プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

エアロスミス (Aerosmith) GET A GRIP
[20081202]

img_433829_54904818_0.jpg 

エアロスミス (Aerosmith) は、マサチューセッツ州ボストン市を拠点に活動するロックバンド。

今回はアルバム「ゲット・ア・グリップ」をご紹介しようと思います。
このアルバムジャケットは牛のお乳をドアップですね、非常に印象に残りますね、過去に牛のジャケットで有名なバンドがありますね、ご存知ですよね。


ピンク・フロイド「原子心母」1970年

album_Pink-Floyd-Atom-Heart-Mother.jpg

 そうです、ピンク・フロイドのアルバムですね、ちびたさんもご存知でしょ(笑)

来年の干支は牛ですね。
実は流れ星は来年は年男になるんですね、牛がそろいましたねめでたいめでたい(笑)

エアロスミスは私ぐらいの歳はロックス - Rocks  1976年発表、ドロー・ザ・ライン - Draw the Line  1977年、ライヴ・ブートレッグ - Live! Bootleg  1978年このあたりをアルバムで持ってました。

この時代のアルバムは名盤ばかりですね、当時はQUEEN、KISS、そしてAerosmithとロックの御三家として雑誌「MUSIC LIFE」で大々的に取り上げられました。
当時は洋楽聴く子が少なくてバリバリに聴いているのは私を含めて学年で3人でした、おこづかいの少ない私達は担当バンドを決めてアルバムを買って皆で聴く事が凄く楽しい思い出です。
私はAerosmith担当でした。

1977年はAerosmith初来日ですね、この時のコンサートは是非行きたかったのですが、結局ずっとあとになり1998年名古屋ドームで見ました、でもこれがなかなか忘れられないコンサートになりました。
球場に降りて行き席が後ろから5列目でステージは先のほうで小さく、そして大画面のモニターが近くにありました。
始まってしまい、ステージを見てたのですがよく動きが分からず、モニターとにらめっこで最後まであっとゆうまでしたね。
その場にいるのに衛星中継を観たような感じでしたね、ま、これもいい思い出となりました。

で、ゲット・ア・グリップ」ですが1993年発表ですね。
このアルバムは始めての全米NO.1アルバムに輝きました、このアルバムは細部までこだわったバンドの意気込みが感じられるアルバムです。
アルバムを一枚聴き終えたあとは良質の映画を鑑賞した気分になるとライナーに書かれていた記憶があります、どの曲も利き所が満載ですね。

今回のメイン記事にはKISSも遊びに来てますね、なんのこっちゃ(笑)

ビデオはすべて高画質なので大画面モードで鑑賞される事をお奨めします。

 

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

概要

ヤードバーズをはじめ、1960年代のブリティッシュ・ロックというフィルターを通して、自国の音楽を表現しようとした。

1970年代に第1次黄金時代を築くが、その代償とも言えるドラッグや人間関係の問題で1980年代前半は低迷。全員が麻薬中毒の治療のために更生施設に入院。これは、落ちても這い上がろうとした彼らの執念の表れとして今も語り継がれている。

その後、ロック史にも珍しい復活(1985年)を果たし、商業的には1970年代を上回る第2次黄金期を築いた。

734123659_d4bda68009_o.jpg

 
1998年映画「アルマゲドン」のメインテーマを手がけた。同映画のヒロイン女優、リヴ・タイラーは、ボーカルのスティーヴンとベベ・ビュエルの間に産まれた実の娘。

日本でも大いに受け入れられ、1970年代後半はキッス、クイーン、チープ・トリックと並び、10代に人気があった。来日回数も多く、1998年には海外アーティスト初の4大ドーム・ツアーを敢行した。


ADB-000825.jpg 
バンド結成当初、ドラマーだったスティーブン・タイラーがヴォーカルとドラムスを兼任するはずだったが、目立たないので兼任をやめ、彼の悪友ジョーイがドラマーとして加入した経緯がある。 尚、バンド名はドラムスのジョーイによる造語。

2001年に『ロックの殿堂』入りを果たす。他にも今まで『ピープル・チョイス・アウォーズ』2回、『ビルボード・ミュージック・アウォーズ』6回、

『アメリカンミュージック・アウォーズ』8回、『ボストン・ミュージック・アウォーズ』23回、『MTVビデオ・アウォーズ』12回、『グラミー賞』4回など数々の賞を受賞している。『ローリングストーン誌』、『ヒットパレード誌』でも最優秀ロックバンドに選ばれている。

『MTVアイコン』に選ばれた初のロックバンドでもある。

Eat The Rich
ヴォーカルはちょっとラップも取り入れながら
新しい雰囲気も盛り込みながらそれでもエアロスミス節が炸裂してます。

Eat The Rich - Aerosmith

1143233180_3c01d77959_b_convert_20081130120545.jpg

 

