プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

ドラゴンフォース(DragonForce)
[20081213]

61O5VuFf1ML__SS500_.jpg

 ドラゴンフォース(DragonForce)は、イギリスのメロディックスピードメタルバンドである。

流れ星さんの職業はと聞かれ自称ギターリスト評論家と言って妙に納得してくれた、中学生ギターキッズの茶谷さん、元気にギターの練習に明け暮れているのだろうか(笑)

冗談に一回茶谷さんのギターが聞きたいとリクエストして聞かせてくれた、イングヴェイ・マルムスティーンのクラシカルな曲はほぼ完璧に弾きこなして、荒削りなところはかえって凄い迫力で度肝を抜かれました。

13歳でイングヴェイを弾きこなせるテクニックは凄いと思って、誰からの影響かと尋ねるとお兄さんからって、お兄さんはいくつなのと聞くと実は双子であったというおちまでついて(笑)

流れ星さん、流れ星さんと凄くしたってくれましたね、懐かしいですねありがとう。
たぶん、こんなバンドが好きなんでしょうと言う事で茶谷さんにこの記事をプレゼントしたいと思います。
どこかで聞いて戻ってこないかな、その時は必ずサインいただきます(笑)

プレゼントで思い出しました家の息子がサンタさんに貰うんだってケータイ捜査官7 DXフォンブレイバー01これって携帯に手足がついたロボットなんですね、早速「アマゾン」に注文しないと実はサンタさんは「アマゾン」さんなんですよね(笑)

で、本題です。
ドラゴンフォースはスピードメタルなんですがいやーその速さは尋常ではないですね、いっきにアクセル踏んでタコメーターはレッドゾーンにいっちゃいます。
どの曲もクライマックスはツインリードのギターソロなんですが二人の息もぴったりでフレッドさばきを見てるだけでも楽しくなってきます。

ギターリストにはルーツがあると思うのですがジミヘンであったりクラプトンであったり根底にブルースを感じたり、この サム・トットマンとハーマン・リにはあまり感じませんね、ファミコン、テレビゲーム世代なのかなーギターリストの新しい進化を感じますね。

このドラゴンフォースは上のジャケット「ウルトラ・ビートダウン」は今年の8月20日発売されましたがオリコン9月1日の総合アルバム部門で初登場9位でした、このジャンルでベスト10内は異例の事かと思います。

来年には日本全国縦断ツアーが決定してます。

3/26(木)福岡 Zepp Fukuoka
3/27(金)大阪 Zepp Osaka
3/30(月)東京 Zepp Tokyo
3/31(火)名古屋 Zepp Nagoya
4/2(木)仙台 Zepp Sendai
4/4(土)札幌 Zepp Sapporo

さらに
第51回グラミー賞にノミネートされました。

ベスト・メタル・パフォーマンス
Heroes Of Our Time - DragonForce
Nostradamus - Judas Priest (Track from: Nostradamus)
My Apocalypse - Metallica (Track from: Death Magnetic)
Under My Thumb - Ministry (Track from: Cover Up)
Psychosocial - Slipknot

今最も勢いがある、旬のバンドかと思います!


続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

dragonforce-kerrangshoot06.jpg

 

概要
メロディック・スピード・メタルの代表的なバンドのひとつである。音楽性において特筆すべきこととして、誰も到達したことのないエクストリームな音数とスピードで現代のメタルシーン随一のスピード・スターと称されている。ブラストビートを織り交ぜたスラッシュメタルやデスメタルのような速度で演奏されるドラムに典型的なメロディックスピードメタルスタイルのメロディを乗せるというスタイルは、これまでありそうでなかったものである。

  2655888051_57349eea7f.jpg


また,転調を繰り返しながらギアを上げて突き進むスタイルはこのバンドならではである。また、三枚目のアルバムインヒューマン・ランペイジ製作の中で「メジャーコードを使わずに作曲をする。」と言う前例がないと思われる制約を課した。これについて音楽評論家の伊藤政則は自虐的な展開であり、極端にストイックなアプローチで独特で極端なサウンドを創造し、歴史上、誰も到達していない領域にバンドを立たせることになり運命は不思議なものだ」と語っている。

Heroes of Our Time
最新アルバムからの曲
ツインリードの妙技に注目


DragonForce - Heroes of Our Time -


結成当初はドラゴンハート(DragonHeart)というバンド名であった。しかし、すでに同名のバンドおよび映画が存在していたため、2001年にバンド名を現在の「ドラゴンフォース(DragonForce)」に変更する。
現在までに発表されている楽曲は、その作曲の多くをギタリストのサム・トットマンが手がけたものである。
1曲あたりの時間が6分以上に及ぶ長さのものが大半。ギターソロパートが多いのが最大の要因。

