プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

ジェイムス・モリソン ・JAMES MORRISON
[20081018]

51rZlws2fmL__SS500_.jpg

 
ジェイムス・モリソン ・JAMES MORRISON /  英国出身のシンガー・ソングライター 1984年8月13日生まれ

「神が与えたハスキーヴォイス」こんなキャッチコピーを持つジェイムス・モリソンなんですが、人の声って何気なく聞いてますが歌を歌う時って当然の事ですが声質って重要ですよね。
100人いれば100とおりの声があり、あ、この人あの人の声に似てるなんて事も度々あります、逆に声を聞いた瞬間にあの人の声だって、すぐに分かる方もいらっしゃいます。

よく物まね番組がありますが、物まねする時に声に特徴があり存在感や声に表情があるアーチストは好んで物まねされる事が多いですね。

ジェイムス・モリソンの声も天性の才能を感じますね、とても暖くってやさしい声、この声に身を任せてゆったりと聴いてリラックスしたいそんなアーチストです。

彼は幼い時から非常に貧しい暮らしをしてきて苦労の耐えない人生を送ってきました、でも彼には音楽があったのです、挫折を幾度となくあじわいながら一歩ずつ前進して聴く人を感動させるすばらしいアーチストになったのですね。  

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

line04b_18.gif 

 

略歴回想

ジェイムス・モリソンは、白人のイギリス人男性とは思えないほどソウル・ミュージックのルーツを感じさせるカリスマ性のあるヴォイスの持ち主であるだけでなく、そのスタイルに匹敵するだけの中身も兼ね備えたアーティストだ。彼の歌詞には真のエモーションが詰め込まれている。彼はそういった歌詞を書くだけの辛く厳しい経験をしてきた。亀裂の入った家族関係、借金、暗い前途、ノイローゼになっていく周囲の人々、麻薬中毒者へと成長していった幼少時代の友人たち。そこには、愛やロマンス、思いやりや笑いもあった。それらは、辛かった時代に彼を支えてくれたものだ。

610x.jpg

 ジェイムスは3人兄妹の2番目としてラグビーに生まれた。彼の父親は定職に就かず、ジェイムスが小さいときに家族から去っていった。借金やうつ症状、そして、3人の子育ての重圧に悩まされていた母親は、新しい生活を歩もうと引っ越しに引っ越しを続けたが、結局は何も変わらなかった。「引っ越しをしていた主な理由は、大変な借金を抱えていたからなんだ。突然、家を追い出されるようなことになって、それで、じゃあ引っ越そうかってことになってたんだよ」。

You Give Me Something 「君に逢えてよかった」
この曲はデビユーアルバムからの大ヒット曲。
当時はラジオ等でヘビロテで紹介されましたね。



You Give Me Something - James Morrison

 

340x.jpg 

 ジェイムスが9歳のとき、家族はノーサンプトンに引っ越した(「そこは、他の町と何ら変わらなかった。サッカーをやらなかったり、変わってたりすると、とことんいじめられるんだ」)。

実際、ジェイムスと彼の家族は他とは違っていた。「6歳か7歳になる頃には、僕は自分で自分の服にアイロンをかけてたよ。母さんは仕事から帰ってくると、アイロンなんてできないほどに疲れてたんだ。

僕たちは10歳にもなると、小さな大人って感じだった。家事のことや食事の用意とかやらなくちゃならなかったし、朝は朝で自分たちの身の回りのことは自分たちでやって、それで学校に行って、また学校から帰ってくるといった生活だった。母さんは自分が育つ過程でいろいろと問題を抱えてたから、それで僕や兄さんや妹とも上手くやっていけなかったんだと思う。僕は兄さんと妹とはとても仲がいいんだ。お互いに助け合って生きてきたんだ」。

James_Morrison14.jpg

「大人になるって、誰にとっても辛いことだと思う」とジェイムスは言う。「僕は自分が誰よりも辛い思いをして育ったとは言わない。でも、僕の歌に込められたエモーションのほとんどは、僕が実際に成長する過程で味わったものなんだ。歌詞もかなり実体験に基づいたものになっている。曲はいいけど歌詞は最低だ、なんていう音楽は絶対に作りたくなかった」。

You Make It Real
2008年9月22日に発売となった最新シングル

You Make It Real - James Morrison 

 

彼らの家庭で唯一絶えることがなかったのは、すばらしい音楽だった。自身もバンドで歌っていた経験のあるジェームスの母親は、ピンク・フロイドからヴァン・モリソン、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソンといったレコードを何枚も持っていた。もしかしたら、そこから始まったのかもしれない。「とにかく、すばらしいシンガーの歌を聴くのが大好きだった。何か解放されるような感じがして、僕はそういった感覚にのめり込むのを楽しんでたんだ」


