されている「(What A) Wonderful World(同:ワンダフル・ワールド)」では、ジェームス・テイラーと共にギターとボーカルでポールも参加しており、透明感あふれる3人のハーモニーを披露している。


1981年9月19日にはニューヨーク市のセントラル・パークで再結成チャリティコンサートを開いて53万人もの観衆を動員し、世界ツアーを行った(1982年にはS&Gとして初来日し、後楽園球場と大阪球場でコンサートを行っている)。この時、サイモンの作品にガーファンクルが参加する形でアルバム制作が行われたが、作品に対する意見の食い違いから、結局サイモンのソロ・アルバム(『ハーツ・アンド・ボーンズ』)としてリリースされた。このアルバムに収録された曲のいくつかは、ガーファンクルも録音に参加し発売直前まで完成していた。

The sound of silence

 マニアの間ではS&Gとして収録された『ソング・アバウト・ムーン』などがブートレグという形で知られている。その後二人の間は疎遠になっていった(サイモンが2003年にソロとしてロックの殿堂入りした際に、わざわざ「ガーファンクルとは仲直りしたい」とスピーチで述べているほど二人の関係は冷え切っていた)。しかし、音楽を離れてプライベートでは一緒にスイスへスキー旅行へ行くなど、旧来の親交はその間も続いていたと言われている。  

 

140573640_9be38969b8_b.jpg


近年は1993年、2003年と度々再結成を行い、全米ツアーなどを行っている。1993年12月1日には「Event of a lifetime Tour」の東京公演・福岡公演としてそれぞれ東京ドームと福岡ドームで再来日公演を行なった。この際、南こうせつが前座を務めた。2009年7月には16年ぶりの来日公演が予定されている。2人の年齢からして最後の来日公演となるのではと言われている。

また、彼らの作品は多くのミュージシャンにカヴァーされ、歌い継がれている。例えばエルヴィス・プレスリーは1970年以降のライヴで頻繁に「明日に架ける橋」を取り上げている。

他に『冬の散歩道(A Hazy Shade of Winter)』は、1987年に映画「レス・ザン・ゼロ」の主題歌としてバングルスがカバーを歌い、大ヒットしている。1993年には同曲のオリジナルを野島伸司がドラマ「人間・失格」で使い、日本でのリバイバルを果たした。

Mrs Robinson



1_g123 ディスコグラフィー

シングル(日本編集盤)
サウンド・オブ・サイレンス - The Sound of Silence (1966年、1968年)
アイ・アム・ア・ロック”I am a Rock"(1966年)
早く家に帰りたい”Homeward Bound”(1966年)
冬の散歩道”A Hazy shade of winter”(1967年)
フェイキン・イット”Fakin it"(1967年)
動物園にて(CBSソニーでのアルバム『ブックエンド』でのタイトル)夢の動物園(日本コロムビアでシングル盤として 発売された当時のタイトル)"At the Zoo"(1967年)
スカボロ・フェア (1968年)
ボクサー - The Boxer (1969年)
明日に架ける橋 - Bridge over Troubled Water (1970年)
いとしのセシリア - Cecilia (1970年)
コンドルは飛んで行く - El Condor Pasa~If I Could (1970年)
バイ・バイ・ラブ (1970年)
アメリカ (1971年)
エミリー・エミリー (1972年)