 

dragonforce.jpg


アルバムには必ず1曲はバラードが収録される。やはりギターソロが長い。
2006年夏のオズフェストへ出演しアメリカ市場への進出への足がかりを作った。また同年10月14日には日本のヘヴィメタル・フェスティバル「LOUD PARK 06」への出演も果たした。
国際色豊かなバンドで生粋のイギリス人は一人しかいない。(サムはニュージランド育ち)
 

Through the Fire and Flames 

ドラゴンフォースを象徴する代表曲

Through The Fire And The Flames - DragonForce

2982629024_2affd03523.jpg

 
メンバー

現在のメンバー
ZPサート ZP Theart - (Vocal) (南アフリカ共和国出身)
サム・トットマン Sam Totman - (Guitar)(イギリス生まれニュージーランド育ち)
ハーマン・リ Herman Li, 李康敏 - (Guitar)(香港出身)
ヴァディム・プルツハノフ Vadim Pruzhanov - (Keyboard)(ウクライナ出身)
フレデリク・ルクレルク Frédéric Leclercq - (Bass)(フランス出身)
ヘヴンリーの元メンバー。
デイヴ・マッキントッシュ Dave Mackintosh - (Drums)(イギリス出身)
イギリスのブラックメタルバンドバルサゴスに在籍していた(1998~2004年)。 

2982684310_8369be4b6c.jpg

 
元メンバー
ディコン・ハーパー Diccon Harper - (Bass)(イギリス出身 2001年11月~2002年3月)
エイドリアン・ランバート Adrian Lambert - (Bass) (イギリス出身、2002年6月~2005年10月)
ディディエ・アルムズニ Didier Almouzni - (Drums)(フランス出身、2000年7月~2003年6月)

Operation Ground And Pound
超がつく疾走曲

dragonforce - operation ground and pound - dragonforce

2982703504_12a15059db.jpg 

ドラゴンハート時代のメンバー
スティーヴ・スコット Steve Scott - (Bass)(~2000年11月)
脱退後はスティーヴィ・ウィリアムズと共にパワー・クエストを結成。
スティーヴ・ウィリアムズ Steve Williams - (Keyboards)(~2000年11月)
脱退後はスティーヴ・スコットと共にパワー・クエストを結成。
Matej Setinc - (Drums)(~1999年9月)


2655888197_9aeca454f7.jpg

 

ディスコグラフィー
2000年       ヴァレイ・オブ・ザ・ダムド - Valley Of The Damned (Demo、DragonHeart名義)
2003年       ヴァレイ・オブ・ザ・ダムド - Valley Of The Damned
2004年       ソニック・ファイアストーム - Sonic Firestorm
2006年       インヒューマン・ランペイジ - Inhuman Rampage
2007年海外限定発売 ヴァレイ・オブ・ザ・ダムド(リマスター) - Valley of the Damned - Remixed & Remastered
2008年       ウルトラ・ビートダウン - Ultra Beatdown

(Wikipedia)

Young Guitar DVD Clips
どんな練習したらこうなるの

2655887943_e8437cc4f5.jpg 

スポンサーサイト

コメント
  • こんばんは! from サユサユ

    あれ!!もしかして、1コメ目踏んじゃいましたか☆
    大変~真面目に書かないと・・・・
    今日は日中は暖かかってですね!
    っていきなり、緊張して時候の挨拶から入ってしまいました(汗)
    LOVE LOVE LOVE 大好きな曲でよく弾いていました。

    Heroes of Our Timeのツインリードの妙技に注目しました。凄いです!
    指がはちゃめちゃに動いてます。
    1曲弾くだけで腕がパンパンに張ると思います。
    私、ドラゴフォース、初めて聴きましたが
    めちゃめちゃ気に入りました。
    素敵な音楽をありがとうございました。



    2008-12-13(Sat) 01:35 | URL | #mQop/nM. [ 編集 ]


  • 素質十分 from 流れ星→サユサユさん


    サユサユさん、おはようございます!