340x789.jpg

ジェイムスが13歳のとき、彼の叔父さんがアコースティック・ギターでブルースのリフを弾いて見せてくれた。「僕は、『すげえ! どうやって弾くのか教えてよ!』って興奮して、その一週間後には、ちゃんと初めから終わりまで3曲は弾けるようになっていたよ」。

それからというもの、毎晩のようにジェームスはギターを弾くようになった。「外に出かけずに家の掃除やアイロンをしなくちゃならなかったことで凄く鬱憤が溜まってたから、ギターを弾いてその鬱憤を発散してたんだ」。 
 
毎晩ギターを演奏するようになってから2年が経っていた。夜も寝ずに、オーティス・レディング、マーヴィン・ゲイ、スティーヴィー・ワンダーの音楽を聴いていた。「彼らの音楽の生な感じが大好きだった。

あのエモーションが大好きだった。僕もどうしたらエモーションを伝えることができるのか、それを知りたかったんだ」。彼は自分の声をテープに録音し、最初はコピーすることから始まり、徐々に自分のサウンドを作り上げていった。
「オーティス・レディングをそのまま真似て歌おうとする白人のイギリス人男なんて、アホみたいに見えるだけだから、感情を伝えるための自分独自の方法を見つけ出さなくちゃならなかったんだ」。 

 彼がすべてをまとめてポースに戻るつもりでいた丁度そのとき、オープンマイク(自由参加)のセッションで知り合ったギタリストで、レコーディング機材を持っていた人が、ジェームスにデモCDのレコーディングをオファーしてきた。そのデモは、過去にはビヴァリー・ナイトやデヴィッド・グレイと仕事をしたことのある元A&Rマンのスペンサー・ウェルズの耳に届き、ジェイムスは彼から連絡を受けることになる。

2805421509_68aa3c6064.jpg  
「ジェイムスは、もぞもぞとしながら部屋に入ってきたよ。ダサいジャケットを着てビーニー帽をかぶって、背中にはギターを抱えたやせ細った白人の子供だった。『これがあのCDを作った本人なのか? 何かの間違いだろう』と思ったよ」とスペンサーは回想する。

「彼は『歌いましょうか?』と言ってきて、私は彼が2小節歌っただけで彼の虜になっていた。驚くほどすばらしい声だった。でも、ジェームスはとても謙虚な若者だから、自分の才能にはまったく気付いていないんだ」。


そして他には、非常に感動的な曲「Wonderful World」もある。この曲はルイ・アームストロングのクラシック・ナンバーのテーマに基づいているが、あの手放しの楽観主義は見られない。「僕が言っているのは、すばらしい世の中かもしれないけれど、今はそうは感じられないということ。自分は外側にいて、誰も内側に入れてくれようとしていないということだ。

Wonderful World

Wonderful World - James Morrison

バスで見かけた耳の不自由なアジア人男性にインスパイアされて書いたんだ。彼は酔っ払っていて、自制心を失っていた。みんなに笑顔を振りまいては、両手の親指を立てる身振りをしたりしていた。別に誰に迷惑をかけているわけでもなかった。彼が危険な人物じゃないことは見ていてわかった。あるとき、彼が女の子の肩に手を回したんだ。別にいやらしい感じじゃなくて、フレンドリーな感じでね。でも、彼女は振り返って、こう言ったんだ。『ちょっと、何やってんのよ。触らないでよ、変体!』って・・・。多分、僕の両親はちょっとおかしくて、父さんも飲んだくれだったから、僕はみんなのいい面を見ようとするのかもしれないな」。

UNIVERSAL MUSIC

スポンサーサイト

コメント
  • ハスキーボイスは、いいですね from mick

    ジェイムス・モリソン・・・・最近の洋楽には、疎いmickです。
    彼は、若い頃から、苦労してたんですね。
    天性の、ハスキーボイスが彼の人生を助けるってことがあるのですね。
    よく、声がまるで楽器のように思えるシンガーがいますが、彼もその一人じゃないでしょうか、聞く人に感動を与える・・・そんな声。
    素敵でした。

    2008-10-21(Tue) 19:53 | URL | #- [ 編集 ]


  • 小さな人間ドラマ from 流れ星→mickさん

    mickさん,こんばんは!