Scarborough fa

00332917_lg.jpg
アルバム
水曜の朝、午前3時 - Wednesday Morning,3A.M. (1964年)
サウンド・オブ・サイレンス - Sounds of Silence (1966年)
パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム - Parsley,Sage,Rosemary and Thyme (1966年)
ブックエンド - Bookends (1968年)
卒業-オリジナル・サウンドトラック - The Graduate (1968年)
明日に架ける橋 - Bridge Over Troubled Water (1970年)
サイモン&ガーファンクル - Simon&Garfunkel (1970年)※日本編集盤
サイモン&ガーファンクルのすべて - The Best of Simon&Garfunkel (1971年)※日本編集盤
グレイテスト・ヒット - Simon and Garfunkel's Greatest Hits (1972年)
S&Gゴールド・ディスク - Simon and Garfunkel's Greatest Hits II (1972年)※日本編集盤
ギフト・パック (1972年)※日本編集盤
パック20 (1973年)※日本編集盤
ニュー・ギフトパック'75 (1974年)※日本編集盤
グランプリ20 (1976年)※日本編集盤
若き緑の日々 The Simon And Garfunkel Collection-17Of Their All Time Greatest Recordings(1981年)
セントラル・パーク・コンサート - The Concert in Central Park (1982年)※ライヴ・アルバム
The Definitive Simon & Garfunkel - The Definitive Simon & Garfunkel (1994年)※日本編集盤
ライブ・フロム・ニューヨーク・シティ 1967 - Live from New York City 1967 (2003年)※ライヴ・アルバム

新規47588692 

 日本公演
1982年  Sony Walkman Special
5月7日・8日 大阪球場、10日・11日・12日 後楽園球場
当時南海ホークスの本拠地だった大阪球場公演で、ポール・サイモンが阪神タイガースのユニフォームを着用した。
1993年  Asahi Beer Big Special
12月1日 福岡ドーム、2日 東京ドーム
2009年  Old Friends Tour 2009
7月8日 ナゴヤドーム、10日・11日 東京ドーム、13日 京セラドーム大阪、18日 札幌ドーム

 アートガーファンクル 青春の旅路

スポンサーサイト

コメント
  • 流れ星さん こんばんわ( *^-^) from 諸星輝々

    僕は迷いましたが「サウンド・オヴ・サイレンス」を
    1クリックしました。
     どの曲も好きですが個人的には「MrsRobinson」も大好きですね。

     2人のデュエットがまた観ることが(聴けることが)できるなんて・・素晴らしいことですね。きっと生涯の思い出になることと思います

     流れ星さんのブログで久しぶりに2人の歌声を聴けて嬉しいです♪
     

    2009-04-14(Tue) 22:15 | URL | #Wgi4adpQ [ 編集 ]


  • Re: 流れ星さん こんばんわ( *^-^) from 流れ星→諸星輝々さん

    諸星輝々さん,こんばんは☆彡
    いつもコメント有難うございます。

    ありがとうございます、投票していただけましたか。
    やっぱりひとつだけ選ぶのはこくですよね、
    流れ星は「冬の散歩道」に。一票でした

    まさに奇跡の来日ではないでしょうか、
    67歳でもまだまだ現役って視聴する方も
    なんだか元気がもらえそうですね。

    日本のミュージシャンも彼らに影響を受けた方は
    いっぱいいらっしゃいますから見に行かれるのでは!

    そちらの10ccもよかったですね、
    流れ星の青春時代に聴いていた音楽をご紹介されるので
    お邪魔するのがいつも楽しみですね。

    またそちらのもお邪魔します(*^-^*)

    2009-04-14(Tue) 22:43 | URL | #- [ 編集 ]


  • お邪魔いたします from 地味変(ジミヘン)

    サイモン&ガーファンクル、
    知らない人は居ない!
    と言っても良いくらいですよね。

    私は、ベタですが、
    「明日に架ける橋」に一票!でしょうか。
    この邦題もセンス良いです。
    「冬の散歩道」も好きなんですけど・・・。

    この二人のデュオは、
    他の誰にも真似できない雰囲気があると思います。
    名曲、数知れず。
    まさにフォークデュオの筆頭ですね!
    来日は本当に奇跡!だと思います。

    ベテラン組が元気なのは、大変嬉しいです!

    2009-04-14(Tue) 23:33 | URL | #- [ 編集 ]


  • サプライズ from 流れ星→地味変(ジミヘン) さん

    地味変(ジミヘン)さん、こんばんは☆彡

    サイモン&ガーファンクルってやっぱり偉大ですよね、
    日本ではフォーク時代がありましたが
    少なからずも影響受けたアーチストがたくさんいますよね。

    あと、もし生きていてくれたらジョン・デンバーあたりも
    このジャンルでは偉大ですよね。

    サイモン&ガーファンクルの来日を知った時は
    まさかのサプライズだと思いましたよ、やっぱり奇跡おきました。

    > 「明日に架ける橋」に一票!でしょうか。
    ですよねー、この曲に入れる方も多いと思いますよ。
    随分昔に日テレの24時間テレビで後世に残したい名曲で
    アートガーファンクルが一人で来日して歌ったのが
    「明日に架ける橋」でした。

    > 「冬の散歩道」も好きなんですけど・・・。
    あはは、同じですね。
    軽快な疾走感が最高ですよね!

