プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

キーン (Keane)
[20081115]

keane_under_the_iron_sea.jpg

キーン (Keane) はイギリス・イングランドのイースト・サセックス州バトル出身の男性3人組バンドである。

キーンを語る上で重要なのがヴォーカルのトム・チャップリンなんですが、彼の声はガラス細工のような繊細さを感じ、光に照らすと万華鏡のように多彩な表情を見せてくれます。

楽曲はメンバー紹介の中で一応ギター、ベースとなってますがほとんどの曲がピアノとドラムとヴォーカルが中心でピアノバンドと呼ばれているのに近いです。

実はピアノのティム・ライス=オクスリーなる人物がバンドのカラーを決めているのではと感じておりますがどうでしょう。

聴くと非常に口当たりのよい楽曲でトム・チャップリンのやさしきヴォーカルが包んでくれそうですよ、このバンドは雰囲気で聴かせるバンドでメロディも哀愁をともなっていいです、女性にもお奨め出来ますね。

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

Your pictures and fotos in a slideshow on MySpace, eBay, Facebook or your website!view all pictures of this slideshow


 

 

145297_3G4FHNKCIPD7DWKIYRF1D38GPECEIF_s4-127-v4-600-0_H143632_L.jpg

 

略歴
1995年、パブリックスクールを共にしたティム、ドミニク、リチャードの3人が前身となるバンドを結成。当初はカバーバンドで、「ザ・ロータス・イーターズ(The Lotus Eaters)」と名乗っていた。

1997年、同じパブリックスクールで育った後輩で、ティムの幼なじみでもあるトムが加わり、バンド名を「チェリー・キーン(Cherry Keane)」に変更する(後に「チェリー」を取り、現在のバンド名になる)。

2001年、ドミニクが脱退し、現在の3人編成になる。

2003年、インディ・レーベルのFierce Pandaから「Everybody's Changing」、「This Is The Last Time」の2枚のシングルをリリースし、弦楽器を持たないバンドという特異な編成もあいまって大きな注目を浴びる。

Keane-keane-46724_400_475.jpg

 
2004年、デビュー・アルバム『Hopes And Fears』を発表。新人ながら全英初登場1位など、一気に成功を収める。この年デビューした新人の中で、フランツ・フェルディナンドを上回る、英国内最大のセールスを記録した。

2005年、U2のサポート・ツアーに参加する。またこの年のLIVE 8に出演するなど、多くの有名ロック・フェスティバルにも参加し、人気を確かなものとする。

2006年、2ndアルバム『Under The Iron Sea』を発表。再び全英初登場1位を記録する大ヒットアルバムとなる。この年トムがドラッグ中毒に悩まされ、サマーソニックなど多くのライブをキャンセルするも、更生施設に入り数ヶ月で復帰する。 


Everybody's Changing
このPVは次々演奏する人が変るんです
なかなか面白いPVです。


メンバー

現在のメンバー
ティム・ライス=オクスリー (Tim Rice-Oxley, 1976年6月2日 - )
ピアノ、ベース、キーボード、コーラス、ボーカル (1995年から1997年) 。

Tim1.jpg  


トム・チャップリン (Tom Chaplin, 1979年3月8日 - )
ボーカル、キーボード (ライブ時) 、オルガン、アコースティックギター (2003年以前) 。

145297_3G4FHNKCIPD7DWKIYRF1D38GPECEIF_2cfcfer_H151544_L.jpg  


リチャード・ヒューズ (Richard Hughes, 1975年9月8日 - )
ドラムス、コーラス (ライブ時)
0102.jpg 


元メンバー
ドミニク・スコット (Dominic Scott, 2001年脱退)
エレクトリックギター、キーボード、ボーカル (1995年から1997年) 、コーラス (1997年から2001年)
アイルランドのダブリン出身。音楽性の違いが脱退の理由とされる。

