プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

「キャデラック・レコード」と80年代デュエットソング
[20091111]

cadillacsrecords125.jpg

 

 皆さん、こんにちは
2週間ぶりの記事更新となりました、年末を迎えて年賀はがきや紅白の話題、クリスマスケーキ
早いですね、相変わらずインフルエンザもはやってますが皆さんはいかがおすごしでしょうか。

今回はお約束の80年代デュエットソングと映画「キャデラック・レコード」のご紹介を少々します。

1950年代に誕生したシカゴの伝説的なレコード・レーベル、チェス・レコード
所属アーティストたちの盛衰を描く実話ドラマなのですが
チェス・レコードに所属するチャック・ベリーや、ビーチ・ボーイズやローリング・ストーンズ
などのエピソード
も綴られています。
世界の歌姫ビヨンセが薬物中毒に苦しんでいた歌姫エタ・ジェイムズを熱演 してますね。

Blu-ray DISC&DVDのリリースが2010年1月27日に決定してます、
気になる方は是非チェックしてみてくださいね。 
 


line04b_18.gif

続きからメイン記事となります、、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

almop123 『フットルース』(Footloose=足枷)は、1984年のアメリカ映画。パラマウント・ピクチャー作品 上映時間 107分

公開当時、ケニー・ロギンスなども参加したサウンドトラックのヒットや当時の流行であるMTVを始めとするプロモーションビデオなどヒットも相まって、一種の社会現象となった作品でミュージカル化もされている。

あらすじ

ケビン・ベーコン扮するシカゴ生まれのレン・マコーミックが、ロックもダンスパーティも禁じられているアメリカ中西部の小さな田舎町ボーモントに転校してくる。
そこではある高校生が起こした事故を切っ掛けにダンスもロックも禁止されていて、シカゴと言う都会で普通に育ったレンはその異様な状況に困惑していく、シカゴとは違った雰囲気により孤立し周りより監視されているという息苦しさから抜け出すべく高校の卒業パーティーをしようと、町議会での町民集会で聖書の一説を用い提案を行うがショー・ムーア牧師を始めとする街の大人たちに却下されてしまう

89763745.jpg

 ショーの息子が事故で亡くなり、彼が先頭に立ち事故の原因となった「ロック・ダンス」禁止を推奨してきたが、ショーの娘エリエルとレンが反対派のリーダーであるショーと対話し、序々に彼の心境に変化が現れて隣町の倉庫で開催すると言う事で許可を貰い、無事卒業パーティーを行い、自由を勝ち取るという青春ドラマ作品。

Mike Reno & Ann Wilson - Almost Paradise


Mike Reno & Ann Wilson - Almost Paradise
Uploaded by jpdc11. - Watch more music videos, in HD!

 


51N61U7jkvL.jpg『愛と青春の旅だち』(原題:An Officer and a Gentleman)は、1982年のアメリカ映画。

テイラー・ハックフォード監督、リチャード・ギア主演。

ルイス・ゴセット・ジュニアが1982年度アカデミー助演男優賞を受賞。また、ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズが歌った主題歌がアカデミー歌曲賞を受賞している。
ストーリー 

廃頽的な生活から脱出すべく、海軍士官養成学校の飛行士課程に志願するザック。そこで待ち受けるのは海兵隊軍曹の鬼教官フォーリー。脱落者が続出する13週にわたる激しい教練をこなしながら、同期との友情、芽生える愛、色々な出来事を織りなしながら成長していく青年の姿を描いていく。
出演

* リチャード・ギア - ザック、海軍士官養成課程の学生
* デブラ・ウィンガー - ポーラ、ザックの恋人
* デビッド・キース (David Keith)- シド、 海軍士官養成課程の学生
* ロバート・ロジア - バイロン、ザックの父
* リサ・ブロント - リネット、ポーラの友人
* リサ・アイルバッハー - ケイシー・シーガー、海軍士官養成課程の学生
* ルイス・ゴセット・ジュニア(Louis Gossett, Jr.) - フォーリー、鬼教官
* デヴィッド・カルーソ- ダニエルス、 海軍士官養成課程の学生
(Wikipedia)

ZXX6492217845.jpg 
Joe Cocker & Jennifer Warnes - Up Where We Belong

cd-cover123 
 
 

