プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

アース・ウィンド・アンド・ファイアー
[20100212]

6a00c22527604f8e1d00e398b1f76a0002-500pi.jpg

 

アース・ウィンド・アンド・ファイアー (Earth, Wind & Fire) はアメリカの伝説的なファンクミュージック・バンドである。

皆さん、こんにちは

少しずつですが春の花も芽吹いてきましたね。
春の訪れ、もう少しですね。

 今回はファンキーソウルミュージックのアース・ウィンド・アンド・ファイアー です。

「宇宙のファンタジー」「セプテンバー」「ブギー・ワンダーランド」「レッツ・グルーヴ」などの
ヒット曲が思い出されますが皆さんはどんな曲がお好きでしたか。

 70年代からの活動なんですが最初はホーンが多く用いられて、しだいに打ち込みの電子音での
楽曲に変わっていきました、そして2009年にも4年ぶりの来日もしていますね。

ソウルミュージックの大御所といっていいと思いますね。

line04b_18.gif

続きからメイン記事となります、、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

 

748585258.jpg

 全盛期はモーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツインヴォーカル、重厚なホーン・セクションと程良いコンピューターの打ち込みによる電子音を取り入れたのが特徴であった。1980年代半ばには、その大きな売りであった生のホーン・セクションに、他のバンドに先駆けてコンピューターの打ち込みによる電子音中心のバンド形式に変え、実験的な音作りも取り込んだ。現在は、パーキンソン病にかかってしまったモーリスに変わって、フィリップが中心メンバーとして活動している。

fantasy


来歴

モーリス・ホワイトは初期はジャズ・ドラマーとしてラムゼイ・ルイスのバンドに参加していた。彼のバンドを離れた後、1969年にシカゴにて、『ソルティ・ペパーズ』を結成、キャピトルからシングル"La La Time"を残す。

earth-wind-and-fire-3.jpg 

1970年には活動拠点をロサンゼルスに変え、バンド名もアース・ウィンド・アンド・ファイアー(以後EWF)と改名。

占星術によるとモーリスはEarth, Air & Fire(土と空気と火)の要素があるが、馴染みやすく、Earth, Wind & Fire(土と風と火)と名づけた。

(当時の人気バンド、ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズの模倣という説もある。)ワーナーと契約、モーリスの兄弟のヴァーダインにフレッドを含めた10人の大所帯バンドとなる。2作リリースするがヒットはせず、バンドは一度解散する。


1972年にコロムビア・レコードに移籍、フィリップ・ベイリーやラルフ・ジョンソンが加入。コロムビアには以後1990年まで在籍する。1973年にHead To The Sky(『ヘッド・トゥ・ザ・スカイ』)をリリースし、ゴールド・ディスクを獲得する。1975年にはThat's the Way of the World(『暗黒への挑戦』)を、同名の映画のサウンド・トラックとしてリリースし全米アルバム・チャート第1位を獲得するが、映画はヒットせず。この映画にはモーリスも出演しており、彼等の貴重なライヴ映像も見ることが出来る。

1976年にモーリスは自己プロダクション、カリンバ・エンタテインメントを設立。モーリスは、"Boogie Wonderland"に参加している「エモーションズ」等をプロデュースしている。1978年にはCBS/コロムビアの元、ARCレコードを設立。

Let's Groove


1980年に2枚組の大作Faces(『フェイセス』)を発表した頃から、彼らのサービス過剰とも言える音楽性がリスナーに飽きられ始める。1983年に発表したElectric Universe(『エレクトリック・ユニヴァース』)では、ついに大きな売りであったホーン・セクションを捨て、電子楽器中心のサウンドを展開させるが、人気の凋落に歯止めを掛けることはできず、活動を一時停止、各メンバーはそれぞれソロ活動に移る。この間、フィリップ・ベイリーは1983年にフィル・コリンズのプロデュースでChinese Wallをリリースし、"Easy Lover"をヒットさせる。彼は以後も不定期ながらソロ活動をしている。モーリスも1985年に唯一のソロ・アルバムとなるMaurice Whiteをリリースし、"I Need You"をヒットさせる。

Earth, Wind  Fire 378

 
1987年にTouch the Worldをリリースし、活動を再開。1990年代に入ると、モーリスはプロデューサー業に専念するようになるが、1994年の全米ツアーには参加せず。この頃よりモーリスはパーキンソン病に罹ったため、1995年にライヴ活動をリタイア、以来のEWFの活動はフィリップが中心となっている。

2004年にモーリスと共にEWFは来日公演した。。2007年にはスタックス・レコード(コンコード・レコードにより復活)より、EWFのトリビュート・アルバムInterpetationsをリリース。モーリスはエグゼクティヴ・プロデューサーとしてこのプロジェクトに参加。

2009年12月4年ぶりの来日が決定。東京他、大阪、札幌などで行われた。

September


(Wikipedia)

スポンサーサイト

コメント
  • まだまだ雪景色 from BILLY

    こんばんは!

    そちらはもう春の気配がうかがえていますか?北陸はまた雪模様に戻って気温も低くて体調を崩しそうです(^_^;)

    EW&Fですね!やっぱ最高です。ご紹介頂いた曲を中心に名曲揃いで私自身今でも時々車の中でノリノリ状態で運転しています。

    この当時のノリといいますか、テンポが好きですね。現在のヒップホップ系ではイマイチのれません。

    BILLYはやっぱり「宇宙のファンタジー」ですね!

