プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

バッド・カンパニー(Bad Company)
[20090731]

shooter_cover_big_convert_20090731075325.jpg

 

バッド・カンパニー(Bad Company)は、1973年にイギリスで結成されたロックバンド。日本での略称は「バドカン」。

皆さん、こんにちはいよいよ8月になりますね、
各地で数々のイベントが開催されてます。

その中でも音楽イベントはこのあいだフジロックが開催されて見に行かれた方もいらっしゃるのでは
と思ってますがいよいよこの夏の本命サマソニがあと一週間ほどで開催されます、たのしみですね。

随分久しぶりに今回は70年代のハードロックバンド

バッドカンパニーです、このバンドはバドカンなんて呼ばれ方もされてます、
元フリーのポール・ロジャースとサイモン・カーク、元モット・ザ・フープルのミック・ラルフス、
元キング・クリムゾンのボズ・バレルと当時の有名バンドのメンバーが集まったこのグループは
スーパーバンドでしたね。

流れ星は3作目の「ラン・ウィズ・ザ・パック 」をLPで持ってましたがこのバンドの魅力はやはり
ヴォーカルのポール・ロジャースでしょうね。

フリー解散後はジェフ・ベックやディープ・パープルからのバンド加入要請があったんですが
バッドカンパニーの結成になりました。

このバンドの曲はどっしりして地に付いたオーソドックスな演奏でそこにポール・ロジャースの
ソウルフルなヴォーカルがのって歌い上げるスタイルでハードロックの王道ですね。

バドカンですぐに頭に浮かぶ曲は「I Can't Get Enough Of Your Love」なんですが今回は
Queen + Paul Rodgersでのパフォマンスでご紹介、このメンバーで来日も果たしましたね。

そしてさらに、前バンドのフリー時代もご紹介、 ポール・ロジャースは若い時から年寄り顔で
ほんとに歳をとってからは若々しく感じますね(笑)
この時代の曲もいいですよ、心にずしりと響きますね。

そしてさらにさらに85年結成されたThe Firmをご存知の方はいらっしゃいますか、
ジミーペイジとポール・ロジャースが結成したバンドですが
これもスーパーバンドなんですが2年ほどで消滅しましたね。

「Live In Peace」とゆう曲を紹介しますが中々ダイナミックな曲で後半からの
ジミーペイジのソロは中々圧巻ですよ。

ポール・ロジャースの歩みみたいなのが分ると思いますよ。

今回はテレビショッピング風の紹介になりました(爆)

ソウルフルなヴォーカルでファンを熱狂させたポール・ロジャースに感謝!

続きからメイン記事となります、、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

line04b_18.gif

_DSC9343_B_convert_20090730194911.jpg


元フリーのポール・ロジャースとサイモン・カーク、元モット・ザ・フープルのミック・ラルフス、元キング・クリムゾンのボズ・バレルによって結成され、アメリカを活動の拠点とし活躍した。1974年のデビューから1982年までに6枚のアルバムを発表し、その多くがアメリカでプラチナム・セールスを記録するという成功を収めた。
1982年にポール・ロジャースが脱退してからは、メンバー・チェンジを繰り返しながら、活動を続けていた。
1999年、2008年にそれぞれオリジナル・メンバーを中心とした再結成が行われている。

歴史

1974年、彼らはレッド・ツェッペリンが設立したレコード会社「スワン・ソング」(本国=英国でのリリースはフリー、クリムゾンの流れで、スワン・ソングの社長のピーター・グラント(兼Zepのマネージャー)の薦めもあり「アイランド」)からデビュー・アルバム『バッド・カンパニー』を発表する。先行シングル「キャント・ゲット・イナフ」は全米5位、全英15位のヒットとなり、アルバムは全米1位、全英3位を獲得。売り上げはアメリカだけで500万枚、全世界で1200万枚を超える大ヒットとなった。 

l_3886419c19213c3bc4ec4c4884b8941e.jpg

 
1975年には2ndアルバム『ストレート・シューター』を発表し、米英ともに3位を獲得するヒット作となり、アメリカでは200万枚を売り上げた。本作からは「フィール・ライク・メイキン・ラヴ」が全米10位、全英20位とヒットしている。また、本作の発表にあわせて、1975年3月3日には日本武道館にて、最初で最後の来日公演が行われた。

1976年には3rdアルバム『ラン・ウィズ・ザ・パック』を発表。全米5位、全英4位を獲得し、アメリカでは100万枚を売り上げている。

ここまでバッド・カンパニーは順調にヒットを飛ばしてきたが、1977年に発表した4thアルバム『バーニン・スカイ』は、当時のパンクブームに押されてか、全米15位、全英17位とやや伸び悩み、アメリカでのアルバム・セールスも50万枚にとどまった。デビュー以来ほぼ休みなく活動していたバンドは、ここでいったん活動休止している。

_DSC2251_convert_20090731074654.jpg

 

1979年には、前作から2年ぶりの5thアルバム『デソレーション・エンジェル』を発表。よりアメリカナイズされた作風が受けて、先行シングル「ロックンロール・ファンタジー」がアメリカでミリオンセラーを記録し、アルバムも全米3位、全英10位とヒットし、アメリカでは200万枚を売り上げた。しかしバンドは、ここでその流れを断ち切るかのように、再び活動を休止している。

