プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)
[20091116]

1234868223_cover.jpg



フレディ・マーキュリー(Freddie Mercury, 1946年9月5日 - 1991年11月24日)は、イギリスのシンガーソングライターで、ロックバンドクイーンのリードヴォーカル・ピアニスト。本名は、Farrokh Bulsara(ファルーク・バルサラまたはフレデリック・バルサラ)。

めっきり寒くなった今日この頃ですが
皆さんはどうお過ごしでしょうか。

11月22日はいい夫婦の日で夫婦岩に向かって愛を叫ぼうなんて企画があったりして、
さてさて、11月24日はQUEENのヴォーカル、フレディマーキュリーの命日なんです。

昨年は11月に亡くなっていたのは知ってましたが何日だっけと気づいた日は23日で
とりあえず曲を流しましたが、クリスマス・イブの一ヶ月前と覚えて、
もし来年ブログが続いていれば記事を作って冥福を祈ろうと
思っていましたが、その日が来たようですね。

フレディ・マーキュリーその声に触れるたびに思うのですが凄いヴォーカリストですね。
その声は力強くて声域はとても広く、ライブにおいても存在感が抜群でバンドでも
一際輝いていました、すべてにおいて天才的な才能でした。

流れ星も高校の時にQUEENを見るチャンスがあり、見に行きましたが
非常に凝ったステージで楽しませていただきました。

フレディ・マーキュリー自身も親日家で、お忍びで来日した事もあったり、
日本の骨董を集めたりと日本とのつながりも深かったですね。

そして、この後命日は続きます、
11月29日がジョージハリスンの命日
12月8日がジョンレノンの命日

こちらは去年、記事を作って紹介しましたが、
今年は特に記事は作りません。

興味がある方はこちらに記事がありますので覗いてやってください。

♪ジョンレノン、ジョージハリスン♪

line04b_18.gif

続きからメイン記事となります、、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

freddie_mercury_105_convert_20091118225921.jpg

 

1973年、アルバム『戦慄の王女』でデビュー。その後、ソロ歌手としても活動していた。

1991年11月24日、HIV感染合併症によるニューモシスチス肺炎(旧名・カリニ肺炎)のため死去。45歳。

経歴

当時イギリス領だった、タンザニアのザンジバル島のストーン・タウンに、パールシー(10世紀頃、ゾロアスター教からイスラム教への改宗を拒否しインドに移ったペルシア系民族の末裔)の両親の間に生まれた。5歳の頃からピアノを習っていた。イギリス政府のために働く父の仕事上の理由でインドに移り住み、ボンベイ郊外の全寮制の高等学校に通い育った。いわゆる日本で言うところの帰国子女である。

Freddie-Mercury457.jpg 

その頃から数々のロックバンドを経験し、ピアノとヴォーカルを担当。一旦ザンジバルに戻った後、1964年に起きた内乱が元で家族揃って渡英。イーリング・アートカレッジに進学し、グラフィック・デザインを学ぶ。 クイーンに参加の当初からしばらくは、同じくメンバーのロジャー・テイラーと、ケンジントン・マーケットで古着屋を経営。 クイーンのデビュー直前、ラリー・ルレックスという名義でソロシングルを発売している。

クイーンの日本での人気を決定付けることになった雑誌『ミュージック・ライフ』の人気投票では、1975年度の10位を皮切りに1976年度から3 年連続で1位に輝き、1980年度にはキーボード・プレイヤーとして1位に、1981年度にはヴォーカリストとして再び1位に返り咲いている。

親日バンドとされるクイーンのメンバー中でも最も親日家で、来日公演時以外にも1986年秋にお忍びで来日して骨董品などを買い求めて行った。伊万里焼コレクターでもあった。新宿二丁目には生前行き着けのバーがあったという(出没!アド街ック天国2007年12月8日放送分より)。来日公演時のMCの半分は日本語だった。ロンドンの自宅には、日本庭園がある。アルバム『バルセロナ』の「La Japonaise」では歌詞の殆どは日本語だった。



I Was Born To Love You


80年代半ば、この頃からメディアにはHIVに感染しているのではないか、という憶測が頻繁に飛び交うようになったが、後述の永眠直前まで公式には否定し続けていた。頬にも髭を伸ばすようになったが、これは合併症のひとつであるカポジ肉腫を隠すためともいわれている(ただし、イニュエンドウを発表する頃には口髭まですべて剃っていた)。1990年から1991年には交流のあった人物がエイズにより他界。1991年11月23日、かねてより噂になっていたHIV感染を公表。

305093246_a419e70613_o.jpg

 