    2010-02-13(Sat) 01:53 | URL | #- [ 編集 ]


  • from hirokun

    おはようございます♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)
    好きというか、自然と聞かされた音楽ですね。
    大学に入って、ディスコが流行った時に必ず流れていましたから。
    その当時の影響か、今でも流れるとふと口渦さんでしまう時がありますね。

    2010-02-13(Sat) 09:43 | URL | #- [ 編集 ]


  • ご自愛ください from 流れ星→BILLYさん

    BILLYさん、こんにちは☆彡

    北陸はまだまだ春の気配は感じられませんか
    岐阜は天気は良くない日々ですが少しずつ感じられます。

    アース・ウィンド・アンド・ファイアーは偉大なバンド
    という認識がありますが何故か今まで取り上げてなかったバンドです。

    有名な曲がいっぱいありますよね
    「宇宙のファンタジー」は特に日本でヒットした曲です。

    現在のヒップホップではなくこのバンドを選ぶ理由は良く分かります。

    まだまだ寒いので体調崩さぬようご自愛ください。

    2010-02-13(Sat) 11:53 | URL | #- [ 編集 ]


  • CM from 流れ星→hirokunさん

    hirokunさん、こんにちは☆彡

    そうですね、自然によく聴いていた曲も
    多いと思いますね。

    日本では「宇宙のファンタジー」がCMで使われたり
    して特に人気の高い楽曲ですね。

    曲自体はメロディアスで聴きやすいですしね

    たまにはソウルミュージックもいいと思いますよ。

    2010-02-13(Sat) 11:58 | URL | #- [ 編集 ]


  • 当時はTOPを走っていましたね~。 from Keith

    今晩は  流れ星☆彡さん
    September.Fantasyなんて、当時正にディスコのTOPを走っていたいましたね。

    この軽いノリのリズム、たまらんですねー。Keithがこんな事、口にするのは変な話ですが。
    正直言うと、あの頃は若かったので、ディスコは女の子狙いでした。(≧ω≦ゞ)ギャハ

    2010-02-13(Sat) 18:43 | URL | #- [ 編集 ]


  • Keithさんもいい思い出があるんですね from 流れ星→Keithさん

    Keithさん、こんばんは☆彡

    おお、Keithさんもディスコに行かれてましたか、
    女の子ねらいで(笑)
    当時のディスコブームは凄かったですからね。

    ファンキーソウルな曲もたまにはいいと思いますね。

    「宇宙のファンタジー」「セプテンバー」あたりの楽曲は
    王道ですね、みんなが聴いて踊ったんでしょうね。

    2010-02-13(Sat) 18:53 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    なんだかそれほど懐かしくないって思うほど、
    いまでもいろいろなところで耳にしますね。

    この3曲の中ではLet's Groove が一番好きかな。

    アース・ウィンド・アンド・ファイアーはLPジャケットの
    デザインやイラストに横尾忠則や長岡秀星など
    日本人も関係していてい話題になりましたね。
    でもLPは1枚も持っていないかも(^^;)



    2010-02-13(Sat) 19:15 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • 芸術品 from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、こんばんは☆彡

    このバンドは70年代から活動しているのに
    いまだに来日してライブするほど現役バリバリですね。

    そう、ジャケットに凝ってましてね
    横尾忠則のジャケなんて芸術品ですよね。

    長岡秀星の方はどんな感じのジャケットか
    思い出せませんが確かに使われていたと思います。

    アース・ウィンド・アンド・ファイアーは
    ヒット曲が結構多いからどの曲も楽しめますね。

    「レッツ・グルーヴ」も人気曲です。

    2010-02-13(Sat) 20:23 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ☆和香☆

    こんばんは!
    今日は、v-278を拝める一日になりましたね。
    >ファンキーソウルミュージックのアース・ウィンド・アンド・ファイアー です。
    と読んだ瞬間に、絶対、聴いたことな!と思って、
    1曲目のfantasyを聴いたら♪
    あれれ~よく耳にしてる曲☆ミ
    この方たちに歌われていたんですね!
    この曲、気に入りました♪
    2曲目は~全く知りませんでしたが、
    ファンキーソウル、そのものって感じの曲でした。

    週末~エンジョイです!




    2010-02-14(Sun) 00:25 | URL | #mQop/nM. [ 編集 ]


  • from 諸星輝々

    流れ星さん こんばんわ☆

    アース・ウインド&ファイヤー 

    ディスコでよくかかってて、輝々も好きでした。
    Let's Groove ファンキーで大好きな曲です

    イントロ・・
    な~まむ~ぎ~ な~た~まご~
    な~まむ~ぎ~ な~た~まご~

    って聴こえてくるのは輝々だけかも;;^^
    またおじゃまさせてください



    2010-02-14(Sun) 00:31 | URL | #Wgi4adpQ [ 編集 ]


  • 発見 from 流れ星→☆和香☆さん

    ☆和香☆さん、こんにちは☆彡

    だいぶ天気が良くなってきましたね

    「宇宙のファンタジー」はテレビで色々かけらてますから
    露出度の高い楽曲ですね。

    知らなかったアーチストがこの曲をやっていたと
    発見するのは中々面白いでしょ。

    ファンキーソウルなアーチストはこれまで取り上げて
    いませんでしたので新鮮かもしれましせん。

    2010-02-14(Sun) 12:13 | URL | #- [ 編集 ]


  • お手本 from 流れ星→諸星輝々さん

    諸星輝々さん、こんにちは☆彡

    ディスコブームの時代ですか
    確かに良くかかっていましたね。

    Let's Grooveの曲がお好きでしたか
    ファンキーミュージックの
    お手本のような楽曲ですね。

    な~まむ~ぎ~ な~た~まご~
    このように聴こえますか
    流れ星は気が付かなかったですが
    聴きなおしてみると確かにそう聴こえる
    ような気がします(笑)


    2010-02-14(Sun) 12:18 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/197-daa47115

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。