そして1982年には前作から3年ぶりに6thアルバム『ラフ・ダイアモンド』を発表。しかしこの頃になるとメンバー間の人間関係は非常に悪化しており、アルバム自体もやや散漫な出来となり、全米26位、全英15位とヒットには至らなかった。結局ポール・ロジャースは本作をもって、バッド・カンパニーを脱退。オリジナル・メンバーの作品としてはこれが最後の作品となった。バッド・カンパニーとしての活動はここでひとまず休止した。一般的に日本でバッド・カンパニーというと、ここまでの時期を指すことが多い。

Bad Company Feel Like Makin Love



ポールはソロ活動の後、ジミー・ペイジとザ・ファームを結成し、他メンバーは、1986年に元テッド・ニュージェント・バンドのブライアン・ハウをボーカリストとして加えてバッド・カンパニーとして再始動する。この新生バッド・カンパニーは途中でボズ・バレルが脱退したものの(フォリナーからリック・ウィルスが加入)、ポール在籍時とはうってかわって、ボン・ジョヴィやフォリナーのようなアリーナロックに近いものに様変わりしてしまった。

_DSC9397_convert_20090730205710.jpg

 
その後ブライアン・ハウに変わって、無名の新人であるロバート・ハートを新たにボーカリストとして起用。ロバート・ハートの声はポール・ロジャースを彷彿とさせたが、サウンドはやはりブライアン・ハウ在籍時のようなアメリカン・サウンドを引き継いだものだった。

さらに1999年、ロバート・ハートを解雇し彼らは急遽オリジナル・メンバーにて再結成を果たす。そしてオリジナルメンバーとしては17年ぶりに新曲も収録したベスト盤を発表し、北米ツアーを行った。しかし早くもミック・ラルフスとボズ・バレルが脱退。オリジナルメンバーはポールとカークの二人になりながらも、96年加入のデイヴ・コールウェル(g)とポールのソロバンドで活躍していたジャズ・ロクリー(b)と共に2001年からツアーを行い、ライヴ盤とそのDVDを発表した。


668168_356x237.jpg

 

ポールはこのまま再びバッド・カンパニーとしての活動を活性化させていく可能性も示唆していたが、その後はソロ・アーティストとしてツアーを行うなどして、バッド・カンパニーとしての活動は2002年以降停止していた。

2005年、ポールはクイーンとコラボレートし、ツアーで「キャント・ゲット・イナフ」などバッド・カンパニーの代表曲も数曲披露した。以降もポールはクイーンとのコラボレートを続けながら、並行してソロ活動を精力的に行っている。加えて2006年にオリジナルメンバーのボズ・バレルが亡くなったこともあり、バッド・カンパニーとしての活動再開の可能性は低いともいわれていた。

Bad Company - Ready For Love



2006年にはオリジナルメンバーのバンド初となるライヴアルバム『ライヴ・イン・アルバカーキ76』が発売される。これはミック・ラルフスの秘蔵テープを音源化したものだったが、ポール・ロジャースのマネージメントからクレームがつき、発売と同時に廃盤、回収されてしまったため、現在高値で取引されている。 また、2007年にはポール・ロジャース在籍時の初期6作品が、日本限定で紙ジャケにて再発され、全作品がオリコンチャート入りするほどの売り上げを記録した。 

533px-Queen_2005_1010006.jpg

  
2008年には、大方の予想を裏切ってオリジナル・メンバーの3人が集結し、一夜限りの再結成ライヴを行い、成功を収めた。これはBad Companyの名を語った偽バンドがツアーに出るのに対抗してのことだという。この成功を受けて、2009年にはドゥービー・ブラザーズとともに再結成ツアーを行うことも発表している。

ディスコグラフィー

第一期-オリジナルメンバー在籍時

* Bad Company - バッド・カンパニー (1974) 全米1位、全英3位
* Straight Shooter - ストレート・シューター (1975) 全米3位、全英3位
* Run With the Pack - ラン・ウィズ・ザ・パック (1976) 全米5位、全英4位
* Burnin' Sky - バーニング・スカイ (1977) 全米15位、全英17位
* Desolation Angels - ディソレーション・エンジェル (1979) 全米3位、全英10位
* Rough Diamonds - ラフ・ダイヤモンド (1982) 全米26位、全英15位
* 10 from 6 - ベスト・オブ・バッド・カンパニー (1985) (ベスト盤)
* Live Albuquerque Nm Usa 1976 - ライヴ・イン・アルバカーキ76 (2006) (復刻ライヴ盤)

46664+Concert+Celebration+Nelson+Mandela+Life+-DXEVl5-uezl.jpg

 
第二期-ブライアン・ハウ(Vo)在籍時

* Fame and Fortune - フェイム・アンド・フォーチュン (1986)
* Dangerous Age - デンジャラス・エイジ (1988)
* Holy Water - ホーリー・ウォーター (1990) 全米35位
* Here Comes Trouble - ヒア・カムズ・トラブル (1992) 全米40位
* What You Hear Is What You Get: The Best of Bad Company - ベスト・オブ・バッド・カンパニー・ライブ (1993) (ライヴ盤)