Keane281008_5.jpg

 
その他
バンド名Keaneは子供の頃お世話になった「近所のおばさん」の姓をそのままつけたことに由来するといわれている。
ティムは学生時代、同じロンドン大学の学生だったコールドプレイのクリス・マーティンからキーボードとして参加するように頼まれたが、すでにキーンのメンバーとして活動していたので断った。
2007年11月、ロンドンで開かれたチャリティーコンサートにて、ティムがグウェン・ステファニーに提供した曲「Early Winter」をセルフカバーし、その音源はクリスマスプレゼントとして公式サイト上で無料配信された。ちなみに、プッシーキャット・ドールズのニコールにも曲を提供しているティムの元にはブリトニー・スピアーズからもコラボレーションの申し入れがあったが、自ら音楽の質を下げるようなことはしたくないという理由から断ったという。


Somewhere Only We Know
非常にデリケートなヴォーカルなんですが
声に色々な表情が現れます。


ディスコグラフィ 

アルバム
ホープス・アンド・フィアーズ - Hopes And Fears (2004年)
デビューアルバムながら全英初登場1位など、新人としては異例の大ヒットを記録。最終的には全世界で550万枚のセールスを記録(イギリスでは240万枚のセールス)。
アンダー・ザ・アイアン・シー 〜‎深海〜‎ - Under the Iron Sea (2006年)
全英1位・全米4位を記録。
パーフェクト・シンメトリー‎ - Perfect Symmetry(2008年)
イギリスでは同年10月13日、日本では同月15日にリリース予定。

nickm.jpg

 
シングル
サムウェア・オンリー・ウィー・ノウ - Somewhere Only We Know (2004年)
エヴリバディーズ・チェインジング - Everybody's Changing (2004年)
ベッドシェイプド - Bedshaped (2004年)
ディス・イズ・ザ・ラスト・タイム - This Is The Last Time (2004年)
ベンド・アンド・ブレーク - Bend And Break (2005年)
イズ・イット・エニー・ワンダー? - Is It Any Wonder? (2006年)
クリスタル・ボール - Crystal Ball (2006年)
ナッシング・イン・マイ・ウェイ - Nothing In My Way (2006年)
ア・バッド・ドリーム - A Bad Dream (2007年)
ザ・ナイト・スカイ - The Night Sky (2007年)

 

This Is The Last Time
非常にさわやかな曲です、サビの伸びやかなヴォーカルはツボです。


(Wikipedia)  


Spiralling

80年代の風を感じます

Is it Any Wonder?


Is it Any Wonder? - Keane

スポンサーサイト
2008-11-15(Sat) 16:45 洋楽K Keane  | TB(0) | コメント(14) | 編集 |

コメント
  • from ちびた

    こんばんは

    キーン。それは八丈島にいる動物? それはキョン(^^;)

    Everybody's Changing は書いてあったので、大丈夫でしたが、
    いきなりキーボードが着物のちょっと暗い女性になっていて
    なんだいこれは?って感じでしたね。最後の方はボーカルも
    ムキムキマンになっているし・・・でもこの曲聞いたような気もしますね。

    クリスマスのランキングいいですね。
    クリスマス・イブは私には別れの曲、恋人たちのクリスマスは
    クリスマスイブにインフルエンザで高熱出して1人で寝ていた時に
    聞いた曲なんで、ラスト・クリスマスか白い恋人達がいいかな!






    2008-11-15(Sat) 18:33 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • お得意のランキング from 流れ星→ ちびたさん

    ちびたさん、どうもまたまたコメント有難うございます。

    そうですか、今回はしっとりと哀愁ともなうバンドで行きました。
    最近のバンドも色々聴くと新しい発見がありますね、ルーツが70年代80年代という
    バンドが現代風のサウンドで聴かせる訳ですから。

    ちびたさんお得意のランキングです、やっぱり話題にしやすいですね、
    かなり早めの話題ですがまたクリスマス近づいたら
    ちびたさんのブログでもやってください。

    このランキングでは上位が日本の曲多いですがリンクしてますが
    gooでは30位まで紹介されてますね。

    >ラスト・クリスマスか白い恋人達がいいかな!

    ラスト・クリスマスでもワム!でない曲もあったりして、これがなかなかいいので
    いつかご紹介します。

    「白い恋人達」はわりと最近の曲ですが私も好きですね、
    桑田さんはいい曲作りますね!