メンバー

現メンバー
スティーヴン・タイラー(Steven Tyler)
本名:スティーヴン・ヴィクター・タラリコ(Steven Victor Tallarico) - ボーカル、ブルースハープ、ピアノ
ジョー・ペリー(Joe Perry)
本名:アンソニー・ジョセフ・ペリー(Anthony Joseph Perry) - リードギター
ブラッド・ウィットフォード(Brad Whitford)
本名:ブラット・アーネスト・ウィットフォード(Brad Arnest Whitford) - リズムギター
トム・ハミルトン(Tom Hamilton)
本名:トーマス・ウィリアム・ハミルトン(Thomas William Hamilton) - エレクトリックベース・キーボード・ベース
ジョーイ・クレイマー(Joey Kramer)
本名:ジョセフ・マイケル・クレイマー(Joseph Michael Kramer) - ドラムス

2631195532_ff25f9ce1d_b_convert_20081130130439.jpg

 
一時在籍メンバー
レイモンド・タバーノ(Raymond Tabano) - ギター
デビュー前にウィットフォードと交代、バンドロゴ考案者
ジミー・クレスポ(Jimmy Crespo) - ギター
「ナイト・イン・ザ・ラッツ」、「美獣乱舞」参加
リック・ダフェイ(Rick Dufay) - ギター
「美獣乱舞」参加
デイヴィッド・ハル(David Hull ) - ベース
2006年現在、癌治療中のトムに代わって全米ツアーに参加

Livin’ On The Edge
スティーヴン・タイラーがセクシーポーズで出てきますが
チョッとカントリーっぽいですね
それにしても凝ったPVですね。

Aerosmith - Livin’ On The Edge - Aerosmith


略歴
1970年代夏、アメリカ、ニューハンプシャー州サナピー湖のザ・バーンというクラブで演奏していた、ジョー・ペリー (g) とトム・ハミルトン (b) のバンド、ザ・ジャムバンドを見たスティーヴン・タイラー (vo) は彼らと新たにバンド組む事を決意した。スティーブンによると彼らの演奏は最低だったが、彼らのエネルギッシュなプレイは最高だったという。


2721128048_fc831a298b_o.jpg 
当時、既にバンド『Chain Reaction(チェーン・リアクション)』でプロとしてデビューしていたスティーブンは、同年、このまだ見ぬ架空のバンドのドラムに友人のジョーイ・クレイマーを、そしてもう1人のギタリストに同じく友人だったレイモンド・タバーノを迎えたが、翌年にはレイモンドが脱退し、変わりにバークリー音楽大学を卒業し、複数のバンドでの経験を持っていたブラッド・ウィットフォードを迎える事になる。

そしてこの5人が、エアロスミスのオリジナルメンバーである。こうして、兄弟となった5人はボストンの小さなアパートの個室で共同生活をする事になった。エアロスミスというバンド名は、ジョーイが学生時代ノートの隅に書いてあったバンド名の1つであり、空気を意味するAeroと職人を意味するSmithを合わせた造語である。


その彼らは、自分達の音楽観でブリティッシュ・ロックをフィルタリングしてハードロックという形で、アメリカのロック界の発展に大きく寄与したバンドの1つである。1970年代、当時は「ドラッグ、アルコール、セックス」といったイメージが非常に強かった彼らが、1980年代前半の低迷期、その後の第2次黄金期を経て、ゴージャスなロックンロール・バンドへと変貌していった話は有名だ。しかし、そのような山あり谷ありのミュージシャン人生の中で今なお、彼らは自分達のスタイルを確立し続けている。

(Wikipedia)


 楽屋裏訪問 KISSご一行様

2946180091_9189911970_o_convert_20081130114543.jpg

 

『ゲット・ア・グリップ』 (GET A GRIP) とはアメリカのロックバンドエアロスミスが1993年にリリースしたアルバム。

解説
エアロスミス初の全米アルバムチャート1位を記録した作品。年間チャートでも1993年14位/1994年21位と2年にわたる大ロングセラーを記録した。「アメイジング」(全米24位)、「クライン」(同12位)、「リヴィング・オン・ジ・エッジ」(同18位)、「クレイジー」(同17位)といったシングル・ヒットも生み出す。