Queen + Paul Rodgers - I Can't Get Enough Of Your Love



第三期-ロバート・ハート(Vo)在籍時

* Company of Strangers - カンパニー・オブ・ストレンジャーズ (1995)
* Stories Told & Untold - トールド・アンド・アントールド (1996)

第四期-オリジナル・メンバーによる再結成以降

* The Original Bad Company Anthology - バッド・カンパニー・アンソロジー (1999) (ベスト盤) 全米1位
* In Concert: Merchants Of Cool - バッド・カンパニー イン・コンサート 2002 (2002) (ライヴ盤) 全米114位

(Wikipedia)

free2.jpg

 
フリー (Free)
は、ブルースを指向するミュージシャンよって結成されたイギリスのロックバンド。1967年に結成され、1度解散し72年にオリジナルメンバーで再結成された1973年に解散。

メンバー

* ポール・ロジャース(Vo)
* ポール・コゾフ (G)
* アンディ・フレイザー(B. Key.Vo)
* サイモン・カーク(Ds)

Free At Last発表後から解散まで

* ポール・ロジャース(Lead Vo・G)
* ポール・コゾフ (G)[1]
* 山内テツ (B・Percussion)
* ラビット(ジョン・バンドリック)(Key・Organ・Vo)
* サイモン・カーク(Ds・Vo)

テツとラビットはフリーが一度解散したときカークとコゾフとコゾフ・カーク・テツ・ラビットを結成しアルバムも発表している。

free4.jpg

 
概要

バンド結成前は全員がブルース・ロックのグループに所属しており、かなりのキャリアを積んでいた。アレクシス・コーナーに才能を認められ、バンド名を与えられた上に(コーナーが組んでいたバンド「フリー・アット・ラスト」から)、レコード会社(アイランド・レコード)も紹介してもらった。
732255_356x237.jpg 
音数が少なくシンプルだが、個性的でパワフルな演奏は、初期のハードロックを形作った。評論家受けもよく、メンバーの若さからは想像もつかないくらい(特にアンディ・フレイザーは参加当時16歳)渋いロックは同時にクールさを兼ね備えていたが、キャリアを持つ者同士故のエゴが頻繁に衝突し、1971年5月の一橋共立講堂における初来日公演の直後に解散。


その後各人が独自の活動に入ったが、コゾフ・カーク・テツ・ラビットの同名アルバムが好評を博したことと、重度のドラッグ癖で活動に支障をきたしていたコゾフを救おうという意図のもと、1972年2月に再結成。同年6月にオリジナルメンバーに山内とラビットを加えた陣容で『Free At Last』を発表した。

 Free - All Right Now



しかし、まもなくフレイザーが脱退。山内が正式メンバーとなり、ロジャースがギターを兼任するようになる。この体制で1972年7月、エマーソン・レイク・アンド・パーマーとともに再来日(コゾフは不参加)。山内の凱旋が実現した。1973年初頭、『Heartbreaker』発表後、バンドは自然消滅のような形で解散した。

b0080418_1349742.jpg

 
その後ロジャースとカークはバッド・カンパニーを結成。コゾフはフリーに関わったメンバー全員の参加を得てソロ・アルバム『BACK STREET CRAWLER(バック・ストリート・クロウラー)』発表後、新メンバーを集めアルバム名と同名のバンドを始動させたが、1976年に心不全で死去。山内はフェイセズに参加。フレイザーとラビットも音楽活動を続けた。

『ファイアー・アンド・ウォーター』に収録され、シングル化もされた『All Right Now』は、その後さまざまなロック・コンピレーション・アルバムに収録され、ロック・クラシックとなっている。



各国での評価の違い

フリーは母国イギリスでは伝説的バンドとして高く評価されているが、フリーが最初に解散する直前、ロックのコンサート自体に不慣れだった当時の日本のロックファンに大きな衝撃を与えた伝説的な初来日公演の影響もあってか、もしくはシンプルさとボーカルの渋さゆえなのか、やはり日本においても人気があるバンドである。一方その「地味さ」が「暗さ」といったように裏目に出たのか、アメリカでは「オール・ライト・ナウ」が大ヒットしたものの、バンドとしては今一つ人気が定着しなかった。

よって、フリー解散後の1974年にポール・ロジャースとサイモン・カークが参加し結成されたバッド・カンパニーは、フリーの要素に加えて、「アメリカうけ」を狙ったものであった。実際バッド・カンパニーは本国イギリスや日本よりも、アメリカにおいて大きな支持を集めることとなった。


free - fire and water


ディスコグラフィ

オリジナル・アルバム

* Tons Of Sobs - トンズ・オブ・ソブス (1968)  did not chart UK, #197 US
* Free - フリー (1969)  #22 UK
* Fire And Water - ファイアー・アンド・ウォーター (1970)  #2 UK, #17 US
* Highway - ハイウェイ (1970)  #41 UK, #190 US
* Free Live! - フリー・ライヴ (1971)  #4 UK, #89 US
* Free At Last - フリー・アット・ラスト (1972)  #9 UK, #69 US
* Heartbreaker - ハートブレイカー (1973)  #9 UK, #47 US