翌24日、HIV感染合併症のひとつであるニューモシスチス肺炎(カリニ肺炎)により死去。45歳という若さだった。 このため、1987年4月にかれが敬愛していたオペラ歌手、モンセラート・カバリェと録音し、1992年にバルセロナオリンピックの開会式にて2人で歌うことになっていたバルセロナは、ホセ・カレーラスが代役を務めた。

死後、遺言によりクイーンでもっとも売れた曲「ボヘミアン・ラプソディ」の印税をエイズ基金「テレンス・ヒギンズ・トラスト」に寄付。それを受けて再発されたシングルCDはイギリス史上初の同一曲2度の1位を獲得した。

フレディの遺言により、遺体は遺族により火葬され散骨された。その場所は明らかにされていないが、一説によれば、彼の自宅の庭に埋められているともされている。

残されたクイーンのメンバーが中心となり1992年4月20日、イギリス、ロンドンのウェンブリー・スタジアムでフレディ・マーキュリー追悼コンサートがおこなわれた。

2006年10月21日には、ドキュメンタリー映画「フレディ・マーキュリー~人生と歌を愛した男」が公開された。この映画はDVDとして発売されている。

FMA(Freddie Mercury Association)フレディ・マーキュリー基金というHIV感染症に関する治療費の寄付を募る団体が存在したが、2008年12月末日にて活動を休止した。
 

 Don't Stop Me Now

ミュージシャンとしてのフレディ

初期の自筆のバイオグラフィによれば、ジミ・ヘンドリックス、ビートルズおよびジョン・レノン、ロバート・プラント、ライザ・ミネリなどの名前を、好きなアーティスト、影響を受けたアーティストに挙げており、またクラシックの作曲家(パガニーニ、チャイコフスキー、ラフマニノフ、オペラ曲)などの名前を挙げることもあった。 クイーンでの担当楽器としてはピアノで、いくつかの例外を除きライヴでもプレイした。 クイーンのライヴにおいては、タンバリン、シンセサイザー、ギターなども曲によっては演奏した。 スタジオではこのほかにハープシコード、マラカスなどにクレジットされているが、個々の詳細については各アルバムのクレジット参照。

フレディの声域

5ioluagvaqkqgaao.jpg

 
ハード・ロック調の楽曲から、オペラのような楽曲などさまざまな曲調を歌い上げること、正確な音程、幅広い声域(4オクターヴとされている)、ライヴでのパフォーマンスなどから、世界最高のヴォーカリストの一人と評される。一方で、初期にはスタジオでの完璧とも言われる歌唱と対比して、ライヴでのフェイクを交えた歌唱とのギャップがあった。中期に入り、ボーカルレッスンによる、声帯に負担をかけにくくしつつもパワフルな歌唱に移行することでヴォーカリストとしての評価は確固たるものになっていった。

コンサートのオープニングで、歌唱以外での観客への呼びかけをすることにより、その日の喉の調子を推し量っている様子も見受けられ、比較的前半に演奏されることが多かった「愛にすべてを」のイントロでは、ピアノのアドリブを交えつつ、どの音域までスムーズに出せるかどうかといった試みもおこなっていたようである。

3bj4s62qgt21tg16.jpg

 

1980年リリースの『ザ・ゲーム』まではクイーンの代表曲の多くを作曲した。前述の「ボヘミアン・ラプソディ」だけでなく、「キラー・クイーン」「愛にすべてを」「伝説のチャンピオン」「バイシクル・レース」「愛という名の欲望」などは、クイーンの楽曲の作曲者クレジットが個人名義の時期の、フレディの代表的な作品である。 その後の個人名義での作曲は、過去の焼き直し的な曲もあり、曲数もほかのメンバーとの比率の面で初期と比較して少なくなっていった。

個人名義でのソロアルバムは実質的に1枚しか発表されておらず、後述の『Mr.バッド・ガイ』(1985年リリース)のみである。発売時の日本ではクイーンの人気は1970年代ほどではなく、シングル「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」がノエビア化粧品のCMに使われたものの、全盛期のクイーンのアルバムほどの売り上げではなかった。またCBSからのリリースであったせいか(クイーンは EMI)、死後もしばらくは廃盤になっていた。。(現在、Mr.Bad Guy 単体はソニーの運営するダウンロードサイト Mora で 全曲一括購入が可能)

firefoxscreensnapz00317.png他にオペラ歌手のモンセラート・カバリェとコラボーレートして、アルバム『バルセロナ』を発表している。 (1992年のバルセロナオリンピック開会式に、モンセラート・カバリエとこの曲で共演する予定であったが、フレディー本人の死去により、実現されなかった。)

その後、レーベルの垣根を越えた形で、シングル、未発表音源、リミックスなどを集めた編集アルバムなどがリリースされているが、唯一のオリジナル・ソロ・アルバムは現在でも単体では手に入りにくい。