Atlantic Starr - Always

 

paul-mccartney-michael-jackson-2.jpg

 

Paul Mc Cartney & Michael Jackson - Say say say

 MJ  Paul McCartney 1_jpg

スポンサーサイト

コメント
  • やっぱり若いなぁ~。 from Keith

    変ですなあ~。流れ星さんの記事更新ずうーっと足あとに出てなかったはず?今日気付きました。

    さて、本題、必ずおNewの記事出してくれるので、いつも感心しています。こちらのファン層って若い人
    ばかりなのね。

    ポールとM・ジャクソンのコンビ、こんなビデオあったんですね。これも名曲ですね。
    S・ワンダーと組んだポールの曲も良かったですね。

    確か、マイケルはポールよりずっと背が低いと思いましたけど。Beatlesの著作権で金銭トラベルが起きて、その後疎遠になったと耳にしてます。



    2009-11-14(Sat) 11:57 | URL | #- [ 編集 ]


  • from スモモン

    殿下、こんにちは~(^▽^)/

    おおぅ!懐かしすぎます、フットルース!
    この映画のポスター、部屋に飾ってました(笑)
    主演のケビン・ベーコン、今や存在感のある性格俳優となりましたね。
    今思えば、この映画でダンスも披露していたんだー
    今でも忘れない名バラード"Almost Paradise"は
    この映画のサントラだったんですね。
    久しぶりに聴いて、懐かしい気持ちでイッパイです。

    そして、愛と青春の旅たち!!
    この映画、何度見て何度泣いたことか・・・
    今でもラストシーンを見れば、簡単に泣けますよー(笑)
    リチャード・ギアの白い軍服姿には、今でもドキドキ・・・
    あ、主題から離れてますね(^▽^;)

    やはり名画は名曲と共にありますね。
    映像と曲がマッチしてこそ、名シーンが生まれるんでしょうね。

    懐かしい名曲の数々、ありがとうございました♪

    2009-11-14(Sat) 14:04 | URL | #ncVW9ZjY [ 編集 ]


  • from hirokun

    こんにちは♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)v
    いやぁ、今回の企画は私が大学の時に映画を
    むさぼるように観ていた頃の、ツボです(笑)
    フットルースなんて、毎月1回は観てました。
    愛と青春の旅立ち、映画はもちろん主題歌が
    大ヒットしましたよね。
    あー、この頃の音楽と映画は最高だったなぁ。
    考えると、今は無機質で物足りないものばかりに
    思えてきました。

    2009-11-14(Sat) 16:08 | URL | #- [ 編集 ]


  • お金持ちの悩みもあるのでしょうね from 流れ星→Keithさん

    Keithさん、こんばんは☆彡

    いえいえ、今日更新しましたよ、
    2週間ぶりの更新です。

    こちらのブログは検索で訪問の方がほとんどですね、
    交流がある方も40代以上の方がほとんどですよ。

    マイケルとポールのコンビは他に「The Girl Is Mine」「The Man」が
    ありますね、どちらもよい出来の曲ですね。

    スーパースターの共演はお互いに刺激があったのでしょうね、
    楽しそうな情景が写真からうかがえます。
    スティーヴィー・ワンダーもマイケルの追悼式に参加されてましたね。

    金銭トラベルが起こるほどお金持ちなので、お金持ちも悩みがあるのでしょうね、
    それにしても、今回の映画は大ヒットしましたが、
    中止になったツアーも今までの準備だけでも相当な額が
    赤字となったのでしょうね。

    2009-11-14(Sat) 17:18 | URL | #- [ 編集 ]


  • 名曲、名シーン from 流れ星→スモモンさん

    スモモンさん、こんばんは☆彡

    フットルースのポスターお持ちでしたか
    スモモンさん、映画の事は詳しいですからね。

    流れ星も80年代のデュエットソングは「Almost Paradis」が
    まず頭に浮かびますね。
    それにしても、フットルース当時かなりの人気があったのでしょうね。
    流れ星もこの映画好きでしたね。

    そして、愛と青春の旅たち これも名作ですね、
    教官との過酷な訓練のシーンも思い浮かびますね。

    最後の卒業のシーンもジーンと来ました。
    そして、彼女を迎えに行くシーンも、素敵ですよね。
    ジョーコッカーのめちゃしぶの声もこの映画とあってますよね、
    名演、名曲ですよね。

