プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

カーペンターズ(Carpenters) 緑の地平線 (ホライズン)
[20081030]

post-328878-1146506319.jpg 

カーペンターズ(Carpenters)は、1969年4月22日に命名された兄妹のデュオ。

 さて、カーペンターズなんですが前回のビートルズ同様に私にとってカーペンターズは洋楽の扉を開けてくれたバンドでもあり、原点といっていいと思います。

前のブログmemory of the musicにて、アルバムごとの紹介をしてしてましたので一体どこまで進んでいたか確認しましたら ナウ・アンド・ゼンまで通算5枚目まで進みました、今回は6枚目となる緑の地平線 (ホライズン) を紹介したいと思います。

実は私はカーペンターズのレコードはシングル”トップ・オブ・ザ・ワールド”とベスト盤一枚、そして緑の地平線と同じ年に発売された2枚組みのライブ盤”ライブ・イン・ジャパン”を所有してましたがリアルタイムでオリジナル・アルバムを買ったのは初めてでした。

私も世界の歌姫と言う事で過去にあれやこれやで色々浮気しておりますが、結局戻ってくるのは
カレンの歌声なんですね。

それで緑の地平線なんですが特徴は過去にも色々ありましたが有名なカバー曲が入っている事ですね。
まずは「Desperado」ならず者イーグルスの名曲としてあまりにも有名です、リンダ・ロンシュタットもカバーしてますね。

『プリーズ・ミスター・ポストマン』はビートルズの曲からと思われている方も少なからずいらっしゃると思うのですが、1961年にマーヴェレッツという女性グループが歌ってナンバー1ソングに輝いているのですね。

もう一つ「Solitaire」ニール・セダカの曲ですね、なんとプレスリーも歌ってます!

今回はカバー曲の本家を交えての紹介となります。

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

memory of the musicの前記事からの続き

1970年代後半
カーペンターズは1974年には新しいアルバムを発表しなかった。リチャードはこれについて「単に時間がなかったから。アルバムを作る気分にもなれなかったし」と語っている。その代わりに、2人はポール・ウィリアムズ/ロジャー・ニコルズ作曲のシングル "I Won't Last a Day Without You" をリリースしている。

これはもともと1972年のアルバム『トップ・オブ・ザ・ワールド』に収録されていたものだが、カーペンターズはそのLPをリリースした2年後になってからこの曲をシングル・カットすることを決めたのである。1974年3月、そのシングル・ヴァージョンはビルボード・トップ100チャートの11位に達し、アルバム『トップ・オブ・ザ・ワールド』からの5番目のトップ20ヒットとなった。 

2103073423_91f8c4a8be_o_convert_20081028190648.jpg

  
一方、同1974年には『ナウ・アンド・ゼン』に収録されたハンク・ウィリアムズの「ジャンバラヤ」 ("Jambalaya (On the Bayou)") をアップテンポにリメイクした。この曲はアメリカでシングルとしてリリースされたほか、日本のチャートでも30位以内にランクインし、イギリスをはじめとする他の多くの国でもヒットした。

オランダでは、カーペンターズにとって最大のヒット曲となったほどである。また1974年の暮れには、ジャズ調の編曲を施したクリスマス・ソング「サンタが街にやってくる」 ("Santa Claus Is Coming to Town") をシングルとしてリリースしている。

ONLY YESTERDAY

カスタネットが耳に心地よい軽やかな曲で
シングルにふさわしくよく練られてますね


1975年はまだ彼らにとって大豊作の年であった。マーヴェレッツが1961年にチャート1位を獲得したヒット曲で、モータウン・サウンドのクラシックであった「プリーズ・ミスター・ポストマン」 ("Please Mr. Postman") をカヴァーしたシングルがまたもヒットとなったのである。これは1974年にリリースしたものだが、75年の1月にビルボード・トップ100で1位を獲得し、彼らにとっての3度目の(そして最後の)首位獲得作品となった。このシングルはまた、カレンとリチャードにとっての12番目のアメリカでのミリオンセラーにもなった。

2143138303_9f45ff3577_o.jpg

 
「プリーズ・ミスター・ポストマン」に続き、春にはリチャードとジョン・ベティスの共作「オンリー・イエスタデイ」 ("Only Yesterday") がビルボードで4位まで上昇し、これは彼らにとって最後のアメリカでのトップ10ヒットとなった。リチャードとベティスはこの曲がヒット・シングルになるとは思っていなかったので、ロジャー・ヤングとの賭けでトップ5入りしない方に賭けており、2人はヤングに対して1000ドル支払うはめになった。