非公式ではあるが、ジャクソンズとミック・ジャガーのヒット曲「ステイト・オブ・ショック」はフレディが歌ったバージョンも録音されている。また同時期に行ったセッションのなかにはソロアルバム『Mr.バッド・ガイ』に収録された「There Must Be More To Life Than This/生命の証」をマイケル・ジャクソンと共に歌うバージョンとマイケル・ジャクソンがソロで歌うヴァージョンが音源として残っている。

 

MICHAEL JACKSON  FREDDIE MERCURY
Than must be more to life than this


デザイナーとしてのフレディ 

前述の通り、イーリング・カレッジでグラフィック・デザインを学んだフレディは、初期の自筆バイオグラフィーで以前の職業の欄にイラストレイターと書き記している。ただし、仕事としてイラストを描いていたという記録は確認できていない。

クイーンのファーストアルバムの裏ジャケットには、のちに『オペラ座の夜』の表ジャケットとして知られる、真ん中に図案化したアルファベットのQの文字を配し、一番上に白鳥、その下にブライアン・メイの誕生星座である蟹、Qの両側にはロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンの星座である獅子を配し、自身の乙女座から妖精も加えたロゴ・マークをデザインした。 その後、このロゴ・マークは同じデザインで三枚のアルバムまで裏ジャケットに描かれ、『オペラ座の夜』、『華麗なるレース』では若干デザインを変更した形でジャケットを飾っている。次作『世界に捧ぐ』ではレコード盤の真ん中のレーベルのスペースに描かれた。これらのデザイン変更においてフレディ自身がその都度描き起こしたかどうかは定かではない。

アルバムジャケットのコンセプトという観点では、単独でクレジットされているものに『ホット・スペース』のジャケットがある。しかしながら『世界に捧ぐ』のジャケットのようにロジャーがイラストを見つけてきたというようなエピソードが残っている事例を除けば、グループの一員としてフレディの意見が反映されていることは想像に難くない。

5im2bfc6856imib6.jpg

 
衣装

初期のライヴでは主にザンドラ・ローズがデザインした衣装を着用。1970年代後半のライヴでは、レザースーツやタイツが多く使われ、上半身を露出したタイプのものが多い。1980年代に入るとTシャツ、タンクトップなどのシンプルな衣装になった。

 
フレディ・マーキュリーと猫ロンドン郊外の自宅

彼は愛猫家としても有名。ロンドン・ケンジントンの自宅、ドイツ・ミュンヘンの別宅で数匹の猫を飼っていた。アルバム『イニュエンドゥ』収録の「デライラ」は、かれが特に溺愛した飼い猫の「ディライラ」のために作られた曲。歌詞は猫へのメッセージで構成されており、曲中に猫の鳴き声(の真似)が聞こえる。 晩年は猫をプリントしたシャツを着用する写真が多く、イニュエンドゥのPVでも見られる彼のイラストや、「輝ける日々」のPVの彼の衣装(上記、猫プリントシャツ)にも猫が描かれている。

We Are The Champions


ソロアルバム

* Mr.バッド・ガイ(1985)

ボーン・トゥ・ラヴ・ユーの初出アルバム。

* バルセロナ(1988) スペインの世界的なオペラ歌手モンセラート・カバリェとのコラボレーション。
* ベスト・オブ・フレディ・マーキュリー(上記2作をまとめ、ボーナス・ディスクを加えた品)
* フレディ・マーキュリー・コレクション 1973~2000(2000)

2006年8月30日には、既発の曲を含め、それらをリミックスした曲も追加収録したCD「ヴェリー・ベスト・オブ・フレディ・マーキュリー」がリリースされた。

(Wikipedia)

v5mel8cv6n6sem8s457.jpg

 

スポンサーサイト

コメント
  • 洋楽オンチでも、知ってるんだなぁ from mick

    先日、FM放送でクイーンの特集やってたようで、仕事帰りに奥さんが、車の中で聞いてたようです。
    で、帰ってくるなり、クイーンの曲って持ってる?って聴いてきたんで、ミーハーに流行った有名な曲なら盛ってるで・・・って答えました。
    フレディ・マーキュリー及び、クイーンの曲を、早速ピックアップしてCD焼いて奥さんに渡しましたが、奥さんから、クイーンの曲が出るとは以外でしたね。
    やっぱり、クイーンは日本では、すっかりポピュラーなグループだったんですね。
    何が言いたいのかのかといいますと、洋楽オンチの、我が奥さんでも、聞きたい・・・と言い出すところが、ほうほう、ポピュラーなんやと、変に関心したのですよ。

    2009-11-22(Sun) 14:18 | URL | #- [ 編集 ]


