プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)
[20140322]
バックス


バックストリート・ボーイズ(Backstreet Boys)は米国の5人組ポップ・アイドル。

皆さん、こんにちは

朝晩はちょっと寒いのですが、日中の暖かさは春が来たのを
感じさせてくれますね。

桜前線ももうすぐでしょうか、楽しみですね。

流れ星のポケモン息子も4月からは小学6年生で
相変わらず遊ぶことばかり考えています、
困ったことですね(笑)

今回の紹介はバックストリート・ボーイズなんですが
バンド名が長いのでバックスとか略して言われることが多いですね。

その清涼感ある歌声はバックスの特徴でメロディも美しく魅了させられます。

そんなバックスなんですが2013年10月11日さいたまスーパーアリーナ公演を全曲収録した
、5人初のジャパン・ツアーBlu-ray・DVDが2014年3月28日にリリースされます。


line04b_18.gif

続きからメイン記事となります、、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。





略称はBSB。日本では主にビーエスビーやバックスと呼ばれている。1995年デビュー。アルバム総売上7500万枚を超えるスーパーボーイズグループ。代表曲は「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」、「シェイプ・オブ・マイ・ハート」、「エヴリバディ」など。

バックス1
来歴

1993年4月20日に結成し、1995年に「ゴーイン・オン」 でデビュー。グループ名は結成当時オーランドで人気のあったフリー・マーケット「バックストリート・マーケット」(Backstreet Market)から取ったもの。

リードヴォーカルは各自とっているが、ややニックとブライアンとA.J. が多い傾向にある。メンバーの出身地は様々だが、グループとしてはフロリダ州が本拠地。ダンサブルなポップサウンドと、アカペラもこなす実力で、ヨーロッパや日本で絶大な人気を得た。

アメリカでは「ノー・ファン時代」も経験したが、ヨーロッパの人気をひっさげ本国に凱旋。本国でのデビューアルバム(日本やヨーロッパで発売された1st『バックストリート・ボーイズ』と2nd『バックストリーツ・バック』の二枚組)を発売。勢いに乗ってアメリカツアーが行われようとしていた矢先の1998年にブライアンの持病であった心臓病が悪化し、手術の先延ばしはもう出来ないとの見解から心臓手術を受ける。執刀医はアーノルド・シュワルツェネッガーの心臓手術も担当した医師であり、手術は無事に成功をした。この年は、メンバーのハウィーの姉キャロライン、BSBサウンドをデビュー当時から一緒に作ってきた音楽プロデューサーのデニス・ポップが病気で他界しており、「天国と地獄を味わった時期」と『ローリング・ストーン』誌のインタビューに答えている。

その後、1999年にアルバム『ミレニアム』を発売する。このアルバムは彼らにとっての、初の全米アルバムチャートNo.1に輝いた作品となった。さらに次作の『ブラック・アンド・ブルー』も全米アルバムチャートでNo.1に輝いた。日本でもこれらの2作品は連続ミリオンヒットとなり社会現象に発展し、名実ともに史上最大のスーパーグループとなった。2001年には初のベストアルバムとなる『グレイテスト・ヒッツ- チャプター・ワン』をリリースし、日本では150万枚を超える空前のヒットを記録する。

ニックのソロ活動などを経て、2004年に3年ぶりとなる来日公演を行う。2005年にオリジナルアルバムとしては5年ぶりのアルバム『ネヴァー・ゴーン』をリリース。全米では再びミリオンセラー、日本でもスマッシュ・ヒットを記録した。

2005年から2006年にかけては『ネヴァー・ゴーン』の発売に合わせた世界ツアーを行い、日本でも東京・大阪でライブを行い好評を博した。

その他では、すでにソロ経験のあるニックを追って、ブライアンも2006年6月にソロアルバム『ウェルカム・ホーム』を発売。A.J. もソロ活動を開始する予定。ソロ活動以外にもメンバーはチャリティやミュージカルなどさまざまな場面で活躍している。