    どこかのテレビ局でライブ見せてくれませんかね。
    いやいやほんと来日大歓迎です(*^-^*)

    2009-04-15(Wed) 00:10 | URL | #- [ 編集 ]


  • ご無沙汰してましたぁ~(^^ゞ from John

    休養明けポン駆けのJohnでございます(笑)

    SGの前回の来日時はまだ東京にいた時で行きましたよ~
    前座の南こうせつさんのときに必死に「美映子」を歌ってくれぇ~と叫んでました
    結局なかった気がしますが、この曲の歌詞には「サイモンとガーファンクル」が出てくるんですよ^^
    確か82年の曲でまさにセントラル・パークの話題で盛り上がった頃ですね

    マニアックなところを好むおいらですが、彼らの曲ではやはり「明日にかける橋」と「ボクサー」が好きですね
    「サウンド・オブ・サイレンス」に関してはイントロを弾きだして、おっ!「サウンド・オブ・サイレンス」か?と思わせておいて、「♪ ル~ル~ルルル~」と由紀さおりの「夜明けのスキャット」を歌うというネタをよくやってましたねぇ~(ファンの方々ゴメンナサイ(;^_^A アセアセ)

    そういえばBelinda Carlisleがありましたねぇ~くそぉ~笑
    近々関連記事書くのでまた見てみてくださいね~
    ではまたボチボチよろしくで~す(^^♪

    2009-04-15(Wed) 01:55 | URL | #dp6IxwUE [ 編集 ]


  • from かつお

    おはようございます^^

    いや~すこーしPVアップ数、暴走気味ですよ(笑)
    毎度ながら、気持ちすごーくわかります!(爆)

    「Bridge over Troubled Water」は、カーペンターズのイメージが強いですが、彼女らと張れるのはこの人らだけかも知れませんね^^ さすが!

    投票はですね~ 結局かつおは「The sound of silence 」になっちゃいました^^

    「Scarborough fair」も、サラブライトマンがキレーイにカバーしてたので大好き!ですが、リスログは複数投票できないので仕方ありません。。

    また他の曲も捨てがたい!というか捨てる意味もないですが^^;

    それにしても、来日最後なんて悲しいこといわないでくださいよう流れ星さん^^;
    こないだ、クラプトンも歳で引退かあ・・なんてオネエに言ったら、こら!ってやられちゃいましたよ(笑)

    S席13000円は安すぎますね~

    それではまたで~す♪


    2009-04-15(Wed) 11:44 | URL | #- [ 編集 ]


  • 旧友 from 流れ星→johnさん

    johnさん、こんばんは☆彡

    「旧友」が呼びましたか
    いやーお久しぶりですね、元気されてましたか(*^.^*)

    > SGの前回の来日時はまだ東京にいた時で行きましたよ~
    V(^_^v)(v^_^)vd(°-^*)⌒☆
    キターーーーですね、凄い!

    南こうせつさんの前座ですか、ため息が出ますね。
    こうせつさんだけでも十分ですよ、
    いつまでも記憶に残るライブでしたね、うらやましい!

    > 前座の南こうせつさんのときに必死に「美映子」を歌ってくれぇ~
    ははぁ、Johnさんらしい曲名がレトロですね。

    >彼らの曲ではやはり「明日にかける橋」と「ボクサー」が好きですね
    うん、王道です。というか他の曲でも王道ですが
    流れ星は「冬の散歩道」に投票ですがバングルスの曲と
    合わせ技の一本ですね(笑)

    >そういえばBelinda Carlisleがありましたねぇ~くそぉ~笑
    Johnさんが好きそうな彼女ですね
    いやいや、寝た子を起こしてしまったようで
    またボチボチお付き合いを!