    たいしたブログでもないので、緊張しなくても、と思いましたが
    サユサユさんが緊張するわけないですね(笑)

    今日も暖かな日になりそうですね。

    > LOVE LOVE LOVE 大好きな曲でよく弾いていました。
    聴いてじゃなく弾いてですか、ピアノとか弾けそうですね。
    凄い才能ありそうですね(笑)

    > 私、ドラゴフォース、初めて聴きましたが
    > めちゃめちゃ気に入りました。
    いやー有難うございます、この記事にコメント付くかと心配してましたが
    サユサユさん、気に入っていただけてうれしいですね。

    私の聴いていただきたいポイントがズバリですね、
    ただうるさいだけと思わずに聴いて頂けるとこのバンドの魅力に
    気づいていただけると思います。

    ヘビメタ聴ける素質は十分にありますね、これからが楽しみです!


    2008-12-13(Sat) 10:07 | URL | #- [ 編集 ]


  • サンタさん from BILLY

    こんにちは!
    土曜日の朝から強烈なものを聴かせてこの興奮を落ち着かせるのに時間がかかりそうです!
    全部聴いたらお腹一杯で・・・しかも最後のオマケでノックアウトしちゃいました。最高のツインですね!
    そういえば茶谷さんっていましたね。最近の若い子は成長も早いけどテクニックもすごいなあと思いましたね。
    ウチもアマゾンがサンタさんかも・・・(^_^;)

    2008-12-13(Sat) 11:09 | URL | #- [ 編集 ]


  • 次元が違う from 流れ星

    > こんにちは!
    > 土曜日の朝から強烈なものを聴かせてこの興奮を落ち着かせるのに時間がかかりそうです!
    > 全部聴いたらお腹一杯で・・・しかも最後のオマケでノックアウトしちゃいました。最高のツインですね!
    > そういえば茶谷さんっていましたね。最近の若い子は成長も早いけどテクニックもすごいなあと思いましたね。
    > ウチもアマゾンがサンタさんかも・・・(^_^;)
    BILLYさん、こんにちは!

    早速聴いていただけたようですね。
    彼ら二人のギターを聴いてみると私が聴いてきたギターリストと
    明らかに次元が違ってきているんだなーと感じます。

    二人とも高いテクニックを持っていてツインで絡みながら疾走していくスタイルは
    このバンドならではと思いますね。

    彼らのことは2年ほど前から知っていましたが最近になって楽曲も
    よく考えられたものになりました。

    ギターリストの最先端技術が到達した一つの形として
    ご紹介させていただきました。

    サンタさんに今日も息子は頼んでましたね(笑)

    2008-12-13(Sat) 15:53 | URL | #- [ 編集 ]


  • from hirokun

    こんばんは♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます(*^^)v
    もちろんこの記事にもコメ書きますよ(笑)
    正直、メタルは若い時ほとんど聴きませんでしたが、なぜか歳をとったら結構聴けますね。
    何故なのか、そのあたりを流れ星さんに分析
    してもらいたいですね(笑)
    ドリカム・・・
    高校の時はこんなぬるい音楽聴けないなんて
    思ってましたが、最近結構心に染みますね(^_^)v

    2008-12-13(Sat) 18:20 | URL | #- [ 編集 ]


  • 表現力 from 流れ星→hirokunさん

    hirokunさん、こんばんは!

    > 正直、メタルは若い時ほとんど聴きませんでしたが、なぜか歳をとったら結構聴けますね。

    いやーどうもお付き合いさせてしまってすみませんね。
    邦楽、ジャズとはだいぶ路線が違いますけど、まあ、
    流れ星はいくつになっても好きなんです。
    そうですね、私の場合は気分しだいで色々とジャンルを切り替えますね、
    すかーとしたい時、リラックスしたい時とかですね。

    > ドリカム・・・
    > 高校の時はこんなぬるい音楽聴けないなんて
    > 思ってましたが、最近結構心に染みますね(^_^)v

    楽曲のよさと吉田 美和さんの表現力が凄いと思いますね。
    やっぱり女性が歌いたい曲ですよね
    私の結婚式でも従妹がLOVE×3歌ってくれました。



    2008-12-13(Sat) 21:36 | URL | #- [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星さん こんばんは^^
    凄いですね~!やっぱりこのバンドはギタープレイが
    見せ所なのかしら^^;
    伊藤正則さんといえば、Bonjoviでもよく登場するのですが(笑)
    本当に、ストイックですね!
    久々に、こんなスピードメタル見たという感じですが
    これは、車では聴いてはいけませんね(笑)
    あの指は、どうしたら動くのかと、ジッと見ていると
    擽ったい感じ^^;
    でも、ZP(Vo)のハイトーン・ヴォイスもなかなか魅力的だし、デイヴ(D)も凄いですね!
    元気になれちゃう音楽をありがとうございます。