    今回はデュエットソングでもしっとり系のバラードが多くなりました
    昔を振り返って懐かしむのも楽しいですよね。

    2009-11-14(Sat) 17:35 | URL | #- [ 編集 ]


  • まだまだ青春 from 流れ星→hirokunさん

    hirokunさん、こんばんは☆彡

    この時代の映画はつぼでしたか、
    フットルースは毎月は凄いですね。

    今回の二つの映画は青春時代の輝かしい
    一ページとして刻まれる、共通項が多い映画ですね。

    流れ星もこの時代の映画とか音楽に影響受けた
    感じが非常に強いのですが、ほんとに懐かしいシーンが
    脳裏に焼きついていますね。

    青春時代と今では見える物が違うのでしょうかね、
    流れ星は年甲斐も無くまだまだ青春と思ってますが(笑)

    2009-11-14(Sat) 17:45 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    懐かしいですね。そう言えば愛と青春の旅だちってありましたね。
    80年代はMTVが全盛でしたよね、よく見ました。
    まだビデオがなかった(持っていなかった)ので
    録画するっていう発想がなかったです。

    Atlantic Starr 、曲名がしっかり出てきませんでしたが、よく聞きました。

    マイケル、この頃の方だってもう十二分に格好良かったのに、いろいろと悩むこともあったのでしょうね。
    つくづく残念です・・・



    2009-11-15(Sun) 21:31 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • ベストヒットUSA from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、こんばんは☆彡
    80年代はMTV時代でしたね、
    ベストヒットUSAもよく見ました、今でもBSでやっているようですが
    見る機会がないですね。

    Atlantic Starrも懐かしいバンドですよね、
    今回ご紹介した曲以外にもヒット曲がありますが
    今ひとつ認知されてないバンドかなって思ってます。

    マイケルジャクソンとポールのコンビはこの時代には
    3曲一緒にやってますね。
    流れ星にとってはゴールデンコンビですよ。
    マイケルも大スターゆえの苦労は大いにあったと思いますよ、
    表面的には豊かな暮らしですが、
    やっぱり満たされない物があったんでしょうね。

    2009-11-16(Mon) 21:48 | URL | #- [ 編集 ]


  • ビヨンセ最高! from BILLY

    こんばんは!

    流れ星さん、本当にお久しぶりの更新で(人のこと言えませんが。。。)コメントに出遅れてしまいました。野球が終わってしまうと私もオフシーズンに入った感じがして、イマイチブログを書くテンションが上がりません。松井君の去就が気になるからでしょうか(^_^;)

    キャデラックレコードって映画がやってたんですね!全然見逃していました。予告みてたらすごく興味がある時代でしたので、DVDで絶対見たくなりました。だって予告だけでビヨンセを惚れ直しちゃいましたからね。

    80年代ヂュエットは私はオンタイムばかりでどれも最高にいい曲ですよね。どれかといったらLOVERBOY好きなBILLYは「Almost Paradise」になってしまいますね。だってフットルース自体も面白くて好きでしたもん。

    SAY3も良かったですよね!80年代の奇跡のデュエットです (*^_^*)

    2009-11-16(Mon) 23:27 | URL | #- [ 編集 ]


  • はまり役ですね from 流れ星→BILLYさん
    BILLYさん、こんばんは☆彡

    BILLYさんはオフシーズンでしたか、
    流れ星もオフシーズンに入ってますよ(笑)

    もうそろそろクリスマスソング始めてもって
    気が早いですね。

    キャデラックレコードはビヨンセのはまり役ですよね、
    ドリームガールズの延長線上にあると思いますよ。

    ノスタルジックな雰囲気とその時代の音楽の歴史が
    見えてくるのではないでしょうかね。
    流れ星も見に行ってないのでDVD化されたので
    楽しみにしてますよ。

    フットルース人気がありますね、
    「Almost Paradise」はすぐに80年代のデュエットソング
    として頭に浮かびますが、甘く切ない曲に感じますよね。