レニー・クラヴィッツが「ライン・アップ」の作曲とボーカルに参加。当時ダム・ヤンキースで活動していたジャック・ブレイズとトミー・ショウも曲作りに参加している。 


収録曲
13.はボーナス・トラック。

イントロ - Intro
イート・ザ・リッチ - Eat the Rich (Steven Tyler, Joe Perry, Jim Vallance)
ゲット・ア・グリップ - Get a Grip (S. Tyler, J. Perry, J. Vallance)
フィーヴァー - Fever (S. Tyler, J. Perry)
リヴィング・オン・ジ・エッジ - Livin' on the Edge (S. Tyler, J. Perry, Mark Hudson)
フレッシュ - Flesh (S. Tyler, J. Perry, Desmond Child)
ウォーク・オン・ダウン - Walk on Down (J. Perry)
シャット・アップ・アンド・ダンス - Shut Up and Dance (S. Tyler, J. Perry, Jack Blades, Tommy Shaw)
クライン - Cryin' (S. Tyler, J. Perry, Taylor Rhodes)
ゴッタ・ラヴ・イット - Gotta Love It (S. Tyler, J. Perry, M. Hudson)
クレイジー - Crazy (S. Tyler, J. Perry, D. Child)
ライン・アップ - Line Up (S. Tyler, J. Perry, Lenny Kravitz)
キャント・ストップ・メッシン - Can't Stop Messin' (S. Tyler, J. Perry, J. Blades, T. Shaw)
アメイジング - Amazing (S. Tyler, Richie Supa)
ブギー・マン - Boogie Man 

reg_IMG_8976.jpg

 
参加ミュージシャン
スティーヴン・タイラー - ボーカル、キーボード、ハーモニカ、マンドリン
ジョー・ペリー - ギター、ダルシマー、リード・ボーカル(on「ウォーク・オン・ダウン」)
ブラッド・ウィットフォード - ギター
トム・ハミルトン - ベース
ジョーイ・クレイマー - ドラムス、パーカッション
ゲスト・ミュージシャン

ジョン・ウェブスター - キーボード
デスモンド・チャイルド - キーボード(on「クレイジー」)
リッチー・スパ - キーボード(on「アメイジング」)
レニー・クラヴィッツ - ボーカル(on「ライン・アップ」)
ドン・ヘンリー - バッキング・ボーカル(on「アメイジング」)
ザ・マルガリータ・ホーンズ(Tom Keenlyside, Bob Rogers, Ian Putz, Paul Baron, Bruce Fairbairn) - ホーン・セクション

Cryin'
少しバラードっぽい曲
ジョー・ペリーのブルージーなギターが光ってます

Cryin - Aerosmith


604698254_f376e5a53e_b_convert_20081130013806.jpg

 
スティーヴン・タイラー(Steven Tyler、1948年3月26日 - )は、ロックバンド「エアロスミス」のボーカリスト。アメリカ・ニューヨーク出身。イタリア系アメリカ人である。フルネームはSteven "Victor" Tallarico。大きな口が特徴。ジョー・ペリーと共にソングライティングを手掛けており、バンドのフロントマンである。派手派手しいステージ衣装とマイクに巻きつけたスカーフがトレードマーク。初期にはジャック・ダニエルズの酒瓶も持って登場していたが、バンドイメージの変遷に伴って現在では取りやめている。

reg_IMG_8907.jpg

 
1989年、アリス・クーパーのアルバム「Trash」に参加。
リンゴ・スターのアルバム「Vertical Man」(1998)のDrift Awayは、リンゴとトム・ペティとアラニス・モリセットがボーカルを取り、スティーヴン・タイラーはドラムを担当しているが、スティーヴンがボーカルを担当している貴重音源のプロモーション・テイクが存在する。また、同作ではビートルズのセルフカヴァー「Love Me Do」で、ハーモニカを演奏。
2004年、映画、「ポーラー・エクスプレス」ではアニメーションのキャラとして、彼が妖精役で登場するシーンがあり、自身初のソロ名義曲である「Rockin' On Top of the World」を熱唱している。
2005年、サンタナのアルバム「All That I Am」、ジャズ・トランペット奏者クリス・ボッティのアルバム「To Love Again」にゲスト参加している。
2006年、映画「BeCool」に俳優・ジョン・トラボルタ、R&Bシンガー・クリスティーナ・ミリアンと共演。
 

reg_IMG_8915.jpg

 

歌唱法
ブルースやR&Bなどを歌唱法の根底に置きながら、ハードロックの影響を受けたボーカリストとして、ミック・ジャガー、ジャニス・ジョプリンを上げており、1stの野獣生誕(Aerosmith)では喉に力を込めた癖のある歌い方で、彼らの姿を彷彿とさせたが2ndの飛べ!エアロスミス(Get Your Wings)、3rdアルバムのToys in the Attic、4thアルバムのRocksと続くにつれて次々と独自のスタイルを確立しロバート・プラントから影響を受けたとされる高音の鋭いシャウトや、独特なスキャットなどを用いるようになった。


高音に達するとのどを嗄らすかのように振るわせ、叫び声のような歌い方も特徴である。 若い頃よりも声の出が良くなっており、特にBack in the Saddle等でのシャウトは40代、50代になってからの方が迫力がある。

母国のアメリカでは、セックスシンボルおよび、ロックアイコンとして今尚多くのボーカリストから尊敬を集めており、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズ、B'zの稲葉浩志などを始め、後のロックボーカルにも強く影響を与えた。ガラガラ声でシャウトするようなイメージもあるがAngel等のバラードでは綺麗なハスキーボイスで歌いこなす。
また、その独特の歌唱法から「悪魔の雄叫び」(The Demon of Screamin)のニックネームが使われるときがある。
 