2006年6月23日、ケヴィンが脱退。その理由は、「メンバーにいる限り達成できない夢を叶えるため」だという。

2007年には『ネヴァー・ゴーン』から2年振りとなる待望の新作『アンブレイカブル』が10月24日に日本先行で発売された。この作品はグループ初となるオリコンチャート2週連続首位を獲得したが、全米では7位、全英では21位など世界的なセールスは大きく失敗に終わった。

A.J. は毎回来日する度に、親友のTOKYO HIROにタトゥーを入れてもらっている。ニックやブライアンも彼のデザインがお気に入りで入れてもらっているが、大半の時間をA.J. に取られるので「あまり入れてもらえる時間がない」と嘆いている。

2008年2月16,17日にワールドツアー日本公演のため来日。東京ドームでライブをし、大成功を収めた。

2009年9月30日にニューアルバム『ディス・イズ・アス』が発売された。

2010年2月に日本公演のため来日、18日には武道館でライブを行った。

2012年4月にロンドンでケヴィンが復帰すると発表。

2013年公開の映画『ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日』にカメオ出演した。

2013年7月24日にアルバム『イン・ア・ワールド・ライク・ディス』発表。

I Want It That Way



メンバー

* ニック(Nick 1980年1月28日 - )

ニコラス・ジーン・カーター(Nicholas Gene Carter)
ニューヨーク州ジェームズタウン出身
弟のアーロン・カーター(Aaron Carter)はソロで音楽活動中である。

* ハウィー・D.(Howie D. 1973年8月22日 - )

ハワード・ドゥエイン・ドロー(Howard Dwaine Dorough)
フロリダ州オーランド出身

* A.J.(A.J. 1978年1月9日 - )

アレキサンダー・ジェームズ・マックリーン(Alexander James McLean)
フロリダ州ウェストパームビーチ出身

* ブライアン(Brian 1975年2月20日 - )

ブライアン・トーマス・リトレル(Brian Thomas Littrell)
ケンタッキー州レキシントン出身

脱退メンバー

* ケヴィン(Kevin 1971年10月3日 - )

ケヴィン・リチャードソン(Kevin Scott Richardson)
ケンタッキー州レキシントン出身
ケヴィンとブライアンは従兄弟である。

バックス2

ディスコグラフィ

詳細は「バックストリート・ボーイズの作品」を参照
アルバム

バックストリート・ボーイズ - Backstreet Boys(1996年11月21日)
バックストリーツ・バック - Backstreet's Back(1997年8月1日)
ミレニアム - Millennium(1999年4月28日)
ブラック・アンド・ブルー - Black & Blue(2000年11月15日)
グレイテスト・ヒッツ・チャプター・ワン - The Hits: Chapter One(2001年10月24日)
ネヴァー・ゴーン - Never Gone(2005年6月8日)
アンブレイカブル - Unbreakable(2007年10月24日)
ディス・イズ・アス - This Is Us(2009年9月30日)
イン・ア・ワールド・ライク・ディス - IN A WORLD LIKE THIS(2013年7月24日)

シングル

ゲット・ダウン - "Get Down (You're the One For Me)"(1996年11月21日)
ゴーイン・オン - "We've Got It Goin' On"(1997年1月22日)
クイット・プレイング・ゲームス - "Quit Playin' Games (With My Heart)"(1997年4月23日)
エヴリバディ - "Everybody (Backstreet's Back)"(1997年8月1日)
君が僕を愛するかぎり - "As Long As You Love Me"(1997年10月22日)
オール・アイ・ハフ・トゥ・ギヴ - "All I Have To Give"(1998年7月8日)
アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ - "I Want It That Way"(1999年4月27日)
ラージャー・ザン・ライフ - "Larger Than life"(1999年9月29日)
ザ・ワン - "The One"(2000年7月5日)
シェイプ・オブ・マイ・ハート - "Shape Of My Heart"(2000年11月1日)
ザ・コール - "The Call"(2001年2月7日)
モア・ザン・ザット - "More Than That"(2001年6月6日)
ドゥラウニング~なんでこんなに好きなんだろう - "Drowning"(2002年10月23日)
インコンプリート - "Incomplete"(2005年5月25日)
ジャスト・ウォント・ユー・トゥ・ノウ - "Just Want You To Know"(2005年8月24日)
アイ・スティル... - "I Still..."(2005年12月21日)
インコンソーラブル - "Inconsolable"(2007年9月17日)
ストレート・スルー・マイ・ハート - "Straight Through My Heart"(2009年9月9日)
イン・ア・ワールド・ライク・ディス - "IN A WORLD LIKE THIS"(2013年7月3日)