  • よき思い出があると思います! from 流れ星→mickさん

    mickさん、こんばんは☆彡

    今日は凄い寒いですね、
    体の芯から冷え切ってます。

    mickさんの奥さんはおいくつぐらいか分かりませんが
    流れ星の世代で洋楽人気の絶頂はクイーン、キッス、エアロスミスが
    ロック3大バンドと言われていた時代でしたが
    特にクイーンは女性に圧倒的な人気でしたね。

    フレディは別としても(笑)
    他の3人は結構、容姿的にもいいですからね、
    最初に火が付いたのは日本でしょうね。

    それにしても、mickさんもクイーンの曲は持っているんですね、
    70年代の洋楽聴いていたらこのバンドの名前は知らない人は
    いないでしょう。

    もっと凄かったのがベイ・シティ・ローラーズですが、
    中学時代にアルバムを流れ星が持っていると耳にした
    女の子が普段は洋楽なんて聴かないのに貸してくれって(笑)

    貸したらたらいまわしでアルバムどこかで無くなって
    帰って来ませんでしたからね、いやいや驚きでした!

    mickさんの奥さんもきっとクイーンのよき思い出があるのでしょうね。

    2009-11-22(Sun) 18:10 | URL | #- [ 編集 ]


  • from スモモン

    流れ星閣下、こんばんは~!

    オッ!今回は一年越しの企画なんですね(^ー^* )

    これまでロックとは縁が薄くて、QUEENの曲もよく知らない私だけど
    フレディ・マーキュリーの声はしっかりと脳裏に刻まれてます!

    昔、CMで流れていた"I Was Born To Love You"を聴いて
    思わず耳が釘付けになったんですよねぇ。
    この透明感のある、爽快過ぎる声!惚れ惚れしちゃいます。
    閣下はライヴに行かれたんですね、羨ましい~。

    閣下は他にも、たくさんのアーティストのライヴに行かれてますよね。
    ほーんと羨ましい!
    ここ北海道じゃ、来てくれるアーティストも限られているし、
    こちらから首都圏に出向くのも大変だし、なかなか機会が無くて
    寂しいっす(涙)

    でも昔と違って、今はYouTube等で、世界のあちこちで行われた
    ライヴ映像を見られるのが、せめてもの救いですねぇヽ(=´▽`=)ノ

    2009-11-22(Sun) 20:40 | URL | #ncVW9ZjY [ 編集 ]


  • すっかり寒くなりましたね from 流れ星→スモモンさん

    スモモンさん、こんばんは☆彡

    一年越しと言われると確かにそうですね、
    やっぱり、フレディは流れ星にとっても非常に大切な
    アーチストですからね、青春時代に聴いた中でも
    QUEENは一際輝いてますよ。

    「I Was Born To Love You」この曲が改めて
    QUEENを知らない世代の方にアピールして
    このバンドの存在を改めて認識されました。

    そうなんですよね、地理的にライブ参戦したくても
    出来ない方は悲しいですよね。

    確かに70年代後半から80年代前半のライブには
    鬼のように行ってましたね(笑)

    YouTubeのおかげで世界中のライブを拝見出来ますからね
    洋楽好きにはたまらない時代になりました。

    2009-11-22(Sun) 21:01 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは
    フレディ・マーキュリーは素晴らしボーカルでしたね。
    実はクイーンが大好きだった頃はブライアン・メイにばかり注目していましたが、
    その後、ボーン・トゥ・ラヴ・ユーなどの曲を聴くたびに、素晴らしいなぁって
    思いました。 ちょっと遅いか・・・(^^;)
    いまでもCMに出てきますよね。

    LIFEさんのところでも話題になりましたが、クイーンの再結成コンサート、
    ポール・ロジャースも実力あるボーカリストだと思いますが、
    フレディの代わりではなく別に考えないとだめですね。

    ピアノの上にペプシとビールが乗っていますが、どっちも飲んでいたのかな。
    どうでもいいことに気になってしまいました・・・


    2009-11-22(Sun) 22:56 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • スーパーバンド from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、こんばんは☆彡

    ちびたさんもクイーン党でしたか、
    ブライアンメイの存在も忘れてはいけませんね。

    いいバンドはヴォーカルとギターに魅力があるのが、多いですよね
    作曲的にもスムーズにいくのかな。
    ギターテクニックも当時としては一歩進んでましたね、
    愛用のハンドメイドのギターがトレードマークでした。

    今回記事を書く事になって随分フレディの曲を聴いてきましたが
    あれもこれも紹介したくて、改めて凄い人だと再認識しましたよ。

    ポール・ロジャースは最初はQUEENに合うのかと思ってましたが
    結構これはこれでまとまってましたね。

    不思議と違和感が無かったですよね。

    クイーンは間違いなく70年代、80年代を駆け抜けたスーパーバンドでした!
    改めてフレディマキュリーに感謝とありがとうと言いたいです。

    2009-11-22(Sun) 23:36 | URL | #- [ 編集 ]