その他
ボストン・レッドソックスファンである。頻繁に観戦に訪れ、2004年のワールドシリーズ第1戦で国歌を独唱した。レッドソックスのTシャツを着て歌うこともあり、シリングなど選手との親交もある。

ジョー・ペリーとのコンビは'The Toxic Twins'と呼ばれる。

アルマゲドンで有名なハリウッド女優リヴ・タイラーの実父である。

たい焼きが大好物だが、そのことが広く知られてしまったために多くのメーカーから鯛焼き機が送られてきてその処理に困っている。日本公演のトークでも「もう家は鯛焼き機でいっぱいなんだ!。頼むから送らないでくれ!!」と言ったことがあった。

(Wikipedia) 

Crazy
こちらもスローバラード
ジョー・ペリーっていいギター弾きますね
2人の不良少女はセクシー


Crazy - Aerosmith

1143055224_c46f69c2c9_b_convert_20081130014306.jpg

 

ジョー・ペリー(Joe Perry、1950年9月10日 - )は、アメリカのミュージシャン。ロックバンド「エアロスミス」のリードギタリスト。本名はアンソニー・ジョゼフ・ペリー(Anthoney Joseph Perry)と言う。ローリング・ストーン誌の2003年8月号のカバーストーリー、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に於いて第48位。

来歴
アメリカ・ボストン郊外出身。少年時代、最初に手にした楽器はウクレレだった。

ロックバンド「エアロスミス」のメンバーとして1971年にデビュー。エアロスミスではボーカルのスティーヴン・タイラーとともにソングライティングを担当。このコンビは「トキシック・ツインズ(The Toxic Twins)」と呼ばれる。地道な活動によりバンドは徐々に人気を獲得していき、1970年代半ばに大ブレイク、キッスやレッド・ツェッペリンと肩を並べるほどにまで成長した。また、アルバム「ロックス」(1976年)以降、一部の楽曲でリード・ボーカルを取るようになった。

1142584345_80093336a1_b_convert_20081201221542.jpg

 1980年、スティーヴン・タイラーとの確執などを原因にエアロスミスを脱退。「ジョー・ペリー・プロジェクト」を結成し、1983年までに3枚のアルバムを発表。だがエアロスミスほどの成功は得られなかった。この間エアロスミスも、相次ぐメンバー脱退や交通事故によるスティーヴンの入院、アルバムの興行的不振など、暗礁に乗り上げていた。しかし時間の経過に伴い、スティーヴンとも和解。1984年に、同じく脱退したオリジナルメンバーのブラッド・ウィットフォードとともに、エアロスミスに復帰。

2004年にエアロスミスは無期限活動休止を宣言。この期間を利用してジョーは、かなり昔から温存していた数々の曲のレコーディングに取り掛かり、2005年5月、今度は「ジョー・ペリー」名義でのソロアルバムを発表した。

2007年にはエアロスミスとしての活動を再開、全米ツアーを敢行した。

1143521570_5009cb00f6_b_convert_20081130122846.jpg

 

シグネイチャー・レスポール
ジョーはギブソン・レスポールのシグネイチャー・モデルをギブソン社から提供されている。

シグネイチャーモデル制作の際、ジョーはギブソンの担当者に、軽いギターであることを求めた。それはジョーによると、それまで使用してきたレスポールが大抵重かったことを理由に挙げており、ジョーが最も適した重さを求めていたからである。 


その他
ボストン・レッドソックスのファンである。
キッスのステージに唯一、正式メンバー以外の人間で立ったことがある。 

ディスコグラフィ 

ジョー・ペリー・プロジェクト名義
熱く語れ!(Let the Music Do the Talking)1980年
忘れじのロックン・ロール (I've Got the Rock'n'Rolls Again)1981年
いつまでも熱く(Once a Rocker, Always a Rocker)1983年

ジョー・ペリー名義
ジョー・ペリー(Joe Perry)2005年



Amazing
ドラマチックな曲
徐々に盛り上がる楽曲は圧巻

Amazing - Aerosmith

297391851_876f5bab3c_b_convert_20081130122633.jpg

 



(Wikipedia)

 

スポンサーサイト
2008-12-02(Tue) 23:40 洋楽A Aerosmith | TB(0) | コメント(22) | 編集 |

コメント
  • from life

    流れ星さん こんばんは^^
    おぉ~!出ましたね!Aerosmith!!
    Livin' on~はセクシー過ぎるスティーヴにドッキリです^^;