    そして、ポールとマイケルのデュエットソング
    も最高でしたね。
    ビデオもドラマ性のある撮り方していて楽しめました。

    さてさて、11月も半ばになりましたね
    あっとゆうまに一年がまた終わるのですね。

    いつもコメント有難うございます。

    2009-11-17(Tue) 00:06 | URL | #- [ 編集 ]


  • ビヨンセは好きなのです from mick

    流れ星さん (●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜こんばんわー☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚
    愛と青春の旅だちが、懐かしい今日この頃です。
    マイケルとポールのディエットはまさに黄金コンビ、セイセイセイはリアルタイムで聴いてましたね。
    「ドリームガールズ」は映画館にも足を運びましたし、レンタルでも改めてじっくり観ました。
    映画「キャデラック・レコード」も興味をそそる映画ですね。ビヨンセ好きなアーチストなんでね・・・
    和製?ビヨンセは太りすぎじゃ。

    2009-11-18(Wed) 17:55 | URL | #- [ 編集 ]


  • 思ったより映画館に行きました from 流れ星→mickさん

    mickさん、こんばんは☆彡

    「愛と青春の旅だち」素晴らしい映画でしたね、
    テレビでも何回も流れていましたね。

    流れ星は教官とのやりとりの場面が記憶に残ってますが
    まさに青春の一ページと言える映画でしたね。

    マイケルとポールのデュエットソングも人気がありました、
    物語調で楽しめますよね。
    写真がとてもいい表情で二人とも写ってますから
    これも貴重な写真だと思いますね。

    「ドリームガールズ」は紹介したのでご存知かと思いますが
    ビヨンセは歌姫やったらはまり役でしょうね。

    「キャデラック・レコード」見損ないました、
    やっぱり映画館で見ないと魅力も半減するでしょうね。

    マイケルジャクソンの映画で思いましたが
    音の迫力、映像の迫力はやっぱり映画館ですね。

    「キャデラック・レコード」これは是非見ようと思います。
    50年代、60年代の音楽にふれたいですし、
    チャックベリーやストーンズの逸話も知りたいですしね。

    「マンマミーヤ」もよかったですね、おっとドラキュラに恋をした
    「トワイライト~初恋~」もよかったですね(笑)

    mickさん、コメント有難うございました!


    2009-11-18(Wed) 21:55 | URL | #- [ 編集 ]


  • おひさでございます(^^; from chika

    「キャデラック・レコード」私も見逃してました!^^;
    ぜひ観なきゃです。

    チャック・ベリーはちゃんと聴いたことがないので
    この際お勉強しときます(^^)b



    2009-11-19(Thu) 13:03 | URL | #pJH/xWMs [ 編集 ]


  • 興味津々 from 流れ星→chikaさん

    chikaさん,こんばんは☆彡

    寒くなりましたね、
    ますます、音楽にどっぷりとの事でしたが
    また、色々教えてくださいね。

    「キャデラック・レコード」映画館で見ればよかったと
    いまさらながら公開しておりますが
    どうでしょうか、「ドリームガールズ」の延長線上に
    あると思うのですが気になりますね。

    まだ、流れ星が生まれていない50年代の音楽は
    興味津々ですよね。

    残念ですが必ずレンタルで見ようと思います(笑)

    2009-11-19(Thu) 19:03 | URL | #- [ 編集 ]


  • from jil

    おひさしぶりです!

    『キャデラック・レコード』私も映画館で観たかったですが、棒に茄子(世間ではボーナスと言う)でDVDを買う事にします。ビヨンセがどれだけエタ・ジェイムズを表現出来ているのか・・・楽しみです。

    2009-11-19(Thu) 22:58 | URL | #- [ 編集 ]


  • 久しぶりですね(*^-^*) from 流れ星

    jilさん、こんばんは☆彡

    どうも、ほんとですね久しぶりです!
    元気されてるようですね。

    あーjilさんはバンドのボーカルだから
    色々な女性ヴォーカル聴かれてますからね。

    特に今回のエタ・ジェイムズとか本格派は
    しっかり聴かれてますよね。

    エタ・ジェイムズは70歳ぐらいになると思うのですが
    まだ、現役されてるようですね。
    凄い事ですよね、この時代の音楽が土となって
    今の洋画界の柱となっているのでしょうね。

    この映画は映画館で見たかったですね、
    それでも4、5名は見てみたいと言われてますので
    今回の記事作ってよかったかなー。

    久しぶりのコメントうれしかったです、
    有難うございます。

    2009-11-20(Fri) 00:00 | URL | #- [ 編集 ]


  • ( ゜▽゜)/コンバンハ~~♪ from スー

    コメント有難うございました~~!元気ですばい!