ベストアルバム

* The Free Story - フリー・ストーリー (1974) #2 UK

(Wikipedia)

Firm_Funny.jpg

 

ザ・ファーム(The Firm)は、1985年にイギリスで結成されたロックバンド。元レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ(ギター)と元バッド・カンパニーのポール・ロジャース(ヴォーカル)が在籍し、1986年まで活躍した。

1983年に行われたA.R.M.Sコンサートのアメリカ公演での共演をきっかけに、ジミーとポールが意気投合。二人はスワンソング・レコードにいたこともあってバンド結成へ動く。ベースにトニー・フランクリン、ドラムスは元ユーライア・ヒープのクリス・スレイドを起用した。

70年代に最も人気があったバンドのリーダーであるジミーの新バンドと言うことで世界の注目を浴びたが、ハードロックと言うよりもシンプルなブルーズ・ロックでポールの色が良く出ていた。1985年にシングル、『Radioactive』が全米28位を記録、アルバム、『The Firm』も全米17位に入った。ヨーロッパとアメリカでコンサート。コンサートもFMで放送され大好評であった。トニーのフレットレスベースも注目を浴びた。

1986年にセカンドアルバム、『Mean Business』を出し全米22位。アメリカでツアーをした後に解散した。ジミーとポールはソロ活動に戻った。トニーは元ホワイトスネイクのジョン・サイクスと共にブルー・マーダーを結成。クリスはAC/DCに加入した。

juik.jpg

  

Live In Peace - The Firm Live 1984



(Wikipedia)

 

スポンサーサイト
2009-07-31(Fri) 18:46 洋楽B Bad Company | TB(0) | コメント(32) | 編集 |

コメント
  • from Lamo

    バドカンと共演したかったぁ~!(苦笑)

    ところで、、、
    Topで流れてるアメリカンバンド、2番の出だしの歌詞が『親父きーても~』と聴こえるのは私だけでしょうか?(笑)

    2009-07-31(Fri) 20:16 | URL | #- [ 編集 ]


  • ご無沙汰でした。 from YASU

    いやー、懐かしいですねー、バッド・カンパニー!
    僕は、「I Can't Get Enough Of Your Love」しか覚えてないですけど、この曲は良かったですねー。
    ポール・ロジャースは、リッチー・ブラックモアが欲しくて欲しくてしょうがなかったヴォーカリストです。
    お互いのタイミングが合わず、バンド入りは実現しませんでしたが。
    僕は、そんなに特別素晴らしい声だとは思わないのですが、本人は神から授かった声だと言っていますね。

    ところで、一昨日はaikoのライブで発狂してきました(笑)
    まだ余韻ライブ中で、頭の中で「ジェット」がかかってます♪
    もう1回、8月11日にZepp Tokyoで発狂してきます!

    2009-07-31(Fri) 20:29 | URL | #cDFNNeWA [ 編集 ]


  • from hirokun

    こんばんは♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)
    この時期は、ビーチボーイズ一色でしたが、たまに
    ロックもなんて感じで試食していた記憶がありますね。
    私は、あんまりロックには傾倒しなかったんですが、
    それでもバドカンは、ハードロックの王道っていう
    解りやすさが魅力でしたね。
    サマソニ、洋楽ファン最大のイベントですね。
    双子の女の子が気になりますね(笑)

    2009-07-31(Fri) 20:34 | URL | #- [ 編集 ]


  • from すももん

    閣下、こんばんは(o^∇^o)ノ

    今夜は、とっても奥深い世界を見せて頂きましたe-420
    閣下はまるで百科事典のようですね~!
    あ、仙人さまでした(笑)

    彼らの歴史を見ていると、気迫を感じると言うか
    まさに音楽が人生そのものなんだなって思わされますね。

    ちなみにポール・ロジャース、閣下のツッコミどおり
    ほんと若い頃の写真、老けすぎ!(笑)
    でもお年を重ねて、シブカッコ良く変身してますね♪

    2009-07-31(Fri) 22:14 | URL | #ncVW9ZjY [ 編集 ]


  • 「ガンバーレタブチ~」 from 流れ星→Lamoさん

    Lamoさん、こんばんは☆彡

    やっぱりバドカンって呼んだ方がこのバンドを
    表現するにはぴったりですね。

    Lamoさんもこの時代のバンドは愛着が
    あるのでしょうね。

    流れ星はバドカンのファースアルバムトあたりは
    まだ洋楽本格的に聴いてないので知らなかったですね。

    あーこん風に聴こえるはタモリクラブでやってましたよね、
    今でもやっているのかな。

    こんな風に聴こえるってQUEENで「ガンバーレタブチ~」って
    聞こえるはかなりのインパクトがありましね。

    グランドファンクもライブ盤ともう一枚持ってましたね。
    こちらも大好きですよ。

    2009-07-31(Fri) 23:32 | URL | #- [ 編集 ]


  • 存在感 from 流れ星→YASUさん

    YASUさん、こんばんは☆彡

    YASUさん、おーaikoさんのライブ行かれましたが
    発狂って一度YASUさんが観戦している姿見てみたですね。

    やっぱり、好きなアーチストがいる事は幸せな事ですよね。

    ポール・ロジャースが好まれるのはやはり声質によるものでしょう、
    しっとり聴かせてからパンチのある声でガツンと来るこれでしょうか。

    リッチー・ブラックモアは確かにポール・ロジャースとコンタクトとって
    いたようですね。
    パープル、レインボウでポール・ロジャースの声で聴けたかも
    しれないのはちょっと興味をそそります。