    私的にAerosmithはバラードが好きですね^^
    バリバリ☆エアロよりCryinやCrazyのような曲が
    好きです。

    私は行っていませんが、友達にエアロ好きな子がいてliveに行って興奮していました。

    久々にAerosmithを堪能させて頂きました。
    ありがとうございました(^^)v
    うん!満足です。

    2008-12-03(Wed) 00:57 | URL | #- [ 編集 ]


  • エアロ最高!! from chika

    丑年・・・・ですか。
    私も来年歳女でございます(^^;

    このアルバムは、もう何十回も聴いてるカンジ。
    ハズレ曲はひとつもないと思います。

    今回の画像も素晴らしいですね!!
    スティーブンのファッションが、大阪のおばちゃんに
    見えてしまうのは、私だけかな(笑)

    今日は一日エアロを堪能しようと思いました。
    サンキュです(^^)

    2008-12-03(Wed) 09:33 | URL | #pJH/xWMs [ 編集 ]


  • うわっ!、エアロだ!! from YASU

    妻がエアロ狂なので、僕もよく聴かされますが、このアルバムはいいですね。
    僕も好きですよ。

    2008-12-03(Wed) 11:34 | URL | #cDFNNeWA [ 編集 ]


  • from hirokun

    こんにちは♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます(*^_^*)
    エアロ一時期結構聴きました。
    ロックにはあまり傾倒しなかったんですが、
    好きなバンドですね。
    この大塚愛、バンクフェスの模様ですね。
    毎年DVD購入している大好きなイベント
    です。良いです、このナンバーこそ女の子に
    歌ってもらいたいです!
    以前、リクエストOKって言ってたので、遠慮なく(笑)
    ブルーススプリングスティーンかシェリルクロウ
    が良いです(*^^)v

    2008-12-03(Wed) 12:07 | URL | #- [ 編集 ]


  • 不死鳥 from 流れ星→lifeさん

    lifeさん、こんばんは!

    >Livin' on~はセクシー過ぎるスティーヴにドッキリです^^;
    そうですね、おいおいと思いましたよ(笑)
    サービスしすぎですね。

    >私的にAerosmithはバラードが好きですね^^
    ほーなるほど、わかりますよ。
    私は70年代のエアロの思い出がありますので
    「DREAM ON」がいち押しですね。

    >私は行っていませんが、友達にエアロ好きな子がいてliveに行って
    興奮していました。
    私のブログ仲間の方も海外ライブ経験者いらっしゃるみたいですよ。

    エアロも ジョー・ペリーが抜けてパットしない時期がありましたが見事に
    不死鳥のように復活しましたね。

    今回久しぶりにエアロ聴きましたがジョー・ペリーがいい仕事してますね。
    改めて思いました。





    2008-12-03(Wed) 20:11 | URL | #- [ 編集 ]


  • 最高のバラード from BILLY

    こんばんは!
    あれれ、流れ星さんがエアロを紹介するとは、ドームのお話を聞いていたので以外でした。
    このアルバムは私もお気に入りで最高っす。特に紹介された動画のおしり3曲はどれもおっしゃるとおりドラマティックで感動的ですね!私も何回も動画見ました。

    KISSとのツー!?ショットもいいですね(*^_^*)

    2008-12-03(Wed) 20:12 | URL | #- [ 編集 ]


  • 凝りに凝って、練りに練っている from 流れ星→chikaさん

    chikaさん、こんばんは!

    >私も来年歳女でございます(^^;
    あらあら、いいんですか年ばれですよ(笑)
    どうりで、ポールとかレインボーで共通の話題が出るわけですね。
    少しずつchikaさんのベールがはがれていきますね。

    >このアルバムは、もう何十回も聴いてるカンジ。
    このアルバムはエアロスミス入魂のアルバムでしょうね。
    凝りに凝って、練りに練っているそんな印象ですね。

    >スティーブンのファッションが、大阪のおばちゃんに
    あ、 スティーブンが着るからどんな服でもおしゃれになっちゃうのかな。

    >今日は一日エアロを堪能しようと思いました。
    ハイそうしてください。




    2008-12-03(Wed) 20:25 | URL | #- [ 編集 ]


  • 自分でも満足 from 流れ星→YASUさん

    YASUさん、こんばんは!

    はい、大好きな奥さんはハグされてチューもでしたね。
    YASUさんお気に入りのアルバムなんですね。
    前のブログでエアロ紹介してますけどね、ほんのさわり程度でしたので、
    きっちっと記事が出来ましたので、自分でも満足してますよ。

    やっぱり記事作って思いました、凄いバンドです。

    2008-12-03(Wed) 20:34 | URL | #- [ 編集 ]


  • 切なさがぐっと来ます from 流れ星→ hirokunさん

    hirokunさん、こんばんは!