  • 良い思い出ないんですよ~ from Keith

    当時付き合っていた彼女が、大のクイーンファンでしてね、それもフレディ・マーキュリーのね。

    然し、もめ事がありまして、結局別れたのです。その別れ方が、いやな思い出としてトラウマとして残っているのです。

    それがなければ、クイーンも気持ち良く聴けたのになぁ。音楽性の高さは、認めます。
    だけどトラウマがあって、今でもダメです。すみません。

    2009-11-23(Mon) 09:51 | URL | #- [ 編集 ]


  • クイーンの思い出か? from mick

    私の奥さんは、ベイ・シティ・ローラーズのアルバム持ってますね。ファンだったようです。
    クイーンの思い出・・・・あるかもしれませんね。
    私には、多分、内緒の秘密でもあるかもしれませんわ。

    2009-11-23(Mon) 12:06 | URL | #- [ 編集 ]


  • フレディー!! from JUNE@vo/p

    流れ星さん☆彡 こん**は!
    ご,ご無沙汰してます。
    もう今年は途中本当に Blog も止めちゃおうかな
    なんて何度も思ったのですが
    何とか保ってます。
    また覗きに来ますね!!

    それにしても やはりフレディ^は天才!!


    2009-11-24(Tue) 07:26 | URL | #7SQNuQME [ 編集 ]


  • コメント有難うございます。 from 流れ星→Keithさん

    Keithさん、どうもありがとうございます☆彡

    アーチストも色々な思いあたえているのですね、
    いえいえ、いいのですよ誰にでも思いはあります。

    父の体調がかなり悪いので簡単なコメントすみません。

    2009-11-24(Tue) 08:44 | URL | #- [ 編集 ]


  • コメント有難うございます from 流れ星→JUNE@vo/pさん

    JUNE@vo/pさん、こんにちは☆彡

    久しぶりに覗いていただけてすごくうれしいです。
    フレディもほんとに流れ星にとっては
    大切なアーチストです。

    父の体調が悪くなりました、簡単なコメントですみません。

    2009-11-24(Tue) 08:48 | URL | #- [ 編集 ]


  • コメント有難うございます from 流れ星→mickさん

    mickさん、こんにちは☆彡

    奥さんベイ・シティ・ローラーズお好きだったんですね、
    当時はほんとに凄かったですからね。

    改めてのコメントうれしいです。
    父の体調が悪くなりました、簡単ですがすみません。

    2009-11-24(Tue) 08:55 | URL | #- [ 編集 ]


  • from hirokun

    おはようございます♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます(^^♪
    うまく更新情報が反映されなくて、すっかり出遅れてしまいました。
    天才という言葉は、彼に対してあるような言葉だと
    思いますね。
    もうロックとかのジャンルを越えた、音楽を愛するものにとって影響の多いアーティストですね。
    ミュージシャンの一面しか知りませんでしたが、デザイナーとしても活躍されていたんですね。
    マルチな才能を、もっと長く感じていたかったですね。

    2009-11-24(Tue) 09:53 | URL | #- [ 編集 ]


  • コメント有難うございます from 流れ星→hirokunさん

    hirokunさん、こんにちは☆彡

    いつも、コメント有難うございます。
    フレディの才能は凄いですよね、
    彼が生きていたらロック界も違った事になったかも知れませんね。

    それぐらい、影響力を持ったアーチストです。

    実は昨日父が入院して今日は仕事はお休みにしました、
    しばらくブログもお休みします。

    皆さんのコメントがささえになってます、ありがとうございます。

    2009-11-24(Tue) 11:58 | URL | #- [ 編集 ]


  • 無理しないでください from mick

    流れ星さん 
    お父様大変ですが、流れ星さんも、あまり無理しないでくださいね。
    私も、昨年は、母の看病と仕事で、大変な時期をすごしました。
    お気をつけてください。

    2009-11-24(Tue) 12:11 | URL | #- [ 編集 ]


  • from アルトラマン

    ドン ストップ ミー ナウ が好きだった。
    ジャズのアルバムが好きだった

    2009-11-24(Tue) 14:52 | URL | #- [ 編集 ]


  • クイーンといえば from BILLY

    こんばんは!