    ジェイムス・モリソンは昔から60年代70年代いやもっと古くから続いていること
    自分の声とギター一本でほんとにシンプルですが、聞く人を感動させてしまいます。

    じわじわっと少しずつですが心にしみてきて暖かい気持にさせてくれる
    そんなアーチストですね。

    私は若い頃は東京で働いていました、”You Give Me Something”のように
    街頭で若者たちが同じように自分の声とギター一本で歌っていました、
    興味をいだいて立ち止まって聞く人、まったく関係が無くて急いでその場を立ち去る人、
    そして終ると少ないながらも拍手が巻き起こる。

    そこには小さな人間ドラマがありますね。

    私はおせっかいオヤジなのでこんな人を見ると応援したくなります。

    自分を表現するのは人それぞれですが、好きな事をして食べていけるのが
    一番幸せなのかな。

    mickさん、コメントありがとうございます、うれしかったです。



    2008-10-21(Tue) 20:55 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    ジェイムス・モリソン。聞いたことない名前です、
    でもYou Give Me Somethingは知っていました。
    すごくいい曲です、良くラジオでも流れていたと
    思います。久しぶりに聞いて懐かしい気がします。

    このハスキーな歌声は天性のものなんですね。
    Wonderful Worldは飛び込み台のお姉さんがいつ
    飛び込むのかが、気になって曲に集中できません
    そのうちプールの水が真っ黒になっちゃうし・・・
    「曲はいいけど歌詞は最低だ、なんていう音楽は
    絶対に作りたくなかった」ということですが、この曲は
    どんな歌詞ではなんでしょうね(^^;)



    2008-10-21(Tue) 22:38 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • 音の響き from 流れ星→ ちびたさん

    ちびたさん,こんばんは!

    先ほどmickさんのブログにコメント書いて、れいの昭和TVご紹介したのですよ。

    ちびたさんはジョン・レノンはお好きですか、先ほどまで昭和TVの
    ジョンレノン/イマジンの映画見てたのですが実に面白いですね、
    ドキュメンタリーなんですがこれを見ればビートルズの歴史もよくわかりますね・・・
    と一時間ほど見てたのですが突然パソコンが電源落ちましてね、
    われに返ったんですがちびたさん呼びました(笑)

    1時間40分ほどですがもう一度見ないと。

    ジョンレノンとクラプトンは奥が深いので前のブログでもあえてやってませんが
    いつかはやりたいテーマですね。

    この映画10月いっぱいなんで少なくとも2回は見ておきたいですね。

    と・・・ジェイムス・モリソンのお話でしたね、、”You Give Me Something”そうです、
    よく流れていたのでご存知の方多いのではないでしょうか。

    歌詞はね、私は洋楽は音の響きで聴いてます。
    英語の授業は大嫌いでした、それなのに小学5年でカーペンターズ聴いてからは
    洋楽に目覚め、音楽バカと呼ばれるようになった流れ星でした。

    ちびたさん、ジェイムス・モリソンお奨めです!


    2008-10-21(Tue) 23:52 | URL | #- [ 編集 ]


  • 胸が熱くなりました! from coco

    流れ星さん おはようございます♪
    アコースティックな音楽に最近ハマってます。
    味わい深くて素敵なアーティストですね。私のツボにハマりました。^^
    何回も聴かせていただきました。「You Give Me Something 」が一番好きです。
    彼の心の叫びが聴こえてくる感じがして、胸が熱くなりました。
    素敵なアーティストを紹介してくださって、ありがとうございます。 (〃^ー^〃)

    2008-10-23(Thu) 10:24 | URL | #- [ 編集 ]


  • ハスキー from BILLY

    こんにちは!
    初めて聴きましたがハスキーなヴォイスは心を癒してくれますね。この秋のシーズンにピッタリのアーティストですね!
    ありがとうございます!

    2008-10-23(Thu) 12:44 | URL | #- [ 編集 ]


  • 乾いた声、湿った声 from 流れ星→ cocoさん

    cocoさん、こんばんは!

    >アコースティックな音楽に最近ハマってます。

    そうなんですよ、秋の夜長と言いますかシンプルな曲いいですよね。

    cocoさんのジャスティン・ノヅカも同じように味わいある声の持ち主ですね。
    ハスキーヴォイスでもジェイムス・モリソンは乾いた声、ジャスティン・ノヅカは湿った声と
    違いはありますがどちらもいいですね。

    ”You Give Me Something”は彼の代表曲ですから、私もこの曲は大好きです。

    cocoさんもジョン・レノンお好きですね、今月いっぱいまでジョン・レノン/イマジンが
    無料で見れるんですよ、1時間40分ぐらいあるのですが、なかなかお暇ありませんよね。

    ビートルズの歴史とジョン・レノンの歴史、貴重映像とジョンレノンのインタビューから生涯がよくわかります。

    一応、アドレス記しておきます。

    http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0069331/


    2008-10-23(Thu) 18:24 | URL | #- [ 編集 ]


  • 秋の夜長とアコースティック from 流れ星→ BILLYさん

    BILLYさん、こんばんは!