    こちらこそいつもお世話になってます。

    >エアロ一時期結構聴きました。
    エアロクラスだとドームに行っても年齢層が広いですね、
    アダルトからチルドレンまで(笑)

    >この大塚愛、バンクフェスの模様ですね。
    そうなんですが、このビデオは一ヶ月限定の期限付きみたいですね。
    この歌の切なさがぐっと来ますね、是非歌ってほしいです。
    逆もあります、「彼に歌ってほしい 」又紹介します。

    >ブルーススプリングスティーンかシェリルクロウ
    が良いです(*^^)v
    いいですね、ブルーススプリングスティーンは他の方ともお約束してますので
    今は3日に一回の更新ですので何とか年内にはご紹介したいですね。

    シェリルクロウこちらも行きましょう、チョッと私も勉強しますので少しかかりますが
    やりましょう。

    いやー、リクエストはうれしいです大歓迎です。



    2008-12-03(Wed) 20:49 | URL | #- [ 編集 ]


  • 名曲の宝庫 from 流れ星→BILLYさん

    BILLYさん、こんばんは!

    >このアルバムは私もお気に入りで最高っす
    皆さん共通して好きなアルバムのようですね、このアルバムチョイスして正解ですね。

    このアルバムは名曲の宝庫ですね、PVもどれも凝ってますね。

    そう、KISSとの写真も掘り出し物ですね。
    こうゆう写真が探していると出てくるのでこれが楽しみの一つですね。
    いい写真だと記事も生き生きしますので探しがいがありますね。

    chikaさんと私は同級生でした。
    そしてBILLYさんは40代のお仲間でこれからもよろしくです!


    2008-12-03(Wed) 21:06 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    今回はピンクフロイドですね、「Atom Heart Mother」名盤です。というかほとんどが名盤になってしまいます・・・ジャケットに何も文字が入っていないバージョンと文字が入っているバージョンがあるんですよね。あれ?なんか違う・・・今晩はお呼びでない(^^;)

    なんだ、良く読み進めたらなんだエアロスミスじゃないですか!
    わざとらしい展開、これは何かありますね・・・そう、今日と明日は音がでるPCが
    使えない日です(^^;)なんじゃいそれはって感じですよね。

    しかし、文書と写真だけで十分楽しめるぐらい、今回は気合いが入っています
    ね>流れ星さん!

    スティーブンタイラーはもちろん好きですが、アルマゲドンに娘が出ているっていう
    だけで映画を見に行きましたよ。まあもともとブルース・ウィリスも出ていてすごく
    前評判がいい映画でしたけど。似ていますよね娘さん、口元とか。

    やはりギタリストのジョー・ペリーですね。ドロー・ザ・ラインのギターがすきです。
    彼はジェフベックをとっても尊敬していたんではなかったでしたっけ?ライブでは
    ジェフズブギ(だったかな?)をちょろっと弾いたりしていたような。

    復活してまた成功していたというのは、実はあまり知らなかったです、1970年代から
    80年代までのイメージですね。私には・・・(^^;)
    あとはRUN‐D.M.Cがウォーク・ディス・ウェイをカバーして大ヒットした、これって
    いつ頃でしたけ?これもかなり古いですよね。


    2008-12-03(Wed) 22:32 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • 久々なのに… from John

    喰いつくところは『原子心母』…爆
    牛さんのジャケットはインパクトありましたね~
    タイトルになってる「Atom Heart Mother」は組み曲形式で23分以上の曲にになっていますが大好きですよ~
    あと、豚さんが飛んでる『アニマルズ』のジャケットもええね^^
    で、牛さんと言えばZakkのPride & Gloryも忘れずに~

    ジョー・ペリーモデルのStudio Liteが大量に生産されて、このモデルはカラーバリエーションが多く、色で魅かれるおいらにとっては「おっ!この色ええなぁ~…あ…Studio Liteか…じゃあいらな~い」って感じが多くて困りました
    軽いものを求めていた人は少なくないと思うけど、あのレスポール特有のバインディング(ボディーの縁)がないと寂しいのでどうも好きになれないおいらです
    安いのは歓迎なんやけどね(^^ゞ

    ところで、そっかぁ~流れ星さんは来年24になるのかぁ~
    でもそれだったらおいらは18じゃん…
    ε=ε=ε=ε=ε=(つД≦)ノ

    2008-12-03(Wed) 23:02 | URL | #dp6IxwUE [ 編集 ]


  • from よーじっく

    こんばんはぁ、(^^♪

    今日は早く寝ようと思ったのに、(^_^;)
    結局全部聴いてしまいました。

    私はバラードもいいけど、ロックしているシンプルなのもいいなぁ。

    いつも、ご訪問とコメント、ありがとうございます。

    2008-12-03(Wed) 23:12 | URL | #POAirCv2 [ 編集 ]


  • from サユサユ

    きゃ~~この曲大好きです!
    「プラネタリウム」☆
    この曲、ドラマ「花より男子」の主題歌だったんですよね~
    エアロさん、名前は何処かで聞いたことが・・・
    あっ!あれは車のエアロでした(汗)
    ラップ調でノリノリの曲ですね!
    あれ???やはり、聴いたことある!
    CMか何かで流れていましたか?