    2008-11-15(Sat) 20:32 | URL | #- [ 編集 ]


  • 爽やかで いい感じですね! from coco

    流れ星さん こんにちは~♪
    今日は爽やか系のバンドですね。
    すごくいい感じで…私好きです♪^^
    最初の「Everybody's Changing 」を聴いた時、Radiohead のトム・ヨークを
    思い浮かべてしまいました。でも 他の2曲はまた違った表情の曲でした。
    澄んだキレイな歌声で、とても心地いいですね。
    UKでヒットしていたんですね。他の曲も聴いてみたくなりました。
    チェックしてみますね!(b^-゚)♪

    2008-11-17(Mon) 11:24 | URL | #- [ 編集 ]


  • from life

    流れ星さん こんにちは(^^)
    KEANEはギターレス・バンドでメロディも凄く繊細でやわらかい感じですよね^^

    1st.2ndから今回3rdアルバムはちょっと今までとは
    雰囲気が違う感じですが3rdアルバムは柔らかさと
    力強さがあっていい感じに仕上がっていますね^^

    KeaneのUnder The IRON SEAでは、Is It Any Wonder?が好きです^^

    3rdのPERFECT SYMMETRYはSPIRALLINGいいですね^^

    いつも応援ありがとうございます<(_ _)>
    また、お邪魔します^^

    2008-11-17(Mon) 14:29 | URL | #- [ 編集 ]


  • 違った顔 from 流れ星→cocoさん

    cocoさん,こんにちは!

    cocoさんは雰囲気のあるアーチストがお好きなんで
    気に入っていただけるかなーと思ってました。

    結構母性本能くすぐるタイプでしょ、私は息子が好きなアンパンマンを
    思い浮かべるのですよ(笑)

    >Radiohead のトム・ヨークを思い浮かべてしまいました。
    cocoさん好きですからね、最近は結構UKチャートの方が興味深くなって来ました。

    今回、lifeさんから2曲紹介されましたのでアップしておきました、
    私の選曲が静なら動のキーンといっていいと思います、
    ご参考までにまた違ったキーンの顔が見れると思います!

    2008-11-17(Mon) 17:41 | URL | #- [ 編集 ]


  • 80年代の風 from 流れ星→lifeさん

    lifeさん、こんにちは!

    >3rdアルバムは柔らかさと力強さがあっていい感じに仕上がっていますね^^
    なるほど参考になります、アルバム全体を通して聴いていませんのでまた違った面が
    みれました。

    >Is It Any Wonder?が好きです^^

    これは始めて聴きましたがなかなか力強くて華やかで
    キャッチーな曲ですね好みのタイプです。

    >3rdのPERFECT SYMMETRYはSPIRALLINGいいですね^^

    この曲は知ってましたがこの曲だけ聴くと別のバンドみたいで、80年代の風を
    感じるのですがユーリズミックスを代表とするユーロビートみたいな、ひょっとしてカバー?

    いやいや参考になりました!




    2008-11-17(Mon) 17:54 | URL | #- [ 編集 ]


  • 私のツボにハマりました♪ from coco

    流れ星さん こんばんは~♪
    2曲新しくアップして下さったんですね。
    ありがとうございます。^^

    この2曲は、全然違った顔を見せてますね。
    ホント動って感じです。これもまた いいですね!
    私のツボにハマっちゃいました。^^
    アルバムを ぜひ手に入れたいと思ってます。
    素敵なアーティストを紹介してくださって、
    どうも ありがとうございま~す♪ (o´∀`o)/ニコニコ

    2008-11-17(Mon) 20:41 | URL | #- [ 編集 ]


  • 無難なところ from 流れ星→cocoさん

    cocoさん、こんばんは!