    コメントが遅くなりスイマセンでした。最近ブログと疎遠になり家でPCの前に座る日がほとんど無い状態です。

    いろいろコメントしようと思いましたがお父様の容態が心配ですので、短めで失礼します。

    クイーンと言えば私の中では流れ星さんとオッチャンが師匠となっております。今回はたくさんの秘蔵映像&画像を拝見できて流れ星さんの思いが伝わってきました。

    中でもマイケルジャクソンとのショット&動画は感動しました。

    お父様の回復をお祈りいたします。

    2009-11-24(Tue) 19:52 | URL | #- [ 編集 ]


  • 有難うございます。 from 流れ星→mickさん

    mickさん、こんばんは☆彡

    無理はしていません、
    勇気づけられ励まされ気持ちにゆとり出来る
    コメント有難うございます。
    おそらく、mickさんが一番このブログを覗いてくださる
    方だと思ってます。
    23日と24日と2回にわたり手術が終わりました、
    今のところよい方向に行ってます。

    皆さんそれぞれに問題を持って生きていられるんですよね、
    ここが一つの試練だと思ってます。

    コメント書く事により気持ちがすっきりするので
    書かせていただました。

    ブログに戻れないといっても
    やっぱり、このブログは我が家ですから
    チェックしちゃうのですよ。

    2009-11-24(Tue) 20:35 | URL | #- [ 編集 ]


  • 初コメ有難うございます from 流れ星→アルトラマンさん
    アルトラマン さん、始めまして☆彡

    ドン ストップ ミー ナウは流れ星も好きです。

    アルバムのジャズですね、ドン ストップ ミー ナウも
    アルバムに入ってますね。
    あとはバイシクル・レースが印象に残ってます。

    流れ星もLPで持ってますよ。

    初コメうれしかったです。

    2009-11-24(Tue) 20:47 | URL | #- [ 編集 ]


  • 有難うございます from 流れ星→BILLYさん

    BILLYさん、こんばんは☆彡

    有難うございます。
    皆さんのコメントから元気をいただいてます、
    そうなんですよ、おっちゃんが一番思い入れが強いでしょうね、
    なんとなく疎遠になってしまって。

    流れ星もブログ疎遠なるのはそれでいいと思いますよ。
    やはり実生活の方が大切ですからね。

    流れ星はコメントする事により、すっきりするので書いてます。

    記事を見てなんかを感じていただければ幸いです。
    QUEENは中学時代の思い出のバンドですから、
    やっぱり、記事を作ってよかったと思ってます。

    父の事心配していただき有難うございます。
    一山越えました。

    2009-11-24(Tue) 21:06 | URL | #- [ 編集 ]


  • どうか山を乗り切って下さい。I,ll cover you! from Keith

    お父様の手術を聞きまして、ビックリしました。
    一山超えられたとのことですが。

    ご家族一族の皆様方の心労にも、お気を付け下さい。
    術後に、親族の方で体調を崩す方も見受けられます。張り詰めた一本の糸がプツンと切れるように。

    流れ星さん他一族の皆様方のご健康もお祈りしています。

    2009-11-25(Wed) 19:43 | URL | #- [ 編集 ]


  • 皆さんに感謝です。 from 流れ星→Keithさん
    Keithさん,こんばんは☆彡

    名前も知らない、顔も知らないブログのつながりで
    これほど心配していただけるなんて、本当にありがたいです。

    書く事によって気持ちが整理できますので書かせていただきます。
    手術もやるべき事はすべて終わって、あとは一日一日様子待ちの状態ですが
    少しずつよき方向に向かってますのでありがたいです。
    道のりは長いですが父とともに頑張っていきたいと思ってます。

    皆さんそれぞれに流れ星なんかよりずっと苦労されている方が
    いらっしゃるのですからね。

    流れ星なんかほんとにあまちゃんです。

    一番仲のいい父の妹さんから、説教されました。
    言われる事もっともなんでいい転機になったなーっと思ってます。

    もう一度自分を見つめるいい機会になったと思います。

    ヘビメタ、歌姫はやめると流れ星で無くなっちゃいますから
    やめませんが(笑)

    やっぱり流れ星は音楽で救われいるのだと思いますね。

    ほんとに皆さん親身に心配して頂き感謝と同時に
    有難うございます。

    2009-11-25(Wed) 22:53 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ももPAPA

    流れ星さん 輝々です。

    音楽ブログのほうが、半ば放置状態になってしまっています。(別ブログの記事UPをコツコツやってます;;汗)

    フレディマーキュリー凄い人だなって改めて感じました。まさにアーティスト・・って言葉がぴったりですね。歌声を聴くたびにそう思います。

     お父様の体調・・1日も早いご回復を祈っています


    2009-11-26(Thu) 00:41 | URL | #Wgi4adpQ [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星さん こちらにもお邪魔です♪

    フレディの命日でしたか!最近は自分もパニクっていて
    視野が狭くなっているでしょうか(苦笑)