    大野温泉、私も以前、よく行ってましたよ!
    もしかして、会っていたかもしれませんね~
    あそこの受付のお兄さん、年は多分いっていると思いますが(笑)結構、背が高くてイケメンでしたよね!今も、いらっしゃるのかな・・・
    でも、プール、ジムの方は行ったことないんですよ。
    大体、温泉に2時間30分位、入ってますので
    それで満足というか湯疲れで帰ります。
    温泉も少しヌルッとした感触で、池田温泉みたいに閉塞感を感じず、ゆっくりのんびりと湯を楽しめますよね~確か低温サウナですよね!
    それもお気に入りの一つでした。



    2008-12-04(Thu) 00:07 | URL | #mQop/nM. [ 編集 ]


  • Train Kept A Rollin from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、こんばんは!

    >ジャケットに何も文字が入っていないバージョンと文字が入っているバージョン
    やっぱり、ピンクフロイド語りだすと止まりませんね。
    確かにあるのとないのがありました。
    ピンク・フロイドのライブは自分の生涯の中でも一番かもしれませんよ。
    コンサートの枠を超えてますね、人生観変わりました(笑)

    と言う事でピンクフロイドは素晴らしい、おいおい(笑)
    >今日と明日は音がでるPCが
    使えない日です
    えー、そんな日があるんですか、家族の持ち物でしょうか。

    >今回は気合いが入っています
    ね>流れ星さん!
    いやいや、有難うございます、今回もです(笑)

    >似ていますよね娘さん、口元とか。

    リヴ・タイラーは知らなかったらしいですね、スティーブンタイラーの腹違いの子供の顔を見て母親を問い詰めたらしいです。
    私はロード・オブ・ザ・リングが印象に残ってます。

    >彼はジェフベックをとっても尊敬していたんではなかったでしたっけ?
    Train Kept A Rollin をやってたくらいですから好きなんでしょうね。

    RUN‐D.M.Cって初めて聞きました、ヒップホップ系みたいですね、確かに
    「ウォーク・ディス・ウェイ」が大ヒットしたんですね。
    ちびたさん詳しいですね、流石です!

    2008-12-04(Thu) 00:08 | URL | #- [ 編集 ]


  • トラ目模様 from 流れ星→ Johnさん

    おぉ、Johnさんおひさー!

    時々覗いても更新されていないので心配してました。
    よくある事なんで逃避行でしたね。

    何か、ピンクフロイド話になってきましたね。
    私はBOXセットで持ってますよ。
    ピンクフロイドももう一度やらないとね。

    >で、牛さんと言えばZakkのPride & Gloryも忘れずに~

    私はザックの事はほとんど知らないですけど、このジャケットは
    一瞬羊かと思いましたよ。

    >軽いものを求めていた人は少なくないと思うけど

    実は私もレスポール型のトラ目模様のギター買ったんですけど
    やっぱり私には重すぎた。

    ま、半年のお付き合いでしたけどね(笑)

    そうそう、早いもので24ですね。
    やっぱりいくつになってもヘビメタオヤジですね。

    あ、エアロの記事でした、終っちゃったよー。


    2008-12-04(Thu) 00:21 | URL | #- [ 編集 ]


  • 満足感 from 流れ星→よーじっくさん

    よーじっくさん、こんばんは!

    こちらこそいつもコメント有難うございます。

    >今日は早く寝ようと思ったのに、(^_^;)
    >結局全部聴いてしまいました。

    あらー、お付き合い、有難うございます。
    エアロの歴史の後半は私はこのアルバムが一番好きですね。

    5曲も6曲もPVがあるのはそれだけ名曲がこのアルバムに
    多いということですよね。

    アルバム全部聴き終えると満足感がありますよね。
    エアロスミスでこのアルバムは外せません。


    2008-12-04(Thu) 00:30 | URL | #- [ 編集 ]


  • ローカル色 from 流れ星→サユサユさん

    サユサユさん、こんばんは!

    今日は気持のよい日でしたね、きょうは残業だったんでいつもよりおしてます。

    >この曲、ドラマ「花より男子」の主題歌だったんですよね~
    ミーハー親父なんで見てました、ヒッキーの歌もよかったですね。
    この曲一曲どうぞ歌ってね。

    >大野温泉、私も以前、よく行ってましたよ!
    ありゃーローカル色丸出しですね。
    よく分かりましたね、私は自転車で10分ぐらいの所にいますからね。

    >背が高くてイケメンでしたよね!
    あぁ、たぶんあの人だ受け付けも代わりますからね、いるとおもいますよ。

    >大体、温泉に2時間30分位、入ってますので
    そうそう、ゆっくり入るのがいいですね。

    ゆったりした作りなんでくつろげますね。
    大野温泉まで経験有りとは恐れ入りました。

    2008-12-04(Thu) 00:51 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    聞きましたよ!
    Eat The Rich いい感じに聞きましたが、最後が汚いよ~ぉ(^^;)