    それだけ、存在感は抜群なんでしょうね。

    2009-07-31(Fri) 23:42 | URL | #- [ 編集 ]


  • ゲットしてください。 from 流れ星→hirokunさん

    hirokunさん、こんばんは☆彡

    hirokunさんの好みが大体分ってきました
    流れ星は洋楽ほとんどで邦楽はあまり聴かないので
    hirokunさんのブログで色々聴かせていただいてますが
    また、お勉強させていただきたいと思います。

    久しぶりに70年代のバンドを取り上げてみました、
    70年代サウンドってやっぱりありますね。

    その中でも味のある楽曲はバドカンの魅力でした。

    そうそう、サマソニにもあとわずかですね、
    双子ちゃん気に入っていただいたようですね。

    デミちゃんのセカンドアルバムが発売されてます、
    早くもビルボードアルバムチャート1地位ですよ、
    是非ゲットしてください。

    2009-07-31(Fri) 23:50 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    バドカン、ブリティッシュハードロックの王道ですね、懐かしいです。

    高校の頃、図書室でレコードコンサートを企画して
    最初にかけたのがギンギラギンのLPでした(^^)

    いつものさかのぼり聞きで1Stアルバム聞いて、
    フリーまでさかのぼり、テツヤマシタを知りました。
    すごい日本人もいるんだなぁって思いました。

    いやぁ、今晩はたまたまですが、スコッチの王道、
    ホワイトホースなんて飲みながら楽しませてもらいました。


    2009-08-01(Sat) 00:04 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • 王道ロック from 流れ星→スモモンさん

    スモモンさん、こんばんは☆彡

    スモモンさんのワンちゃんブログ凄くかわいらしくって
    楽しみですよね。

    これからの成長と記事写真を楽しみにしてますよ。

    なんとなくポール・ロジャースの魅力がわかって
    いただけたと思います、結構しぶいヴォーカルでしょ、

    いやー若いポールロジャースはここには紹介してませんが
    浮浪者のような感じの写真もありましたね。

    聴いてくださって有り難うございます、
    70年代を背景にしたバンド味わっていただきました。

    2009-08-01(Sat) 07:42 | URL | #- [ 編集 ]


  • ブルースの血 from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、おはようございます☆彡

    今回は早い段階でのコメントですね(笑)
    ちびたさんのつぼに触れたようですね。

    たまにはちびたさんがお酒を飲みながら
    楽しめるバンドを紹介しないといけませんからね。
    やっぱり流れ星も70年代のバンドは中学、高校の
    頃の忘れられない一ページですからね。

    久しぶりに皆さんにご紹介するために聴きましたが
    自分ではまっちゃって何度もビデオ聴きなおしていましたよ。

    ギンギラギンのLPがジャケットなら流れ星が持っていた
    「ラン・ウィズ・ザ・パック 」でしょうね。

    さかのぼってフリー時代はリアルタイムで聴いてませんが
    こちらもお気に入りのバンドですね。

    根底にはブルースの血が流れているのではないでしょうか。



    2009-08-01(Sat) 07:55 | URL | #- [ 編集 ]


  • Grand Funkが…^^ from John

    流れ星さんおこんち~(^^)/

    おいらはBad CompanyもFreeもレコードは買ったことがなかったけど
    The Firmは即買いしたんです
    そして、大物2人よりものちにわが師匠John SykesのBlue Murderにいた
    Tony Franklinがこのバンドにいたことが何かの縁だったような気がします
    Paul Rogersは渋すぎたのか他のトップバンドに比べて少し控えた存在だった気がしますが
    いぶし銀ですね~やっぱり^^

    ところで、この記事の主役よりもこのページを開けた途端に聞こえた
    カウベルの混じったドラムの音…

    えっ?何でWe're American Band?

    と反応してしまい思わず気勢をそがれてしまったおいらでした
    何しろおいらのバンド時代はスリーピーススタイルを最も好んでいて
    その最たる理想がGrand Funkでしたからねぇ~
    またGFRの記事も書かないとなぁ~
    でもまだしばらくあの路線だからずっと先だ…笑(^^♪

    2009-08-01(Sat) 10:06 | URL | #dp6IxwUE [ 編集 ]


  • 70年代の王道バンド from 流れ星→Johnさん


    Johnさん、おはようございます☆彡

    相変わらず、70、80年代の事よく知ってますね。
    バドカンやフリーが活躍していた時代は
    Johnさんはまだ小学校でしょう(笑)

    ポール・ロジャースは聴きこむほどに味が出てきますよ、
    芯が一本通ってますから説得力あるヴォーカルですね。

    いぶし銀と言う言葉がぴったりなヴォーカリストですね。

    The Firmはジミーペイジ、ポール・ロジャースのコンビで
    大物同士のプロジェクト的なバンドでしたね。

    ペイジらしいダイナミックな楽曲が多いですね。

    もちろん、トニー・フランクリン知ってますよ、あの髪型が
    インパクト抜群でブルーマーダーのアルバムも持ってます。

    グランドファンクも70年代ハードロックバンドを語るうえで
    忘れてならないバンドですからね。

    非常にシンプルなメンバー構成でインパクトありましたね。

    マーク・ファーナーが好きでした、ZEPのアメリカ公演の
    前座もやったそうで雨と雷雨の中の後楽園球場での
    ライブは今でも伝説として残ってますよね。

    2009-08-01(Sat) 10:48 | URL | #- [ 編集 ]


  • バドカン!? from BILLY

    こんにちは!