Carpenters - Desperado
イーグルスの名曲はリンダ・ロンシュタットもカバーしてます
カレンの歌声は心に響きます


1975年の上半期に成功を収めたこの2曲はいずれも1975年のアルバム『緑の地平線 (ホライズン)』 ("Horizon") に収められている。このアルバムはほかにもイーグルスの「デスペラード」 "Desperado" とニール・セダカの「ソリテアー」 "Solitaire" のカヴァーを収録しており、これらも同じ年に中ヒットを記録した。だだし、以降彼らのレコード・セールスは次第に下降線を辿り始めた。『緑の地平線』はプラチナム・アルバムに認定されたが、その後(アルバムからの2枚目のシングルがチャートから消えて以降)カーペンターズにとっては初めてマルチ・プラチナムに達することのなかったアルバムとなった。

14m70.jpg

  

Desperado by EAGLES

Desperado - EAGLES 

(Wikipedia)

1 Aurora (02:14)
2 Only Yesterday (04:12)
3 Desperado (03:37)
4 Please Mr. Postman (02:50)
5 I Can Dream, Can't I? (04:58)
6 Solitaire (04:39)
7 Happy (04:37)
8 (I'm Caught Between) Goodbye and I Love You (04:04)
9 Love Me for What I Am (03:30)
10 Eventide (01:32)


marvel5s.jpg
『プリーズ・ミスター・ポストマン』(Please Mr. Postman) は、アメリカのモータウン所属のグループ・マーヴェレッツ(The Marvelettes)による1961年の楽曲。ビルボード誌では、1961年12月11日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1961年年間ランキングは第19位。この曲はマーヴェレッツのリードシンガー、グラディス・ホートン(Gladys Horton)が戦地に赴いた恋人からの手紙を待つ気持ちを歌い上げている。

オールディーズの名曲としてあまりにも有名な曲であり、しばしば他のアーティストからカバーされた。ダイアナ・ロス率いるシュープリームスや、ジャクソン・ファイヴ、テンプテーションズ、スティーヴィー・ワンダーなどのビッグスターを有することになるモータウン・レコードで、最初のビルボード誌シングル・チャート全米ナンバーワン曲となった。マーヴェレッツにとってはデビュー曲での快挙だった。クレジットは"Dobbin-Garrett-Garman-Brianbert"となっている。

 
The Marvelettes Please Mr. Postman
これが原曲なんですね、ノスタルジックで味がありますね。

 

ビートルズ・バージョン
ビートルズ(The Beatles)は、当時EMIがモータウンの英国内販売権を獲得したことへのプロモーションを兼ねて1963年のセカンドアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』の7曲目に収録したが、この曲を歌う際、マーヴェレッツが女性コーラスグループだったため、歌詞の内容は男の子への恋心を歌ったものであったので、女の子に向けて歌う歌詞に変更して歌っていた。
1471539567_6b489b98b8_o.jpg
ビートルズ・バージョンは明るくアップテンポに仕上がっている。メインボーカルはジョン・レノンが担当しているが、ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンを交えた三人でのコーラスワークは、まさに彼らが愛して止まなかった黒人コーラスグループからの影響を感じさせるものであり、ただのロックンロール好きのバンドではなく、彼らが当時のイギリスでは類を見ないほど幅広い音楽性を持つバンドであることを証明した曲とも言える。 
  
ビートルズのバージョンは英米ではシングルカットされなかったためチャートに登場することはなかった。日本ではシングルカットされためか、マーベレッツのオリジナルよりも一部では知られている。また矢沢永吉は中学生の頃、この曲を聴いてビートルズ狂になったと後年告白している。

なお、この曲にはジョン・レノンがデビュー前のドイツ巡業時代、リヴァプールで彼の帰りを待つ恋人(当時、後の妻)のシンシア・パウエル(Cynthia Powell)宛のラブレターの表に「郵便屋さん早くシンの元に届けてよ」と、この曲の歌詞をもじって書いていたという微笑ましいエピソードがある。

The Beatles - Please Mr. Postman
ジョンのヴォーカルを軸にポール、ジョージがコーラス
息が合ってます、最後には手拍子まで!



カーペンターズ・バージョン
ビートルズ・バージョンを聴いて育ったカーペンターズ(Carpenters)は1974年にこの曲をカバーした。カーペンターズ・バージョンは、ビルボード誌では、1975年1月25日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1975年年間ランキングは第59位。

 

Please Mr Postman- The Carpenters
非常にPOPで明るい陽のカーペンターズを代表する曲

(Wikipedia)

 

2339635892_ddc7e392da_o.jpg

 

Solitaire (Single Version) --Carpenters
透明感ある歌声で輝きに満ち溢れてますね

neil-sedaka.jpg 

Solitaire   Neil Sedaka
凄く優しい声なんですよね、繊細でありながら後半は盛り上がるんですよね
流石です!