    2009-04-15(Wed) 17:57 | URL | #- [ 編集 ]


  • 名曲ぞろい from 流れ星→かつおさん

    かつおさん、こんばんは☆彡

    >いや~すこーしPVアップ数、暴走気味ですよ(笑)
    まったく問題ないですね、写真とともに
    うまく記事に溶け込んでますから(*^-^*)

    >投票はですね~ 結局かつおは「The sound of silence 」になっちゃいました^^
    うん、確かに人気ありますね。
    この曲が浮かぶ方も多いでしょうね。

    >「Scarborough fair」も、サラブライトマンがキレーイにカバーしてたので大好き!ですが、リスログは複数投票できないので仕方ありません。。
    サラ・ブライトマンは多くのカバーしてますが原曲にさらに魅力が加わって聴けるから好きです。
    複数投票したいですよね、3つぐらいまでするとまた違ったランキングになるでしょうね。

    >来日最後なんて悲しいこといわないでくださいよう流れ星さん^^;
    残念ながらポール・サイモンが「S&Gとしてツアーするのは、これが最後だと思う」と
    言っているんですよー、先の事はわかりませんので前向きに考えましょう。

    2009-04-15(Wed) 18:00 | URL | #- [ 編集 ]


  • 1票 from BILLY

    こんばんは!
    今日は雨でさすがに自転車通勤は無理だったんじゃないでしょうか。

    ランキングはかなり迷いましたがBILLYは「コンドルは飛んで行く」に1票

    なぜかこの曲を聴くと子供の頃を思い出すんですよね、しかも小さい頃を。

    子供ながらにメロディが耳に残ったんでしょうね!

    67歳のドームツアーはすごいですね!来日してくれるだけでも本当に感謝ですね!

    2009-04-15(Wed) 20:47 | URL | #- [ 編集 ]


  • 放牧的 from 流れ星

    BILLYさん、こんばんは☆彡

    そうですね、雨の日は車ですね、
    これぐらい気温が高くなりましたので
    なれると自転車の方が気持ちがいいので
    出来る限り自転車です。

    アンケートに一票していただきましたか
    有難うございます。

    どうでしたか予想道理の結果でしたか、
    「コンドルは飛んで行く」は放牧的な曲ですよね、
    この曲も人気がありますね。
    流れ星の中学時代にお昼休みに
    よくこの曲は流れていました、懐かしい思い出ですね。

    今回の来日も歴史的なライブになりそうですね、
    札幌があるなら福岡あたりもあってもよさそうですね。

    出来れば北陸にも是非!!



    2009-04-15(Wed) 22:21 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    流れ星さんがリストアップしてくれているディスコグラフィーのシングル曲が全部頭に流れるグループって久しぶりです(^^V)

    サイモン&ガーファンクルとの最初の出会いは中学の音楽の授業で聞いたコンドルは飛んでいくです。
    その時はいい曲だなぁ・・・っていう程度でした。

    中2で堺から横浜に引っ越して、音楽大好き奴らと友達になってからサイモン&ガーファンクルにはまりました。
    高校に入ってブリティッシュハードロックにのめり込んでも聞いていましたね。

    もちろんLPも何枚か買いましたが、一番覚えているのは33回転のEP盤です。片面に2曲ぐらい入っているやつ。
    冬の散歩道はそれで聞いたと思います。だから1票はこの曲です。

    地味ですがブックエンドも名作だと思います。大好きなAmericaも入っているし。

    しかし懐かしい!でもいまでも携帯にダウンロードして聞いていますけど(^^;)


    2009-04-16(Thu) 00:55 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • なんでやね~ん? from KENONE

    おはようございます!