    そちらのお天気はいかがですか!今日はウチの田舎の夏祭りですが雨が降ったりやんだりで心配です(>_<)

    私はバドカンと聞いて、んっ!?と思うくらい全く聞いたことが無かったんですが、もちろんポールロジャースは知っています。80年代の記憶にバドカンがないので仕方ないですよね。

    さすが亀仙人様はなんでもご存知でございます。

    さてサマソニのアンケートですが、私は迷わずリンキンの日に1票ですね!夏の野外でリンキンが聴けると思うだけで心が弾んできます。こちらはまだ梅雨明けとはいきませんが、気分は夏真っ盛りといきたいものです。

    2009-08-01(Sat) 12:16 | URL | #- [ 編集 ]


  • 渋くて最高!! from 諸星輝々

    流れ星さん こんばんわ*^-^
    バドカン・・シンプルでいて、ずしりとハートに響く音と何と言っても、ポールロジャースの声が渋いですね!
    こぶしを利かせて歌う姿は、日本の演歌を聴いているような感じもしてまた格別です。
    フリーも存在感のあるバンドで、そこでのポールのヴォーカルも渋くて聴き入ってしまいました。



    2009-08-01(Sat) 20:00 | URL | #Wgi4adpQ [ 編集 ]


  • 女の子はいいですね from 流れ星→BILLYさん

    BILLYさん、こんばんは☆彡

    おぉ、今日は夏祭りですか、お嬢さんは浴衣姿ですか
    女の子は楽しみがありますよね。
    流れ星の勝手な妄想ですが(笑)

    それはBILLYさんがバドカン知らないのは当然でしょう、
    おそらくまだ幼稚園じゃないでしょうか。
    70年代のバンドはそれぞれに個性豊かなバンドが
    おおいですね。

    バドカンはブルースを基調とした味わい深い楽曲が多いですよ。

    いやー変な事はいえませんね、亀仙人で定着しますか(笑)
    まあ、新しいニックネームになりそうですね。

    サマソニのアンケートは随分早い段階で作った物ですが
    いつのまにかアンケートがリサーチに変更されて
    新しいデザインになりましたね。

    思ったより片寄ってませんね、それだけ違った
    ニーズがあるのでしょうね。

    2009-08-01(Sat) 20:34 | URL | #- [ 編集 ]


  • 情感を伝える from 流れ星→諸星輝々さん

    諸星輝々さん、こんばんは☆彡

    いつもコメント有り難うございます。

    バドカンは諸星輝々さんもご紹介されてませんでしたか
    ポールロジャースは歌い方がうまいですよね、
    情感を直に聴き手に伝える歌い方が絶妙ですよね。

    諸星輝々さんのおっしゃるように渋いです、
    今回はポールロジャースの歴史を紹介する形に
    なりましたが聴いていただけてよかったです。

    フリー時代もいい曲がいっぱいありますね、
    リアルタイムで聴きたかったと今では思ってますよ。

    2009-08-01(Sat) 21:02 | URL | #- [ 編集 ]


  • from サユサユ

    こんばんは!
    バドカン、またまた、初耳です。
    音楽聴いているのですが、途切れ途切れ・・・
    ネット環境が今日は特に悪いようです・・・
    残念・・・時々、聴こえる声を耳にして・・・
    懐かしい優しい響きのする歌声かなって感じですが・・・・

    昨日の花火大会は中止になってしまいましたね。
    残念・・・・カメラを抱えて撮りにと思っていたんですが。。。。
    週末、またまた、天気が崩れてて、どこへもいけずじまいでした。
    流れ星さんの週末は、如何でしたか?


    2009-08-02(Sun) 19:23 | URL | #mQop/nM. [ 編集 ]


  • 花火レポート from 流れ星→サユサユさん

    サユサユさん、こんばんは☆彡

    いやいや、バドカン聴いていただけましたか、
    70年代のロックバンドですがサユサユさんは
    まだ生まれていないいないでしょうね。

    味あるヴォーカル聴いていただきたかったですね。

    そうですね、雨で週末もだいなしですよね、
    花火も楽しみにしていた方がいらっしゃるでしょうね。

    流れ星は根尾の花火が一番近いので行く時が多いですが
    今日はポケモンぼっちゃまとポケモンゲームですよ(笑)

    息子の方がうまいですね。

    近いうちに花火のレポートが見れそうですね、
    楽しみにしてますよ。

    2009-08-02(Sun) 21:31 | URL | #- [ 編集 ]


  • All Right Nowゥ~~ゥ! from bunta52

    うわー ボリューム満点ですね !!
    消化しきれないくらい、たらふく聴かせていただきました。
    まさかと思ってたら All Right Now まで聴けて、これはハッピー ^^;

    最初、Grand Funk Railroad の曲がかかってたので、ドキッとしました。釘付けになってしまい2回見てました。あいつ、マークファーナーと違うのかなって、気になり年鑑史を調べたりしてたので、バッドカンパニーにたどり着くまで、1時間かかってしまいましたよ・・・^^;

        ほなーまたねー!