    そうですか、このバンドは好きになるとはまるでしょうね、はまるタイプが
    あるんじゃないかと思いますよ。

    私の紹介した3曲がファーストアルバム「Hopes And Fears」からです。

    今年の10月にサードアルバム「Symmetry」が出てますが「Spiralling」に代表されるように
    かなりファースト、セカンドから変ってきているようです。

    この曲の中では聴き込むと「This Is The Last Time」が個人的には一番好きですね。

    無難なところでファーストからがいいかとご参考までに思います。

    2008-11-17(Mon) 22:26 | URL | #- [ 編集 ]


  • from life

    流れ星さん こんにちは^^
    SpirallingとIs it Ary Wonder追加してくださったんですね(^^)
    ありがとうございます。

    2ndAL制作中、バンド内で音楽性の違いで色々あったようですね。
    トム(Vo)は一時期、リハビリ施設に入っていたようで・・・

    今回の3rdアルバムは心機一転で、方向性も変えたようですね^^

    私もThis is the last Timeも好きです^^


    2008-11-18(Tue) 13:56 | URL | #- [ 編集 ]


  • さわやかな風 from 流れ星→lifeさん

    lifeさん、こんにちは!

    追加はよくやる事で皆さんに教えていただく事もよくありましして、
    次いつキーンやるかわかりませんので追加しておきました。

    >トム(Vo)は一時期、リハビリ施設に入っていたようで・・
    これってドラック中毒なんて事書かれてますが、結構気になるんですよね。
    イギリスとかはドラックとか簡単に手に入るのかなーと思ったりして、
    そんなことしそうに無いアンパンマンによく似たトム君なんですがね。

    私は後追いなんでリアルタイムで聞いてる方は流れが分かると思うのですが、
    でも色々アドバイスをいただいて輪郭はつかめました。

    >私もThis is the last Timeも好きです^^
    昨日もヘビロテで何回も聴いていました、さわやかな風が吹いたようです!

    2008-11-18(Tue) 17:20 | URL | #- [ 編集 ]


  • POPSサウンドなのかな ??? from bunta52

    こんばんわ !!
    トム・チャップリンが歌えば、ヘビーの曲でも、どんな曲でもPOPSソングに
    なってしまうのでしょうか?そんな彼のシャイな声がとっても印象に残ります・・・
    聴いていて、なぜか懐かしい感じがしました。
    誰やろう?よく似た歌手がいたような・・・ ♪

    あっそうそう、わたしのブログ、京都の写真のバックに流れる即興の曲 xxx を
    KOTO(古都)に命名しました。これからも幻想的なアドリブの世界を模索したい
    と思っています・・・。


    2008-11-22(Sat) 21:36 | URL | #tbtHsh72 [ 編集 ]


  • 80年代の音楽 from 流れ星→bunta52さん

    bunta52さん,こんばんは!

    トム・チャップリン気に入っていただけましたか、
    彼の声はいい雰囲気を持ってますね、とてもさわやかでいいです。

    懐かしいといえばそうですね、ちょっと80年代の音楽からの
    影響もうかがえますね。


    bunta52さんは80年代はあまりご存じないようですが。

    >京都の写真のバックに流れる即興の曲 xxx を
    KOTO(古都)に命名しました。
    なるほど考えてますね、またそちらにもお邪魔しますね!






    2008-11-22(Sat) 23:35 | URL | #- [ 編集 ]


  • from よーじっく

    こんばんは。(*^^)v

    すみません。実は、アイドル・バンドだと思ってました、デビューの頃ですが。(^^ゞ

    いやいや、今でも、音はここちいいですね。そして、知らないうちに、とても男っぽくなってますね。

    反省しました。m(__)m


    2008-11-26(Wed) 21:42 | URL | #POAirCv2 [ 編集 ]


  • お勉強 from 流れ星→よーじっくさん

    よーじっくさん、こんばんは!

    このバンドはとても雰囲気があって好きなんですよ。
    どうも、最新アルバムでチョッと楽曲が変ってきているみたいですね。
    パワフルになってメリハリが強くなっているようで。
    たぶん、初期の頃が好きと言う方も多少は見えるかと思ってます。

    よーじっくさんの聴かれる方も私が知らないアーチストも多いのでお勉強が
    出来て楽しいですね。

    2008-11-26(Wed) 22:51 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/42-0e7d306f

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。