日本公演

2001年
11月19日, 20日, 21日 東京ドーム, 23日 ナゴヤドーム, 25日 大阪ドーム
2004年
9月29日, 30日, 10月1日, 2日, 3日 国立代々木競技場第一体育館
2006年
1月7日, 8日 東京ドーム, 10日 名古屋レインボーホール, 12日 大阪ドーム
2008年
2月16日, 17日東京ドーム
2010年
2月5日, 6日, 7日 さいたまスーパーアリーナ, 9日, 10日, 11日神戸 ワールド記念ホール, 14日, 15日名古屋日本ガイシホール, 17日東京国際フォーラムホールA, 18日日本武道館
2013年
10月2日,3日,名古屋日本ガイシホール,5日浜松アリーナ,7日広島グリーンアリーナ,8日福岡国際センター,11日,12日,13日さいたまスーパーアリーナ,15日,16日神戸ワールド記念ホール,17日東京国際フォーラムホールA

Shape Of My Heart



(Wikipedia)
スポンサーサイト

コメント
  • from ちびた

    こんにちは

    いいですね。バックストリート・ボーイズ!

    「I Want It That Way」なんて、いまでも
    週末のTOKIO HOT 100 Chartなんかで
    時々流れているような気がします。
    クリスペプラーの曲紹介の声が聞こえてきそう。

    でも1999年の曲なんですね、結構古いな(汗)
    FM(J-Wave)のホームページで見たら1999年
    の年間チャート第4位でした。

    Straight Through My HeartもいまだにFMで流れます。
    こちらは2009年、やっぱり少し前ですね。
    すごく心地良い曲なので耳に残っているんでしょうか(笑)



    2014-03-22(Sat) 17:21 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • from 流れ星→ ちびたさん

    ちびたさん、こんにちは

    バックストリート・ボーイズお気に入りなんですね、
    流れ星もいっぱい記事作っている割にはお初のバンドなんですよ。
    自分でも不思議なんですけれどもね。

    "I Want It That Way"は定番中の定番で全くベタな選曲なんですが、
    でもそれだけの魅力がある曲なんですよね。

    年間チャート第4位はすごいと思いますよ。

    FMでよくかかる選曲なのもうなずけますね。

    "Straight Through My Heart"もサビの部分が
    すごく印象に残る名曲ですよね。


    2014-03-22(Sat) 18:24 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ももPAPA

    流れ星さん こんばんわ🎵

    バックストリート ボーイズ 滲みます!
    彼らのVocal ハーモニーはほんとに美しくて、聴いてて心地よく、そして安心して聴いていられますね

    デビューは93年なんですね。
    何だかもっとあとのような気もするんですが、時の経過が早すぎるんでしょうね きっと・・
    あのハーモニーにますます磨きがかかってきて、もっともっと活躍してほしいユニットですね♪ 

    2014-03-25(Tue) 00:26 | URL | #Wgi4adpQ [ 編集 ]


  • from 流れ星→ ももPAPAさん

    ももPAPAさん、こんにちは

    コメント有難うございます。

    バックスの歌声どの曲も光り輝いてますね、
    心にしみる歌声はバックスの魅力でもありますね。

    バックスの活動歴も長くなりましたね、
    結成20周年なんですよ。

    最初は日本、ヨーロッパから火がついて
    その後から本国に火がつきましたね。

    ジャパン・ツアーBlu-ray・DVDも気になりますね、
    実はこれ2枚組で全編収録なのも魅力です。

    現在HMVランキング、Blu-ray・DVDで1位と2位なんですよね、
    やっぱり根強い人気のあるバンドですね。

    2014-03-25(Tue) 17:50 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/191-bce5e96c

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。