スポンサーサイト

コメント
  • う~ん from YASU

    カーペンターズの「ならず者」は、初めて聴きました。
    カレンの、深みのある暖かな歌声は、いつ聴いてもいいですね。

    2008-10-30(Thu) 19:41 | URL | #cDFNNeWA [ 編集 ]


  • 辞書を片手に from 流れ星→ YASUさん

    YASUさん、こんばんは!

    3ヶ月ぶりぐらいにコメントいただけました、前のブログでは色々お騒がせしました。

    >カーペンターズの「ならず者」は、初めて聴きました
    そうですよね、シングルカットされたわけでもありませんですしね。
    まず第一に曲自体のよさもありますし、カレンの歌の表現力が高いのもあります、
    ほんとにしっとりしていい曲ですよね。

    私はこのアルバム買ってから何回ターンテーブルを回したことでしょう、
    いい曲に出会える事の素晴らしさを振り返って感じてます。

    このアルバムの中で「オンリー・イエスタディ」の歌詞を日本語に訳しておくると優秀な人には何か特別なプレゼントがいただけるという企画がありまして、辞書を片手に調べて送りましたよ。

    結果はご想像どうりにまったくだめでした、いい思い出です。

    2008-10-30(Thu) 22:57 | URL | #- [ 編集 ]


  • カレンの声は いつ聴いてもいいですね♪ from coco

    流れ星さん こんばんは~♪
    何度か足を運んでいましたが、コメントする時間がなくて、ごめんなさい。(T人T)
    今日はカーペンターズですね。^^
    カレンのしっとりと落ち着いた歌声は、何度聴いても素敵です。
    ベスト盤しか持っていませんが…カヴァーしてヒットした曲 たくさんあるんですね。
    『プリーズ・ミスター・ポストマン』はビートルズの曲だと思ってましたし…。^^;
    カレンの歌う曲も素敵ですが、原曲をあらためて聴かせていただいて、
    これもまた素晴らしいですね♪^^
    勉強になりました。ありがとうございます♪(▽`*)

    2008-10-31(Fri) 00:19 | URL | #- [ 編集 ]


  • 少年時代 from 流れ星→cocoさん

    cocoさん、こんにちは!

    寒くなってきましたね、グリーンデイよかったですよ。

    何年前か忘れましたがマイケルシェンカーグループのコンサートに
    東京まで足を運びました、終了後すぐに新幹線に飛び乗って地元まで帰ったんです、
    ローカル線に乗り換えてからふと見るとパンフレットを大事そうに抱えている
    中学生ぐらいの少年が立ってました、そのパンフレットにはCarpentersと書かれてました。
    どうもリチャードがフイルムコンサートみたいな事をやってたみたいなんですね。
    思わずその少年が私の少年時代とかぶりましてね、うれしかったですよ。

    カーペンターズのカバー曲はたくさんありますね、どれも名曲ばかりでいいですよ。

    当時のカーペンターズはラジオで30分の番組を持っているぐらい日本でも人気がありました、
    ライブにも行きたかったんですけどね、親がダメだって。

    クラスに一人いました、ライブに行った子がうらやましい限りでした。

    >『プリーズ・ミスター・ポストマン』はビートルズの曲だと思ってましたし…。^^;
    それが普通ですよ、私も最初はそうでした。
    でも、カーペンターズはビートルズの曲をお手本にしたんですよね。

    で、次は「A Kind of Hush」なんですがこのアルバムには名曲、
    「青春の輝き」が入っていたりしますがそのあたりまでがピークかと思いますね。

    またやりますよ、ボックスセット持ってますし。





    2008-10-31(Fri) 18:14 | URL | #- [ 編集 ]


  • カレン最高! from BILLY

    こんばんは!
    流れ星さんがカーペンターズを取り上げてくれると私もとてもうれしく感じます。
    今回は前回とまた趣向を変えて紹介していただいて、原曲もいいですね。
    今回の発見はニール・セダカさんの歌にしびれてしまいました。カレンの歌うのももちろん最高なんですけど、この方男性でこの歌声はすばらしいの一言です!
    ありがとうございました。

    2008-10-31(Fri) 19:44 | URL | #- [ 編集 ]


  • 花の40代 from 流れ星→BILLYさん

    BILLYさん、こんばんは!