    札幌ドームまで行くんなら・・・
    Yahoo! JAPAN DOMEも入れて欲しかったなぁーーーーーー。。。

    2009-04-16(Thu) 08:29 | URL | #923MJ7oQ [ 編集 ]


  • from coco

    流れ星さん こんにちは~♪

    来日の話題を聞いて、私も昔のヒット曲をちょうど聴いていたところでした。^^
    やはり 心にジンときますね♪
    詞や曲も素晴らしいですが、二人の美しい声に加えて絶妙なハーモニーが最高です。
    私もライブに行かれなくて、本当に残念です。(ToT)

    「明日に架ける橋」に投票しました。
    どれも名曲なので悩んでしまいましたが、私はやはりこの曲です!(b^-゚)♪

    2009-04-16(Thu) 12:01 | URL | #- [ 編集 ]


  • 明日に架ける橋 from chika

    1票投じました。

    小学生の時初めて買った洋楽、いや初シングルレコードだった・・・・。

    「コンドルは飛んで行く」を中学の時
    音楽の先生がリコーダーのテストで出された~
    英語の先生も歌わせた~
    だから、いまだに暗譜で吹けます、歌えます!(笑)

    あぁ・・・良き時代だった(遠い目)
    流れ星さん同級生だから同じような感覚では?


    しかし、S&Gで来ちゃいますね~
    え?来ちゃいますか?
    じゃ、行っちゃいます。です(^^)

    2009-04-16(Thu) 14:11 | URL | #pJH/xWMs [ 編集 ]


  • 同じですね from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、こんばんは☆彡

    >シングル曲が全部頭に流れるグループって久しぶりです(^^V)
    流れ星も70年代後半から80年代のアーチストはよく覚えてますね、
    まさに青春時代の一ページを飾りますから。
    当時は洋楽三昧でしらからね、「ミュージックライフ」を
    学校に持ち込んですみからすみまで読んでお勉強してました!

    ちびたさんもたくさんの思い出があるんですね、
    やっぱりせっかく記事作ったのですから、喜んでいただくのが
    一番ですね。

    > 冬の散歩道はそれで聞いたと思います。だから1票はこの曲です。
    これは流れ星と同じですね。
    流れ星はアートガーファンクルがソロになってから出した
    「青春の旅路」をドーナツ盤で持ってますよ。
    この曲もかなりいい曲です!
    CD3枚組みのベスト盤も持ってますね、
    これで大体の曲は入ってます。

    記事の最後に貼り付けておこうかな(*^.^*)

    それだけお好きならどうでしょう、
    奇跡のライブに行かれるのもいいでしょうね。


    2009-04-16(Thu) 17:32 | URL | #- [ 編集 ]


  • 嘆願書 from 流れ星→KENONEさん

    KENONEさん、こんばんは☆彡

    おっちゃんも福岡のライブなら行かれますか、
    流れ星も同じですよ、札幌があるなら九州でもあって
    いいでしょうね。
    7月までまだありますので追加公演も期待出来るのでは
    ないでしょうか。
    それとも嘆願書を持ってUDOさんへ

    奇跡のライブになるのは間違いないですね。


    2009-04-16(Thu) 17:33 | URL | #- [ 編集 ]


  • 後世に残る曲 from 流れ星→cocoさん

    cocoさん、こんばんは☆彡

    サイモン&ガーファンクルの来日のニュースは
    ある程度の年齢の方には凄くうれしいですよね。
    ほんとに明るい話題が無いのですがサイモンとガーファンクルも
    再認識される方も多いのではないでしょうか。

    >詞や曲も素晴らしいですが、二人の美しい声に加えて絶妙なハーモニーが最高です。
    そうですよねー、流れ星も振り返って聴いてみると心に響くものがあります。
    特にアート・ガーファンクルの声は天使の歌声です
    最近はプチ・マイブームとなっております(*^.^*)

    > 「明日に架ける橋」に投票しました。
    ありがとうございます、後世に残る曲ですよね、
    どうでしょうか、セールス的には一番かも知れませんね。


    2009-04-16(Thu) 17:34 | URL | #- [ 編集 ]


  • 行ってください from 流れ星→chikaさん

    chikaさん、こんばんは☆彡

    おっとcocoさんに続いてchikaさんも「明日に架ける橋」に
    一票入れていただきましたか巻き返してますね。
    流れ星的には本命だと思ってますけど
    他にもいい曲多いですからね、一票ではこくですね(*^.^*)