    フレディが亡くなった時、正直QUEENは終わりだと
    思ってしまうほど、衝撃でしたね。

    パワフルかつ爽快なフレディのVoに変わるVoは存在しない
    と思ってしまうほど、個性的で抜群の歌唱力ですよね。

    マイケルとのThan must be more to life than this は
    今となっては、超レアな曲ですね♪笑

    この二人の2大アーティストのコラボはお宝ものです^^

    今もフレディの残した名曲は、生きていますから
    素晴らしいことですよね。
    今年は、マイケル・ジャクソンという、あまりに大きな
    巨星が亡くなって、私も本命様のリリースが立て続けに
    あったのに、マイケルの世界から脱け出せないです^^;

    また、フレディもそうしたファンが多いですよね^^
    語り継がれるべき天才アーティストですね。

    ブライアン・メイやロジャー・テイラーにも称賛を贈りたいです(^^)

    2009-12-01(Tue) 00:14 | URL | #- [ 編集 ]


  • コメント有難うございます。 from 流れ星→諸星輝々さん

    諸星輝々さん、こんばんは☆彡

    お久しぶりでございます、
    色々あってコメ返しが遅くなりました。

    父の事ご心配くださって有難うございました。

    11月26日に天国に旅立つ事が出来ました。
    父の葬儀が終わった後から、今度は流れ星が
    体調を崩して入院中なんですよ(笑)

    今日は外泊の許可が出たので久しぶりに
    パソコンの前にいます。
    あと一週間ほどで退院出来ますので心配しないでくださいね。

    フレディの記事は去年から作りたかった記事なので
    紹介出来てよかったです。

    唯一無二の存在である事は皆さんがご承知でしょうね。

    マイケルジャクソン、ジョンレノンと同じぐらい評価が
    あってもいいアーチストだと思います。

    2009-12-04(Fri) 17:42 | URL | #- [ 編集 ]


  • 毎日ヘビメタ談義 from 流れ星→LIFEさん

    LIFEさん、こんばんは☆彡

    こちらにも有難うございます。
    フレディ・マーキュリーから命日が続いておりますが
    父も11月26日に天国へと旅立ちました。
    めでたい旅立ちの日と受け止めておりますが
    今度は私も入院しております(笑)

    外泊の許可が出ましたので久しぶりにブログを
    覗く事が出来ました。
    さいわい、来週中に退院出来そうです。

    >マイケルとのThan must be more to life than this
    そうなんですよ、これはレアですよね。
    マイケル、フレディの歌声は独特の奮起気と
    やさしさを含んでいますね。

    今頃は二人で歌っているのでしょうか(笑)

    PS
    やっぱり、流れ星の周りには洋楽ツウが集まるのでしょうか、
    30歳半ばで「ストラトヴァリウス」のコピーバンドで
    ベースを弾かれている方とお友達なりました。

    ボン・ジョヴィ大好きだそうです。

    毎日がヘビメタ談義です(笑)

    2009-12-04(Fri) 19:10 | URL | #- [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星さん 入院と聞いて心配でお邪魔しました。

    そうですか・・・お父さんも・・・
    生きている以上、いつかは訪れるものの
    親はいつまでも元気でいてほしいのも本心ですね。

    流れ星さん 来週には退院できるのですか。
    無理しないで、大事になさってくださいね。

    しかし、病院でも洋楽談義とは
    流れ星さんらしい(笑)
    ちょっと安心しました^^

    ポケモン息子さんのためにも
    今はゆっくり休んで、元気な流れ星さんに
    なってくださいね。

    私もバタついて、更新も真夜中とか
    めちゃんこマイペースです:笑
    Lifeはいつでも待っておりますので(^^)/

    では本当にお大事に★

    2009-12-05(Sat) 01:55 | URL | #- [ 編集 ]


  • 音楽談義 from 流れ星

    LIFEさん、こんにちは☆彡

    もう少ししたら、病院に行きますが
    今は喪中はがき作りとかして外泊で我が家にいます。

    ほんとに病院でヘビメタ談義するとは思って
    いませんでしたね。
    毎日3時間4時間のお話ですよ(笑)

    友達も出来て、楽しい病院生活になってますよ

    その方も音楽で人生救われたとおっしゃってましたね。
    流れ星もですが!

    皆さんとゆっくり交流出来る日が来ることを願いつつ
    コメント有難うございました。

    2009-12-05(Sat) 15:37 | URL | #- [ 編集 ]


  • from jil

    お父様のご冥福をお祈りいたします。

    お父様がいなければ流れ星さんにも出会えなかった。お父様に感謝です。

    流れ星さんが入院されている事を知ってビックリしました。
    出来るだけ無理をしないで大事になさってくださいね。

    2009-12-06(Sun) 01:49 | URL | #- [ 編集 ]


  • お大事に・・・ from Shannon@Feel Fine

    流れ星さん、こんにちは。

    お話の流れから・・・

    お父様が11月に・・・
    その上、流れ星さんまで入院を・・・

    そういえば、私のブログ関係の方で、
    この10月、11月にお父様を亡くされた方が3人もいらして、
    寂しいお話が多かったんです。
    で、今日伺ったら、こちらでも・・・
    季節の変わり目などいろいろあったこととは思いますが、
    やはり身近な人が亡くなるのは辛いものだと感じました。