    Livin’ On The Edge 、いきなり最初、そんなことやっちゃだめだって!Livin’ On A Prayerはボンジョビですよね。関係ないけど。

    Cryin'のお姉さんは何がしたかったのでしょうね、でもPVと曲の雰囲気があっています。

    Crazy の片方のお姉さんってCryin'のお姉さんと似ていませんか?アメ車のオープンカーっていいですね。いまTVのニュースではBIG3の経営者が公聴会で「今回は車できました」って言っています(^^;)こんなお姉ちゃんと来たのかな?

    Amazingをみるとやっぱりお姉ちゃんは同じかな?
    なんだかコメントがお姉ちゃん評論になっていますが、このPVを見るとやっぱりロックは不良の音楽!ですね。最後のジョーペリー・・最高です。

    もうすぐジョンレノンの命日ですね、とってもさみしい日ですが、次を楽しみにしています。

    タモリクラブが終わってしまった(T_T)

    2008-12-06(Sat) 00:46 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • 最高の情報量 from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、こんにちは!

    もう一度ビデオしっかり見ていただけたのですね。
    >Eat The Rich いい感じに聞きましたが、最後が汚いよ~ぉ(^^;)
    あぁそうですね、これもエアロ一流 のジョークでは。

    エアロのビデオもアルバム一枚でこんなにPV作っているのは凄いですね。

    このアルバムに対する意気込みが違います。
    このアルバムの曲は一度録音したものを気に入らずに再度一からやり直したそうですよ。

    >最後のジョーペリー・・最高です。
    そうなんですよ、今回の記事を作ってわかったのがジョーペリーおぬしやるなって
    事なんですね(笑)

    やっぱりミック・ジャガーにはキース・リチャードでスティーヴン・タイラーにはジョーペリーの
    コンビでケミストリーが生まれるのでしょうね。

    >もうすぐジョンレノンの命日ですね、とってもさみしい日ですが、次を楽しみにしています。

    そうなんですよ、次はジョン・レノンの記事なんです。
    mickさんあたりから情報入りました。
    去年はまったく知らずにブログ仲間から知りました、今年は随分前から記事準備してました。

    何か色々調べていくうちに最高の情報量になってしまいました。

    ちびたさんなら何回かに分けてしっかり見てくださるんでしょうね。



    2008-12-06(Sat) 17:16 | URL | #- [ 編集 ]


  • from かつお

    流れ星さんこんばんは^^♪
    カテゴリーの上から順番に攻めていきたいと思います。・・・じゃなかった;拝見したいと思います(笑)

    で、早速ですがエアロスミスですね~♪
    「GET A GRIP」は我が家の家宝ですね~^^
    ぼくんちの記事と曲がほとんどかぶってます@

    このアルバムはエアロの長い歴史の中でも最高傑作のひとつになるんではないでしょうか!
    しょっぱなのタイラーのラップ調から度肝抜かれますね^^!

    1977年に来日!?あらそうでしたか!かつおは園の年長さんでした~(笑)もうちょっと早く生まれればよかったなあ(^^A

    ちなみにスティーブとかつおは同じ3月26日うまれです!(←これ、あちこちで自慢し歩いてるけど、誰も関心がない・・・汗)
    BONJOVIのJONと長男も3月2日で同じ!(←これも・・泣)

    あ、しゃべりだすと止まらないかつおでして・・・Life師匠ゆずり^^!

    それではまたで~す!!

    2009-02-21(Sat) 21:27 | URL | #- [ 編集 ]


  • 衛星中継 from 流れ星→かつおさん

    これはまた、かつおさん有難うございます☆彡
    過去記事にコメントいただけるとは思っても見ませんでしたよ。

    > このアルバムはエアロの長い歴史の中でも最高傑作のひとつになるんではないでしょうか!
    そうそう、このアルバムは伊藤 政則が随分ほめてましたよ。
    アルバムを聴き終えると一本の映画を見た気分になるって
    このアルバムはメンバーの気迫が感じられますよね、流れ星にとっても豪華客船にのった気分ですよ。

    流れ星は「ロックス」からはいったんで中学の頃でしたね、
    凄いアルバムが出たとお気に入りでしたよ。

    当時はキッス、エアロ、クイーンがロック御三家でした。
    エアロは70年代の時にライブ行きたかったですね、
    流れ星は晩年でドームコンサートでした、
    広すぎてメンバーは米粒くらいで大きなモニター画面見て
    なんだか衛星中継見てるみたいで味気なかったですね。

    ほんと過去記事まで覗いて頂いてうれしいですね。
    有難うございます(^-^)


    2009-02-21(Sat) 23:57 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/50-bdf30092

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。