    >「コンドルは飛んで行く」を中学の時
    >音楽の先生がリコーダーのテストで出された~
    >英語の先生も歌わせた~
    この曲結構リコーダーと相性よさそうですね、
    その先生がたは今は退職されてますよね。

    >流れ星さん同級生だから同じような感覚では?
    中学のお昼休みの音楽が「コンドルは飛んで行く」
    をよく流してましたね。

    chikaさんはやはりいかれますか、やっぱりいける人は
    是非行ってください、きっと感動するでしょうね(*^.^*)

    2009-04-16(Thu) 17:37 | URL | #- [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星さん こんばんは(*^_^*)

    私は「コンドルは飛んで行く」に1票
    入れさせて頂きました^^
    しかし、名曲揃いですね!
    ビートルズ同様、いつまでもどの世代にも
    愛される曲ばかりだと思います(^^♪

    ワールド・ツアーとなると時差もあるし、
    大変ですよね。
    淋しいですが、それも仕方無いかも
    知れないです。

    でも、ビリー・ジョエルも最後の来日と言われて
    私も、意地でも行くぞと参戦しましたが、
    昨年、東京のみですが、来日してくれました^^;

    体力と相談して、またそんないい機会があると
    良いですよね^^

    最近、癒し系をよく聴いている私です(*^_^*)
    ここで、さらに心の洗濯をさせて頂きました^^

    音楽の素晴らしさを実感できたよ(笑)

    いつもありがとうと心より感謝しています(∩_∩)
    また、これからもよろしくです(^^)v





    2009-04-16(Thu) 21:37 | URL | #- [ 編集 ]


  • from hirokun

    こんばんは♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます(^o^)
    以前のカーペンターズ共々、何を聴いてもただ泣く
    のみです(笑)
    中学の時に聴いたS&G。
    何を聴いても、当時の光景が蘇ります。
    一曲選べなんて酷ですが、冬の散歩道が好き
    だなぁ。
    S&Gって、スピッツと共通する叙情性があると
    思うんですよ。
    曲を聴き、ただ目を閉じる。
    それだけで、無限の世界が広がる気がします。

    2009-04-16(Thu) 23:12 | URL | #- [ 編集 ]


  • 憩いの場所 from 流れ星→LIFEさん

    LIFEさん、こんばんは☆彡

    > 私は「コンドルは飛んで行く」に1票
    > 入れさせて頂きました^^
    ありがとうございます、
    皆さんちゃんと投票していただいて感謝ですよ。
    この曲も上位に来ますね、
    皆さんそれぞれに思い出があるようで
    サイモン&ガーファンクルにはやはり
    流れ星がまだまだ洋楽にはよちよち歩きの頃
    洋楽の素晴らしさを教えてもらったバンドでもありますね。

    >私も、意地でも行くぞと参戦しましたが、
    >昨年、東京のみですが、来日してくれました^^;
    そんな経緯があったんですね
    そうすると生きてるうちにはまだまだ分りませんね。

    >ここで、さらに心の洗濯をさせて頂きました^^
    ありがとうございます、やっぱりストレス社会ですから
    流れ星も落ち着いた曲を聴く割合が大きくなってますね、
    でも、ヘビメタはやめられないですね(笑)

    またこのブログを憩いの場所として遊びに来ていただければ
    幸いです。

    ps ドラゴンズはいまいち波に乗れませんね(≧∇≦)


    2009-04-16(Thu) 23:30 | URL | #- [ 編集 ]


  • それぞれの思い from 流れ星→hirokunさん

    hirokunさん、こんばんは☆彡

    > 以前のカーペンターズ共々、何を聴いてもただ泣く
    > のみです(笑)
    やっぱりこの時代の曲は流れ星もそうですが
    自分の青春時代の一ページになるんでしょうね。

    感動がダイレクトに来ますからいくつになっても
    忘れられないものなんでしょうね。

    流れ星も「冬の散歩道」に入れましが
    結構いい感じにばらけてますね。

    それだけ聴く人の思いがどの曲にもあるんでしょうね。

    >S&Gって、スピッツと共通する叙情性があると
    思うんですよ。
    なるほど、スピッツは流れ星も好きですが
    質の高い楽曲ですよね。

    また、そちらにもお邪魔しますね。


    2009-04-16(Thu) 23:50 | URL | #- [ 編集 ]


  • from かつお

    こんばんは^^!