    今日はほんとに寒いですね、そちらはなおさら寒いでしょうね。

    >今回の発見はニール・セダカさんの歌にしびれてしまいました。
    私もそう思いました、やっぱり大物だけのことありますね、つややかないい声してますね。
    ニール・セダカと言えば「おお、キャロル」「カレンダーガール」なんて浮かんできますね。
    ニール・セダカの良さがわかれば、BILLYさんやはり花の40代になったんですね(笑)

    BILLYさんはゴルフで鍛えているから大丈夫でしょうが、40代はがっくり体力落ちますからね。
    そうでした、カーペンターズがカバーした曲は原曲も素晴らしいのですね。
    今回は皆さんに原曲も聴いていただきたかったのでこのような記事になりました。


    2008-10-31(Fri) 20:20 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    おはようございます

    カーペンターズ。懐かしい、確かに洋楽のトビラを
    開いてくれた存在かもしれません。
    私も当時はプリーズ・ミスター・ポストマンは
    ビートルズの曲だと思っていましたっけ(^^;)

    オリジナル曲でもカバー曲でも見事に自分達の曲に
    してしまうカーペンターズは、たぶん、いまデビューしても
    絶対ヒットメーカーになれますよね。

    Desperadoはほんと名曲です、リンダ・ロンシュタットの
    カバーも大好きなので女性が歌った方がいい曲かも
    しれないと思っています。

    今日はいい天気!これからお散歩に行ってきます。

    2008-11-01(Sat) 10:26 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • ご無沙汰にお邪魔します! from kazuya

    はいさい!流れ星さん。
    お邪魔しますっ!

    うん。YASUさんもおっしゃってましたが、
    カレンのデスペラードはいいですねぇ!!

    初めて聴きましたが、スッーと入ってきて、
    彼らの曲みたいですね。。

    この曲は、キャンドルナイトでやると、親父たち!?
    に大人気です(笑)!!



    2008-11-01(Sat) 12:20 | URL | #- [ 編集 ]


  • バックバンド from 流れ星→ ちびたさん

    ちびたさん,こんにちは!

    お散歩いいですね、私も明日は息子を連れて水族館に行きますよ。

    >オリジナル曲でもカバー曲でも見事に自分達の曲にしてしまうカーペンターズ
    そうですね、自分たちのカラーに変えてしまいますからね、カーペンターズはカレンにスッポッとがあたるのは当然なんですが実はリチャードの曲作りも大切な要素だと思います。
    完璧主義者なんですよね、音にもこだわりを持ってますし、アレンジの仕方もうまいです。

    >リンダ・ロンシュタットの カバーも大好きなので
    こちらもよいですね、もともとイーグルスのバンド名の前はリンダ・ロンシュタットのバックバンドやってましたからリンダ・ロンシュタットとも密接な関係があるのですね。

    2008-11-01(Sat) 13:58 | URL | #- [ 編集 ]


  • アコギ from 流れ星→KAZUYAさん

    KAZUYAさん、こんにちは!

    Desperadoをカバーして持ち歌にしてしまうところがカーペンターズらしいですね、
    日本では平井堅、エポ、荻野目洋子あたりもカバーしてますね。

    しっとりとスローバラードで癒されたい時に是非と言う感じですね。

    キャンドルナイトで、やられるんですね。
    この曲はレパートリーに加えておきたい曲ですね、KAZUYAさんのアコギ一度お聴きしたいですね。



    2008-11-01(Sat) 14:49 | URL | #- [ 編集 ]


  • from supairo

    (*^0^*)/こんにちは
    カーペンターは高校の授業で良く聞かされました
    英語の発音を真似しなさいって。。

    (--)b殆ど安眠タイムになりましたですが。。
        ほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)

    でも。。。癒されますね。。。
    彼女の声は。。。。気持ちに刺さってきますね

    2008-11-01(Sat) 17:51 | URL | #- [ 編集 ]


  • ビヨンセ from 流れ星→ supairo さん

    supaさん、こんばんは!

    >カーペンターは高校の授業で良く聞かされました
    そうですか、supaさんも女学生の時があったんですね。おぉっと失礼しました
    元気な女学生が想像できますね。

    昨日のMステでビヨンセが出演して世界で始めて新曲歌いましたが見られました。

    やっぱり迫力ある歌いっぷりでした、日本の歌手であれほど声量があってパワフルな人は
    なかなかいませんよね、びっくりとともに感動しました。

    そうそう、私の結婚式の入場で「愛のプレリュード」子供から花束贈呈で「シング」を
    バックミュージックで使ったんですよ、凄いでしょう!