    あいかわらず、お忙しそうですね。
    出張はどうでした、お疲れ様でございます。
    いや、私も東京に行く用事がなくなりましてね、30代の頃は東京まで
    ライブ見に行く元気がありましたが、40代になると体力気力が落ちましたね。

    竹内まりや、よかったですよ。
    やっぱり、山下達郎とセットで聴きたいですね。
    chikaさんは山下達郎当然の事のようにライブ経験があるからなうらやましい。

    ジェイムス・モリソンはお奨めできます、おもにUKチャートをにぎわせてます。

    秋の夜長とアコースティックは合いますよね。


    2008-10-23(Thu) 18:39 | URL | #- [ 編集 ]


  • from りりか

    おはようございます♪
    『 You Give Me Something 』ヨカッタです!
    ギターの音色は ひとの心に響きますね。
    爪弾くひとと一体となって聴くひとを感動させる。
    その場にいたら 
    私もきっと立ち止まって聴き入ることでしょう・・・。

    2008-10-25(Sat) 09:52 | URL | #- [ 編集 ]


  • あし@復帰 from 流れ星→ りりかさん

    りりかさん、おはようございます!

    聴いていただき有難うございます。
    アコースチックな楽曲ですが、たまにはいいですよね、ほんとに素朴な歌声で押し付けがましくも無く、そう心に響きますよね。

    ukチャートはいつも上位にくるアーチストです、日本でもどんどん話題になってほしいアーチストですね。

    りりかさん、またあし@復帰しました。
    よろしくお願いします。

    2008-10-25(Sat) 11:15 | URL | #- [ 編集 ]


  • bunta52さん、ごめんなさい from 流れ星→ bunta52さん

    bunta52さん、ごめんなさい。
    大切なコメントうっかり削除しちゃいました、まったくおバカな流れ星です、
    しかってやってください。

    大体の内容は読んでます、戻ってこられてよかったです、ちょくちょくブログ覗いたのですが
    あまり声かけるのもわるいかなっと思ってました。

    11月1日に新曲発表ですか、待ってました!

    ジェイムス・モリソン久しぶりに気に入っていただけたようでよかったです。

    ギター一本と自分の声だけで勝負する、ほんとにシンプルですが聴く人を感動させるものを
    彼は持ってますね。

    そちらのブログにもお邪魔しますね!

    かさねがさね、失礼いたしました。

    2008-10-28(Tue) 17:30 | URL | #- [ 編集 ]


  • ヒェッ苦ショ~ン !! ラムーン ^^ from bunta52

    こんばんわ ☆ 流れ星さん !!
    えっ? コメント削除したァ?

      『コラっ !! 流れ☆ !!!! 』   ←  はい、しかりました

    いえねー、きょうはカゼひいてしまってダウンしてました。
    でも新曲は完成させたいので、鼻水たらしながらしっかりと編集作業してました。
    やっと完了です。でも1、2箇所トチリを愛嬌で残しておりますので、悪しからず・・・^^;
    11/01の朝にはUPしてると思います。

      ♪ RAMUN ♪ (ラムーン)

    曲に似合う写真を待ってるのですが、ひょっとして間に合わないかも知れませんね。
    そのときは『森の音楽家』の写真(Mula)でいきますー
    あっ、キーワード使うの、早すぎ !! 11/01やで~ v^^;


    2008-10-28(Tue) 20:33 | URL | #tbtHsh72 [ 編集 ]


  • お大事にしてくださいね from 流れ星→ bunta52さん

    bunta52さん、どうもすみません!

    最近旧ブログ覗いてなくてどぎまぎしましたが、おまけに空気も読めない流れ星です(笑)

    風邪ですか、いけませんね。お大事にしてくださいね。
    いやいや、こちらならいいと思いますが今回の曲はメロディが綺麗ですね、
    ギターも歌ってますし私はしっとり派なんで大好きなタイプの曲ですね、
    結構今回は練りに練られましたか。

    ブランクがよかったのか、凄く新鮮に感じましたよ。

    それではご成功お祈りします!


    2008-10-28(Tue) 21:28 | URL | #- [ 編集 ]


  • You Give Me Something from jil

    『You Give Me Something 』はいい曲です。
    この曲だけ知ってはいましたが、
    ジェイムス・モリソン自身を知りませんでした。
    乾いた声・・・うーんやっぱりいいですね。
    早速アルバム買わなくちゃです♪

    流れ星さんが書いていらっしゃいましたが
    出来るなら自分の声は歌声聴くだけで誰が歌っているのかわかる声だといいなと思っています。


    2008-11-08(Sat) 00:37 | URL | #- [ 編集 ]


  • ヴォイストレーニング from 流れ星→ jilさん

    jilさん、ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう♪

    jilさんもバンドのヴォーカルをされてますので声質は気になるところですが、
    私はよくわかりませんがヴォイストレーニングなんかすると声の出方が変るので
    自分の声質も変ったりするんでしょうね。

    「ジェイムス・モリソン」の声も輝きにみちあふれてますね、しっとりと落ち着いた
    楽曲は時々聴きたくなります。

    2008-11-08(Sat) 10:23 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/24-c685254b

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。