    早速の新ブロ訪問ありがとうございましたw
    はなむけ、うれしかったですよ^^

    ま、これで少し肩の荷が下りた気がしました。
    なぜだか^^;
    これからは長く続けられるよう、少しゆるりと
    やらせていただきますね♪

    これからも宜しくお願いします^^

    PS.オネエやサユは、頑張り屋でほんと感心しますが、流れ星さんのユルリ術もまた、尊敬するところです^^

    それではまたで~す♪

    2009-04-18(Sat) 00:25 | URL | #- [ 編集 ]


  • 再度リンクします from 流れ星→かつおさん

    かつおさん、おはようございます☆彡

    今気がつきました、すぐにリンクしたのですが
    ブログに反映されてませんね。
    改めて貼らせていただきますね。

    いえいえ、こちらこそ相変わらずボケコメントで
    申し訳ないですね。

    サユサユさん、最近はコメント150とか凄い事になってますね。
    文章表現力苦手な流れ星には真似できませんよ。
    大丈夫かなちょっと心配ですねー。

    そうそう、ボチボチやってきますよ。

    2009-04-18(Sat) 09:01 | URL | #- [ 編集 ]


  • from よーじっく

    こんにちはぁ、(^^)/

    S&Gとは懐かしいです。
    名曲が多すぎて1曲だけでは選べませんね。
    「52番街橋の歌」なんか好きですね。
    あと、鳥肌がたった曲だと「ボクサー」、
    「真冬の帰り道」じゃなくて、
    「冬の散歩道」は、S&Gと聴いて
    一番最初に浮かんでくる曲です。


    2009-04-21(Tue) 12:32 | URL | #POAirCv2 [ 編集 ]


  • 心のビタミン from 流れ星→よーじっくさん

    よーじっくさん、こんばんは☆彡

    サイモン&ガーファンクル来日と聞いて
    過去に何回か紹介してますが改めて記事作ってみました。

    流れ星にとっても洋楽の扉を開けてくれたアーチストです。
    いまだに多くの方から支持されてる
    素晴らしい事ですね。

    やっぱり落ち着ける音楽は大切ですね、
    ストレス社会の中で音楽の癒しは心のビタミンです。

    よーじくさんにも色々な思いあるのでしょうね。
    コメント有難うございます!

    また来日する事は感謝の一言ですね(*^.^*)



    2009-04-21(Tue) 18:25 | URL | #- [ 編集 ]


  • ボクサー from アクア庵ひろ

    流れ星さん、こんにちわ。
    投票では「ボクサー」に入れたんですよね。
    あ、あしたのジョーが今流れていますけど(笑)

    なんだろう、あの当時いろんな音楽があって、
    ふっとギターのアンサンブルと優しい歌声のシンプルさに持って行かれた記憶があります。

    それからアレコレあさって聴いたのを覚えています。

    精緻ですよねー。

    2009-04-30(Thu) 12:20 | URL | #yKtKGwn2 [ 編集 ]


  • 奇跡が起きた from 流れ星→アクア庵ひろさん

    アクア庵ひろさん、こんばんは☆彡

    そうですね、「ボクサー」も人気ありますよね、
    ほんとに「あしたのジョー」とかぶりましたね(笑)

    アコギと歌のアンサンブルですが非常にシンプルなんですが
    深いですよね。
    アート・ガーファンクルの天使のような歌声は癒されますね。

    あの時代は日本でもフォークソングブームでした、
    日本のアーチストも影響受けた方も多いでしょうね。

    そんな中で来日とはびっくりと同時にこれは奇跡的ですね
    ほんとに素晴らしいと思います。

    2009-04-30(Thu) 18:20 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/104-38878c2f

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。