    2008-11-01(Sat) 18:15 | URL | #- [ 編集 ]


  • 緑の地平線☆ from Shannon@Feel Fine

    流れ星さん、おはようございます!

    きょうは、子供さんと水族館・・・かな?(*^^*) 

    さて、このカーペンターズのCD、
    実は4年前に買って持ってるんです。

    Desperado・・・
    私は最初にカーペンターズのを聴いたことになります。

    その年だったか、ちょうどイーグルスが来日してましたよね。
    (あ、ライヴは行ってないんですが・・・)
    で、カーペンターズの後で、イーグルスを聴くことに・・・
    カーペンターズのほうが、カバーだったんですね。
    (実は、イーグルスの存在も、その時に初めて知ったんですが。)

    このアルバム、私は大好きです。
    シングルカットされたヒット曲というよりも、
    オープニングの、静かに始まるAurora と
    それに呼応する最後のEventide・・・
    この構成こそが重要なポイントなんです!

    Solitaire・・・
    実は、このアルバムでは、この曲が一番好きなんです。
    ここで泣けるというか・・・
    名曲ですね。
    で、続くHappy・・・
    この流れ、すばらしいと思いません?!

    ジャケットもソフトフォーカスで雰囲気出てますし・・・

    ホントにおしゃれでステキなアルバムだと思います。
    Shannonのイチオシ!


    2008-11-02(Sun) 10:47 | URL | #Anv/byv2 [ 編集 ]


  • 竜宮城 from 流れ星→ Shannonさん

    名古屋だぎゃと言う事でShannonさん行ってまいりました名古屋港水族館へ。

    イルカさん、ペンギンさん、カメさんのお出迎えでした私は今回で4回目ぐらいになりますが
    初めてイルカのショーを見ました、イルカさん大活躍でウルトラCの連続で息子も喜んでました!

    そうでした、カーペンターズですね。
    曲の構成は重要ですね、曲順流れは大切。

    このアルバムは聴き込んでますので今でもオープニングからエンディングまで
    頭の中がジュークボックスです。

    Aurora と Eventide 双子の関係、同じ演奏で歌詞だけが変わっているここが粋なんですよ。
    アルバム全体の構成を考えて作られて曲なんでしょうね、深い深い海の底にカメに連れられて、なんとそこは竜宮城でした!

    Solitaireって深海いるような雰囲気ありますね、とてもしっとりとした曲で美しい曲です。
    Happyは明るめの曲でGoodbye and I Love You でまたしっとりと陽と陰が交互に来ますね。

    カーペンターズのBOXセットから聴きなおしてますがやっぱりいいですね。

    水族館の疲れが癒されますね、 Shannonさんみたいに世代を越えて聴き継がれてほしい
    バンドですね。

    コメント有難うございます、またよろしくね!

    2008-11-02(Sun) 19:40 | URL | #- [ 編集 ]


  • Desperado 懐かしい !! from bunta52

    Desperado はホント懐かしい曲ですね~~!
    カレンもいいけど、本家 Don HenleyとGlenn Freyが作ったEAGLESのオリジナルはいいですネ !!
    今ね、イーグルスのCDひっぱり出してDesperadoを聴ききながらコメントしてます。
    ついでにホテルカリフォルニアも聴こうかなー ♪

    ----
    あっ、流れ星さん、新曲「RAMUN」にお褒めのコメント頂きありがとうございました。
    感謝です !! つぎの曲もがんばりたいと思います !!


    2008-11-08(Sat) 18:48 | URL | #tbtHsh72 [ 編集 ]


  • 自然体 from 流れ星→ bunta52さん

    bunta52さん 、こんばんは!

    風邪をひかれたbunta52さん、元に戻ったのかな。
    今日はまた特別寒いですね、体調に注意しないといけませんね。

    イーグルスは70年代を愛する方々には凄い人気のあるバンドですねー。
    前のブログでもトラックバックが多かったです、「ホテルカリフォルニア」も
    円熟期にとどめの一発でしたね。
    超名曲ですよね、またギターのパートもしっとりしていいですね!

    そうですね、今回がとても素晴らしかったので次の曲もと期待しちゃいますね。
    まあ、あまりプレッシャーかけるのも悪いのでのんびりと自然体の中で湧き出たものを
    曲にしてください、きっといい結果が生まれると思いますです。

    2008-11-08(Sat) 19:48 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/28-f3380c32

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。