    P.S そう、フィンランド出身のシュトゥルム・ウント・ドラングというメタルバンド思い出しました^^
    日本では12/3に「Rock'n Roll CHILDREN」って
    2ndアルバムリリースしてますが、メタル界のブライテスト・ホープと言われ、新世代のメタル・シーン最終兵器といわれています。
    2ndはジャケットも車です(笑)
    平均17歳のバンドですが、エミー賞も受賞してるから凄いです。また気が向いたら聴いてみてください(笑)
    長々とすみません((+_+))では・・・

    2008-12-14(Sun) 00:39 | URL | #- [ 編集 ]


  • from よーじっく

    こんにちはぁ、(*^^)v

    う~ん、なんとスゴイ!!!
    ヴォーカル部分が、ミュージカルで言うヴァースにしか聴こえない・・・、ギターがスゴすぎる。

    なんか、やたら、色々なところが、ツボなんですけど、どうしよう・・・。(^^ゞ

    テレビ観戦で疲れた私には(笑)、ちょっと今、整理がつきません。(^_^;)

    落ち着いたら、絶対、もう一度聴きに来ますよ。(*^^)v

    いつも、コメント、ありがとうございます。m(__)m

    2008-12-14(Sun) 11:40 | URL | #- [ 編集 ]


  • メタル王国 from 流れ星


    lifeさん、こんばんは!

    忘年会やらなんやらでコメント遅れました(笑)

    > 凄いですね~!やっぱりこのバンドはギタープレイが
    > 見せ所なのかしら^^;
    このバンドはツインリードが特徴で自分たちの
    持ち味がどこにあるか心得てますね、
    他のバンドには無い武器は何であるのか。

    彼らのギターはチョッと言い方が悪いですが曲芸を見てる感じですね。
    私みたいに子供のころから色々なギターリスト聴いているともうチョッと鳴きのギターが
    いいとか、もう少し気持のこもったギターがいいとかありますけどね。

    それはそれで好きなギターリストが一杯いますからね、じゃこんなギタースタイルを
    誰かにと言っても出来ないですよね。

    もうギターパフォーマンスは職人の域ですから、素直に楽しんでしまいたいですね。

    > でも、ZP(Vo)のハイトーン・ヴォイスもなかなか魅力的だし、デイヴ(D)も凄いですね!
    そうそう、彼らの活躍も大きいですね。
    2年ぐらい前から知ってますがバンドとしての完成度がより高くなってきているのを感じますね。

    >P.S そう、フィンランド出身のシュトゥルム・ウント・ドラングというメタルバンド思い出しました^^
    そうそう、このバンドもご存知でしたか、流石に特徴をまとめられてよく分かるご説明ですね。

    > 伊藤正則さんといえば、Bonjoviでもよく登場するのですが(笑)
    伊藤政則さんはゲイリームーアのライブで開始前にロビーで大貫憲章氏とおしゃべりされてましたので
    一言二言お声をかけた思い出がありますね。
    MASAでロック系ミュージシャンとはかなりの数の方と親交がありますよね。

    で、政則氏がこのバンドの事はかなり褒めてみえたとか。
    2,3曲聴きましたがなかなかいいので記事にしようかと考えたのですが情報量がまだ足りないですね。

    フィンランドはメタル王国です。

    2008-12-14(Sun) 17:03 | URL | #- [ 編集 ]


  • 色っぽく from 流れ星

    よーじっくさん、こんばんは!

    気に入っていただけたみたいですね、よかったです。
    中々興味深いバンドかと思いますね。

    私みたいに子供のころからギター聴いていると現代のテクニックの進歩には
    目を見張るものがありますね。
    色々な音楽から影響を受けていると思いますけどね。

    > テレビ観戦で疲れた私には(笑)、ちょっと今、整理がつきません。(^_^;)
    真央ちゃんよかったですね、キムヨナの出来次第のところもありましたが
    まずはよかったです、久しぶりに見ましたが随分色っぽくなりましたね。

    2008-12-14(Sun) 17:12 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    Young Guitar DVD Clips とっても面白かったです。すごいですね、
    とにかくギターのテクニックが。