    2009-08-02(Sun) 22:25 | URL | #tbtHsh72 [ 編集 ]


  • 気迫の演奏 from 流れ星→bunta52 さん

    bunta52 さん、こんばんは☆彡

    マークファーナーいいですね、マッチョのところが(笑)
    グランドファンは名曲「ハードブレイカー」がありますが
    ポピュラーにしたのは「ロコモーション」なんでしょうね。

    流れ星は2枚組みのライブアルバムともう一枚持ってましたが
    熱いサウンドに釘付けでした。
    演奏する姿はつい最近見たばかりですが今の時代は
    タイムスリップして昔の名演が見れるのですからありがたいですね。

    そうでした、今回はサービスしすぎましたか(笑)

    フリーもバドカンの原点があるのかなポール・ロジャースの歩みが
    わかるように記事作りましたからお腹いっぱいですよね。

    bunta52 さんはマークファーナーはお気に入りなんですね、
    流れ星もライブアルバム聴いた当時から気迫がある演奏は
    大好きでした。

    楽しんでいただけた様で良かったです。

    2009-08-02(Sun) 23:19 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    おっと、グランドファンク(レイルロード)、忘れるところでした。
    このグループはアメリカンロックの王道ですね。
    前コメントの王道つながりってことで(^^;)

    ブリティッシュ・ハードロック以外はみんな
    いまいちっていう尖った高校生の頃でも、なぜか
    グランドファンクは聞いてましたね。

    ハートブレイカーが一回終わったように思わせて
    また少しだけ始まる部分が人をバカにしている!
    なんて言ってましたが、結構好きな曲でした。


    2009-08-02(Sun) 23:56 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • 王道とは! from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、こんばんは☆彡

    今月8月で48歳を迎える流れ星ですが
    ちびたさんは流れ星より少しお兄さんかなって
    思うようになりました、違っているかもしれませんが。

    今回は70年代王道ハードロックという事でご紹介しましたが
    グランドファンクも忘れてならないバンドですね。

    ツェッペリン、パープルが玉座の位置なら脇を固めるのが
    バドカンであり、グランドファンクかな。

    クイーンもキッスも好きですがハードロックの王道という意味では
    ちょっと違いますね。

    グランドファンクは3人でありながら素晴らしいパフォマンスを
    見せてくれますね、聴いているとロック魂を感じるので好きですね。

    こんな話をすると限りなく出てきますのでこの辺で
    やっぱりこの時代がホームグランドかな(笑)

    2009-08-03(Mon) 19:18 | URL | #- [ 編集 ]


  • ハ~トブレイカ~~ ♪ from bunta52

    いやー、再び参上・・・!
    バッドカンパニーも好きだけど、

      「グラファンはむっちゃ好きやねんーーー!」

    ハ~トブレイカ~~ ♪ をコピーして、うちらもブレイクしましたね。
    こんど、リバイバルでこの曲のパロディっぽいギターを弾いてみます~~ ^^;

      いつかお楽しみに・・・・ !!   - bunta -



    2009-08-03(Mon) 20:48 | URL | #tbtHsh72 [ 編集 ]


  • 熱い暑いひゅーひゅーだよ from mick

    流れ星さん ( ´艸`).。o○オ.。o○ハ.。o○ヨ.。o○ウ.。o○
    大阪も、やっと梅雨明けしましたが、いきなり35℃の暑さです。
    こんなクソ暑い季節には、さわやかな、涼しげな曲を聴けばいいのですが、何故か、暑苦しい70年代のロックが聴きたいのです。
    バドカンの頃は、学生時代でした、長髪をなびかせて、ワルぶって音楽聴くならロックじゃ!!っていきがってたころを思い出します。(隠れてアイドルも聴いてましたが)
    バドカンのアルバムは持ってないのですが、当時、パープル、ツエッペリン、ストーンズなど聴きながらこのバンドや、ちびたさんもコメしてる、グラファン(GFR)も聴いておりましたよ。いやー暑苦しい!!