    最初の「キャデラック・レコード見てて・・どこかで見たこと在る人だな?~と思ってたら・・「戦場のピアニスト」の主人公ですね!この映画泣かされました・( ̄∀ ̄*)イヒッ♪

    ビヨンセの針の在る声・又悲しく感じる声・・役に成り切ってるんでしょうね♪素晴らしいです♪マイケルとポールの動画は私もユーチューブで見たこと在りました♪d(゜-^*) ナイス♪です♪

    2009-11-21(Sat) 19:07 | URL | #- [ 編集 ]


  • イエー ゴールデンコンビでした。 from 流れ星→スーさん

    スーさん、こんばんは☆彡
    おー元気されてましたか、よかったです。
    介護お疲れ様です。

    「戦場のピアニスト」の人が出てましたか、
    気が付かなかったですね。

    ビヨンセは歌姫役やるとはまっちゃいますからね、
    やっぱり、スクリーンでも活躍されてますね。

    ビヨンセと言えば最近レディ・ガガとコラボした映像が
    マイスペ限定で流れていますね。

    マイケルとポールについては言わなくても分かりますよね、
    大スター同士で意気もぴったりですね。

    また、そちらにもお邪魔しますよ!

    2009-11-21(Sat) 20:42 | URL | #- [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星さん こんばんは(^^)/
    私も2週間ほど休んだでしょうか(笑)
    今月は、ブログスタート史上最低の更新数です><;笑

    やっと先週末に自分のPCが帰ってきました。
    やっぱり、他のPCではなかなか更新やお邪魔もできず
    すみませんでした;;

    本当、師走に向かい年賀状もあり仕事も
    山積してしまったので、スロースタートになるかと
    思いますが、一応復活しました。
    どうぞよろしくお願いします。

    キャデラック・レコードのビヨンセは
    一時話題になりましたね^^
    フットルースも友達と映画を見に行って
    よくサントラを聴きましたよ(^^♪

    愛と青春の旅立ちも良かったですね。
    このUp Where We Belong は名曲ですよね^^
    映画に流れる曲は、本当に名曲が多いということ
    改めて感じさせられます♪

    Atlantic Starrも、この季節にはどっぷり浸かって
    聴いてみるのもいいかなと思いますね。

    さて最後にきましたよ!
    マイケル&ポールのSay Say Say♪
    一時はポールと本当に親交が深かったですね。
    ポールがマイケルが亡くなった時に、この曲について
    コメントを残していましたね。

    この曲は、ポールとマイケル、お互いが
    良い味を出していますよね。
    二人とも本当に若くて、エネルギッシュです。
    私も、マイケルのDVDはかなり見ているので、
    このPVも最近も楽しんでいた所です。

    名曲群を色々楽しませてもらいました(^^)/


    2009-11-30(Mon) 23:48 | URL | #- [ 編集 ]


  • 復帰おめでとうございます! from 流れ星→LIFEさん

    LIFEさん、こんばんは☆彡

    いよいよ、復活ですか待ち望んでいましたが
    残念ながらすれ違い状態ですね(笑)

    やっぱり、洋楽天国を楽しみにされている方も
    多いですからね、でも以外に早かったですね。

    いやいや、おめでとうございます。

    80年代デュエットソングを作り始めたら
    「キャデラック・レコード」のDVDの話が耳に入って
    いやーこれは是非レンタルで見たいなーって思いまして。

    80年代デュエットソングも色々ありますね、
    「エンドレス・ラブ」あたりも入れたいと思ったのですが

    結局、80年代のデュエットソングを思い浮かべると
    映画に関係する曲が頭に浮かんだので
    フットルース、愛と青春の旅だちからの紹介になりました。

    マイケル&ポールは最強コンビということで
    PVもしっかり凝った作りで、この時代は懐かしいですよね。

    2009-12-04(Fri) 18:01 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/177-318023f2

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。