    ゆっくり休養なさってくださいね。

    あ、このコメントへのレスはお気遣いなく・・・


    2009-12-06(Sun) 16:16 | URL | #Anv/byv2 [ 編集 ]


  • ご回復お祈りしています from 諸星輝々

    そうだったのですね。
    お父様のご冥福を心からお祈りいたします

    輝々も父を5年ほど前に亡くしました。母はもう12年前になります。
    歳を重ねていくたびに、もっと親孝行しておけばよかったって、ふと思うことがあります。

    流れ星さん どうかご無理をなさらないで、ゆっくり療養なさってくださいね。
    そして、1日も早いご回復、祈っています。
    流れ星さんと、これからも時間が続く限り、ブログ仲間でいさせていただきたいと思っています。

    またステキなブログ・・訪問させてくださいね。


    2009-12-07(Mon) 00:08 | URL | #Wgi4adpQ [ 編集 ]


  • 無念です!流れ星さん。でも頑張らなくちゃ! from Keith

    今日はJ・レノンの命日。朝ふとブログを除いて見たら、絶句・・・・言葉がでませんでした(涙
    今やっと少しコメントできます。

    お悔やみ申しあげます。後の言葉が続かない。
    又流れ星さん自身も、体調崩されたとか。
    どうか、ゆっくり「心の安静と整理」をして下さい。

    実は、私も10年前に父をガンで、翌年には母を亡くしているのです。だから肉親の死を身を持って体験してるので、流れ星さんと共通の体験をしてるのですね。

    十分養生して、そして又頑張らなくちゃあ!
    流れ星さん、まだ若いんだもの。まだまだですよ。
    偉そうな事、言ってすみませんでした。

    2009-12-08(Tue) 17:43 | URL | #- [ 編集 ]


  • 皆さんと交流していてよかった! from 流れ星→jilさん

    jilさん、こんばんは☆彡

    やっと、我が家に戻る事が出来ました、
    思ったより、早く退院出来ました。

    うちの父には本当に最高の父でした、
    今はただただお参りをして
    心の中でお話をするしかありませんが、
    最後の最後まで親孝行出来ませんでしたね。

    確かに父がいなければ皆さんとこうして
    交流する事も無かったのですね。

    コメント有難うございます、
    救われました!

    2009-12-10(Thu) 16:52 | URL | #- [ 編集 ]


  • ありがとうございます from 流れ星→Shannonさん

    Shannonさん、こんばんは☆彡

    お久しぶりですね。

    いやー人生色々ありますね、
    父の事も私の事も連続ですからね。

    退院してちょっと落ち着きました、
    有難うございます。

    病院でヘビメタ語れる方と出会いました。
    メガデスが大好きだそうで
    流れ星が行ったメガデスのライブとその方もライブに
    何回かいらっしゃって、アルバムも全部持っているようですね。

    毎日がヘビメタ談義でした(笑)

    2009-12-10(Thu) 17:00 | URL | #- [ 編集 ]


  • 有難うございます from 流れ星→諸星輝々さん

    諸星輝々さん、こんばんは☆彡

    どうもどうもいつもコメント有難うございます。
    諸星輝々さんもご両親亡くなってみえるのですね。

    いつかは別れが来ますが、流れ星は新しい出発と
    思ってめでたい事と受け止めてます。

    諸星輝々さんのように音楽の大先輩
    そして、パープルの全盛期のライブにいかれた方
    お仲間として加えていただいてうれしいですね。

    今度はピンクフロイドですね、
    このピンクフロイドのライブだけは流れ星のライブ
    経験の中でも別格中の別格ライブでした!

    そちらにもまたお邪魔します。

    2009-12-10(Thu) 17:09 | URL | #- [ 編集 ]


  • 顔晴ります! from 流れ星→Keithさん

    keithさん、こんばんは☆彡

    親身に心配いただいて有難うございます、
    keithさんも同じような体験なさっているのですね。

    翌年には母を亡くされているんですね、
    ご冥福お祈りします。

    今年は政治経済が激動の時を向かえ
    流れ星自身にとっても転換の時期を迎えたと
    心より思ってます。

    やはり皆さんのコメントを読んで答える事により
    気持ちが整理出来ていると感じます。

    退院して今は自宅療養をして、ゆっくり落ち着いたら
    また皆さんとの交流が出来ればいいですね。

    そうですね、顔晴ります。
    いや、ある本で頑張る→顔晴る
    こちらの方が元気でますよね(笑)


    2009-12-10(Thu) 17:24 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/178-17a89574

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。