    2009-08-04(Tue) 11:53 | URL | #- [ 編集 ]


  • パクってください from 流れ星→bunta52 さん

    bunta52 さん、お暑いですね☆彡

    むっちゃ好きやねん、いいですね!
    やっぱり関西ののりやわー。

    関西の人の家にはどこでもたこ焼機があるって
    話ですがどうなんでしょう。
    話がそれました。
    グランドファンクが好きな人も多いですね。
    ハードブレーカーパックってください(笑)

    そうそう、今回はバドカンでしたね。
    喜んでもらえればそれでいいのです。

    2009-08-04(Tue) 17:45 | URL | #- [ 編集 ]


  • おいしいどこどり from 流れ星→mickさん

    mickさん、お暑いですね☆彡

    いやいや、梅雨が明けたら猛暑ですね。
    いやーグロッキーです。

    こんなお天気は予想していなくて暑苦しいバンドになりましたね、
    実はバドカンは2009年はツアーしてるんですよね。
    ベテラン健在ですよね、何と言っても70年代のバンドが
    今年ツアーしているんですから凄い事ですよね。

    流れ星は好奇心旺盛なので洋楽はさまざまな
    バンドに首を突っ込んでますよ。

    プログレもやりたいんですけどね(笑)

    Johnさんほどマニアックではないですが(爆)

    bunta52 さんもグラファンでしたがツウはこう呼ぶんでしょうか、
    もう少しでフリーもリアルタイムで聴く事が出来ましたが
    残念ですね。

    流れ星の年代は70年代と80年代のバンドをまたいでますから
    おいしいとこどりなんでしょうね。

    バドカンもポール・ロジャースのワンマンバンド的なんですが
    意外と脇を固めるメンバーもいい仕事してたりしますね。

    やっぱり10代、20代で聴いていたバンドは懐かしいですね。

    mickさんもお暑いですがお体の方大切に!

    2009-08-04(Tue) 18:06 | URL | #- [ 編集 ]


  • ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪  from スー

    ( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄; アリャ?~~~
    「バッド・カンパニー」・・名前は聞いたこと在りますが・自分の好みと違ったからあまり聞かなかったような気がします・・今回はコメントできない~~~
    スイマセン~~ごめんちゃいm( __ __ )m♪

    2009-08-04(Tue) 20:50 | URL | #- [ 編集 ]


  • ビヨンセ来日! from 流れ星→スーさん

    スーさん、気を使わせてしまってすみませんね。

    いやね、流れ星もお付き合いしている人は
    それぞれに好きな音楽違うので中々満遍なく
    取り上げるのは難しいですね。

    流れ星が好きなアーチストやればいいんですが
    色々目移りしちゃっていけません。

    そうでした、スーさんのお好きなビヨンセが今日8月4日来日しました。
    サマソニに出演しますよ、8月7、9日ですよ。

    どうもコメント有り難うございます(*^-^*)

    2009-08-04(Tue) 22:12 | URL | #- [ 編集 ]


  • from Life

    ポール・ロジャースは、思い返せば凄いアーティストと
    たくさんのジョイントなど経験している人ですよね。

    ソウルフルでストレートなロックが似合う
    ポールのヴォーカルは大好きですが、
    フレディの代わりにクイーンのヴォーカルを務めると
    決まった時には、正直抵抗がありましたね^^;

    きっと、違うタイプのヴォーカリストなのでイメージが
    結びつかなったというのが、本当の所だと思うですが
    実際クイーン+ポール・ロジャースのライブはさすがに
    素晴らしいパフォーマンスで感動的なものでしたね^^

    今回バトカン復活のためにクイーンの大役は終了しましたが
    復活したバトカンに期待したいですね^^

    年齢を重ねて渋くなって、より一層味のある音楽を聴かせて
    くれる大御所!本当にカッコいいですね(^^)

    アンケート!迷わず2日目にしました^^
    やっぱり2日目が多いですね(*^_^*)
    色んな面白いアンケートがあるんですね~★

    2009-08-06(Thu) 00:43 | URL | #- [ 編集 ]


  • いよいよ明日です from 流れ星→LIFEさん

    LIFEさんこんばんは☆彡

    いやいや、暑い日が続いておりますが
    お変わりございませんか。

    ポール・ロジャースは若い頃から実力あるアーチストと
    ミュージシャンも認めるミュージシャンですね。

    ひょっとしてクイーンでのライブ見られたことがありますか
    フレディの替わりになる人はいませんからね。
    クイーン+ポール・ロジャースのバンド名でよかったですよ。

    どうしても昔と比較しますがふたを開けてみると
    ファンとしては喜ばしい復活になったと思いますよ。

    アンケートは意外と3日間片寄る事も無く進んでますね、
    これは6月ぐらいに流れ星が作りましたが20票ぐらいで
    ずっと変わりなかったですが流石にライブが近づいて
    結構な票になりましたね。

    いよいよ、明日ですね。
    考えてみるとあっとゆうまでした、
    楽しみですよね。

    2009-08-06(Thu) 19:47 | URL | #- [ 編集 ]


  • ビヨンセ来日してるんですか!!! from スー

    o( ̄ー ̄;)ゞううむ・・

    忙しくて中々情報が・・入っていなかった・
    テレビでも見れるのかな~~

    梅雨が明けて暑くなってきましたね!
    福岡も暑いです~~~ε= (´∞` ) ハァー

    夏ばてしないようにしてくださいね♪
    では~~~又来ます~~~~♪

    2009-08-07(Fri) 08:02 | URL | #- [ 編集 ]


  • 来日してますよ from 流れ星→スーさん

    スーさん、こんばんは☆彡

    今日8月7日は大阪のサマソニ会場で
    ライブやります。

    明日は東京に会場を変えて登場予定ですね。

    このところ、灼熱地獄の毎日で
    流れ星もぐろっきですがまだまだ頑張りますよ!

    2009-08-07(Fri) 20:02 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/147-0bac72d3

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。