    彼らはずっといつでも片時もギターを離さず弾いていたんだろうなぁって
    思ったら、やっぱりそうですね。

    そして最後にいいこと言っていますね、自分独自の音にしろ、
    そしてギターを楽しめと・・・

    彼らに「あなたにとってブリティッシュ三大ギタリストとは?」って聞いたら、
    「それ誰?」って答えるかもしれませんね(^^;)

    ヘビメタなんですが、ギタープレイがあまりにも華麗でいい感じにきけました。


    2008-12-14(Sun) 18:50 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • こんばんは! from サユサユ

    あら?コメントが消えました・・・
    二重投稿になったら、すみません。
    週末、いかがお過ごしでしたか?
    今日はモレラに行ってきましたよ~☆
    ピンクの巨大クリスマスツリーが目立っていました。
    結局、スニーカーを買っただけで帰って来ました。
    パソコンの調子が悪く、弟のパソコンから登場しました!


    2008-12-14(Sun) 18:58 | URL | #mQop/nM. [ 編集 ]


  • ルーツ from 流れ星

    ちびたさん、こんばんは!

    > Young Guitar DVD Clips とっても面白かったです。すごいですね、
    > とにかくギターのテクニックが。

    そうなんですよ、このビデオ見てるとまじかで運指の様子が分かるので
    見ているだけでも楽しいのですよ。
    ちょうどマジック見せてもらえる子供のような感じですね。
    しかも2人とも同じぐらいの力量なんでそれでハモっていくんで
    中々同じバンドは無いですね。

    > 彼らに「あなたにとってブリティッシュ三大ギタリストとは?」って聞いたら、
    > 「それ誰?」って答えるかもしれませんね(^^;)

    そこなんです、私も学生の時から好きなので色んなタイプのギターリスト見てますけどね。
    この二人にはルーツが見えないんですよね。

    私なんかはTVゲームが生んだギターリスト出はないかと思ったりしてますよ(笑)


    2008-12-14(Sun) 21:29 | URL | #- [ 編集 ]


  • ローカル話 from 流れ星→サユサユさん

    > あら?コメントが消えました・・・
    > 二重投稿になったら、すみません。
    > 週末、いかがお過ごしでしたか?
    > パソコンの調子が悪く、弟のパソコンから登場しました!

    サユサユさん、こんばんは!

    忙しいのにコメント有難うございます。

    > 今日はモレラに行ってきましたよ~☆
    そうですか、今日はモレラの近くの料理屋さんでお昼は忘年会でした。
    久しぶりの懐石料理でした。

    > ピンクの巨大クリスマスツリーが目立っていました。
    家の息子が確か2年前にツリーの点灯式で保育園の
    子供たちで歌を歌いましたね。

    > 結局、スニーカーを買っただけで帰って来ました。
    今日は混んでましたか、ボーナスが出てお目当ての品を購入する人もいたのでは。

    地元のローカル話も楽しいですね(笑)

    2008-12-14(Sun) 22:13 | URL | #- [ 編集 ]


  • かっちょいい!(≧∇≦)♪  from Shannon@Feel Fine

    流れ星さん、こんばんは!

    先日、Firewindを聴かせていただいた時、
    実はこちらの記事も気になってました。(笑)
    (わかります?)(*^^*)

    Michael Schenkerや、Gary Mooreの泣きのギターで泣いて・・・
    泣いて・・・泣いてる場合じゃないですね!(笑)

    スピードメタル、いいですね~!
    疾走感がたっまりませ~ん!(≧∇≦)♪ 
    コレ、ライヴで体感したいバンドですよね!
    あ、来日するんですか!
    会場Zeppばかりで、オールスタンディングっぽいですね。
    そりゃあ、こんなの座って聴いてたら顰蹙(ひんしゅく)ものですよね!(笑)
    ガンガンやらなきゃ!

    全部聴きましたが、メロディックなところは、
    ANGRAっぽい感じもしません?
    ギターも、ここはツインリードですが、
    あの速弾き、KIKOを思い出してました。

    Heroes Of Our Time、
    第51回グラミー賞にノミネートされたんですか?!
    ベスト・メタル・パフォーマンス、
    他に、Judas PriestやMetallicaもいっしょとは知りませんでした!
    すごいじゃないですか~!

    それに、このDragonForce!
    国際色豊かなのも気に入りました。
    いいですね、メンバーも!
    もう少しいろいろ聴いてみたいと思います。

    最後のYoung GuitarのDVD、
    私はKIKOのも持ってますが、
    生の話も聞けていい企画だと思います。

    2008-12-16(Tue) 20:46 | URL | #Anv/byv2 [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星さん こんばんは^^
    また深夜の訪問になってしまいました(汗)

    >彼らのギターはチョッと言い方が悪いですが曲芸を見てる感じですね。

    本当にそうですね~!ギターを演奏というより、そちらに近いかもしれないです^^;
    しかし神業的ですね^^

    いやらしくキーーンとこないのは、やはりジャーニーに
    負けないハイトーン・ヴォイスですか(笑)

    最近、メタル系は聴くことが減りましたが、こういった
    個性的なバンドは面白いですし、ギタープレイの技術は圧巻ですね^^

    このバンドのメンバーはみなさん異国の方で構成されていますが
    やはりメタルに熱いのはフィンランドなんでしょうね^^
    RockはUK、R&BはUSみたいな感じになってきてますね^^

    深夜の突撃でした(笑)

    2008-12-17(Wed) 00:48 | URL | #- [ 編集 ]


  • 「俺の師匠はバッハだ」 from 流れ星→ Shannonさん

    Shannonさん、こんばんは!

    > (わかります?)(*^^*)
    はい、わかりますよー。
    こうゆう激しくどんどんタイプもいいですよねー。
    音楽ってやっぱり自分の気分しだいで色々チョイスして聴いちゃいますね。

    > Michael Schenkerや、Gary Mooreの泣きのギターで泣いて・・・
    私もこの路線が一番好きなんですけどね、弾いている人の
    感情が心に響くような。

    サム・トットマン、ハーマン・リのプレイにはまったく感情の
    起伏が感じられませんけどね。

    でも彼らには別の次元でほほーってうなります。
    二人とも凄い力量で、なおかつツインリードとなると二人の息が
    合わないといけないので高度な技術を必要とします。
    やっぱり見ているだけでたのしいし、爽快感は十分感じます。

    ほんとに誰をお手本にしたのか、ヤングギターでも買っていれば
    それなりの情報も得たかもしれませんがね。
    たぶん、ルーツを聞いても全然違うタイプのギターリストだったりして。

    イングヴェイ・マルムスティーンみたいに「俺の師匠はバッハだ」なんて
    言いかねないでしょう(笑)

    > コレ、ライヴで体感したいバンドですよね!
    > あ、来日するんですか!
    > 会場Zeppばかりで、オールスタンディングっぽいですね。

    そうそう、私も生で見たいバンドですね。
    このバンドなら若い人も集まるでしょう、ね、是非報告お待ちしてますね(笑)

    ヤングギターのDVDも手の動きが細かく見れるのでとても興味深い内容ですね。
    彼ら二人のテクニックは脱帽ですよね!

    > Heroes Of Our Time
    私も前からチェックしてましたけどね、
    今一PVがぐっとこなくて紹介出来なかったですが、
    このPV見たらこれならこのバンドのよさが出ているので
    記事にしてみました。

    まだ、2つぐらいヘビメタと言えるバンド記事作ってますけどね
    皆さんの顔色伺いながらチョっとずつ行こうかな。


    2008-12-17(Wed) 18:31 | URL | #- [ 編集 ]


  • 個性 from 流れ星→lifeさん

    lifeさん、こんばんは!
    > また深夜の訪問になってしまいました(汗)
    いいですよ、24時間営業ですからいつでもお立ち寄りくださいね(笑)

    > しかし神業的ですね^^
    ほんとにそうですね、色々なテクニックを駆使してますね。
    バン・ヘイレンが登場してライトハンド奏法なんて世界の度肝を抜きましたが、
    今でいゆタッピングですね。
    ヤング・ギターのビデオでも見れますが二人ともちゃんと小指を使ってますね。
    昔のギターリストはほとんど小指は使いませんね。

    > 個性的なバンドは面白いですし、ギタープレイの技術は圧巻ですね^^
    そうなんですよ、このバンドしか出来ない個性を持ってますからね、
    そこが強みなんですよね。

    > やはりメタルに熱いのはフィンランドなんでしょうね^^
    > RockはUK、R&BはUSみたいな感じになってきてますね^^
    メタルはブラジルとかも出てきてますね。
    lifeさんおっしゃるとウリですね、私も最近はビルボードよりも
    UKチャートが気になって、R&Bも嫌いではないですが
    自分の中ではあまり聞かないジャンルですね。

    そうゆう意味ではブログも個性があった方が面白いと思いますので
    流れ星のブログもこのスタイルで変わらず行きたいです。

    2008-12-17(Wed) 19:10 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/44-4d05c7f6

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。