プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

プリンス(Prince)
[20090106]

新規47896

 

プリンス(Prince, 1958年6月7日 - )はアフリカ系アメリカ人のポピュラー音楽のミュージシャン。

すでに皆さんはほとんどの方が5日からお仕事で戦闘開始かと思います。
流れ星は前にもお話しましたが8日からの出勤となっております、少々体も怠けてしまいました(^_^;

新春2発目はプリンスです、旧ブログからもずっとプリンスの記事載せたくてうずうずしておりましたが、
Youtubeではプリンスは出てきませんね、ほんとチョコっとだけです、何故なんでしょうか(・_・?)

やっぱりビデオがないと流れ星の記事スタイルでは紹介出来ませんしね。
と思ってましたらキターimeemにごっそりとあるではありませんか、よかったー(*^-^*)

プリンスこれほど有名で好き嫌いが分かれるアーチストも中々いませんね。
天下の天才、奇才そしてその風貌と印象的な声、実験的な曲の数々は流れ星としては十分に魅力があるアーチストですね。

ほんとに有名なプリンスですが彼の事を記事にしているブログはあまり見かけませんが、ブログ仲間のcocoさんが紹介されてましたね。

cocoさんのブログで紹介されてるアーチストもとても雰囲気があるアーチストを中心に有名どころからちょっとマニアックなアーチストまで幅広く紹介されてますね。

その足跡を流れ星が振り返ると非常に良質な曲を紹介されているなーと思わずうなりました。

「呑気なcocoの Music Diary 」こちらです。

 
で、今回の記事では80年代のプリンスをご紹介します。
このころはほんとにPOPでキャッチーなメロディとともに非常に聴きやすい音楽になってますね。

最後のビデオはジャズ界の帝王マイルス・ディビスとのジョイントライブをご紹介してます。
二人がそろうと異種格闘技戦みたいですが色々なジャンルがありますけど、この世界に音楽の枠はひとつだけです。

ここまでは記事作っておきましたが非常にビックなニュースが飛び込んでまいりました。

あの、エリック・クラプトンとジェフ・ベックが日本のみでジョイント・ライブ決定ですo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

今まで飛び入りとか、企画物のコンサートで一緒になったのはありますがジョイント・ライブは世界初日本限定となるとビックなプレゼントですね、歴史的なコンサートになりそうです、流れ星はもー興奮状態です\(^o\)(/o^)/

2月の同時期にそれぞれ単独コンサートで来日することから実現したジョイント・ライブは見逃したら一生後悔するのではないでしょうか。

S席 貫禄の17000円、A席 納得の15000円、C席 雰囲気だけでも10000円

2009年2月21日(土)さいたまスーパーアリーナ
2009年2月22日(日)さいたまスーパーアリーナ

しかも土日ですから地方の方もゴー

詳しくはこちら BARKS

あ、プリンスでした。プリンスさんごめんなさい(^_^;

元気になれる音楽に感謝(*^-^*)

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

 本名、プリンス・ロジャーズ・ネルスン(Prince Rogers Nelson)。ミネソタ州ミネアポリス出身で現在に至るまで同地に在住している。1984年頃まで1961年生まれということにしていた。

12957481_69fe41fe6d_b_convert_20081230183712.jpg

 
1978年のファーストアルバム以降、ロック、ファンク、ソウル、ブルース、ジャズ、ニュー・ウェイヴ、ヒップ・ホップを自在に取り込んだ唯一無二のスタイルで音楽を創造しつづけ、第一線で活躍しながら多くの信奉者を生んでいる。ミネアポリスサウンドと呼ばれるムーヴメントの中心的存在。この先、何十枚でもアルバムを発表できるだけの楽曲のストックがあるといわれ、またどれほど優れた曲であろうともアルバムの流れから外れた曲は表に出さないという主義から、多大な数のブートレグを生んでいる。その特異な才能への敬意と Prince という名にちなみ、日本のファンは彼を「殿下」と呼ぶ。

曲のタイトル・歌詞の特徴として、to は「2」、for は「4」、you は「U」、are は「R」など同音異字を用い、I (アイ) は「eye」の表象文字で記載されている。
231027_large.jpg 
少年時代
プリンス・ロジャース・ネルソンはジャズミュージシャンを両親に持ち、音楽とともに育った。その少年期はさまざまな逸話に包まれている(そのいくつかはプリンス本人によって話題作りのために広められた)。その最たるものが「プリンスの父親が黒人で母親が白人である」ということであるが、実際には両親ともに黒人である。しかし、アメリカの非白人の多くがそうであるように、プリンスも多様な民族の血を引いており、特に彼の風貌や才能からして、インド発祥のジプシーの遺伝が多いものという説が有力である。

ジュニアハイスクール時代に友人や従兄弟らと共にバンドを結成したプリンスは長じるにつれ頭角を現し、ミネアポリスサウンドと呼ばれるムーブメントの中心的存在として注目を受けるようになる。

メジャーレーベルはこぞってこの才能に溢れた少年との契約を望んだ。そして、1977年に数社の入札の結果、ワーナー・ブラザーズと契約。19歳の少年としては異例の高額な契約金とセルフ・プロデュースの権利を同時に獲得する。
 


新人時代
1978年、プリンスはたった一人でデビューアルバム For you を作り上げ、そのメジャーキャリアをスタートさせる。ビルボードチャートは163位に終わるものの、シングルカットされた Soft And Wet はR&Bチャートをにぎわせた。 1979年、バックバンドを集めるものの、やはりアルバム作成はほぼひとりでやってのけ、セカンドアルバム Prince を発表。キャッチな曲として Why You Wanna Treat Me So Bad、I Wanna Be Your Lover がR&Bチャートでヒットとなった。


I Wanna Be Your Lover

プリンス伝説の幕開けとなるこの曲


I Wanna Be Your Lover [Video Version 1]. - Prince

なおI Wanna Be Your Loverは全米シングルチャートでも最高位11位にランクされる大ヒットとなり、一躍その名を世間に知らしめることとなる。日本で発売されたアルバムはこれが最初のものとなる。 1980年には Dirty Mind を発表。本来発表するつもりのないデモテープであったが、マネージャーの勧めで発表することになった。また、Head と Sister の詞が性的に露骨過ぎるという理由で放送禁止曲になることで話題を集めた。しかし、そのためにセールス的には前作を下回ってしまった。

2659318244_48fdbca271_o.jpg

 

 1981年には Controversy を発表。同名シングルがインターナショナルチャートにランクインする。また同時期にザ・タイムのデビューアルバムをプロデュースする。クレジットはされていないが、実際には作詞作曲演奏のすべてを行っている。この他にもヴァニティ6(アポロニア6)、シーラ E.などをプロデュースし、プロデューサーとしてもその非凡さを証明する。

また、シーナ・イーストンやバングルスなど他の歌手への楽曲提供も少なくなく、さらにはプリンスの曲をカヴァーするアーティストも多く、ケイト・ブッシュ、チャカ・カーン、トム・ジョーンズ、シネイド・オコナーなどが代表格。日本では白鳥英美子や矢井田瞳が Nothing Compares 2 U をカヴァーしている。 この時期に、ローリング・ストーンズの前座としてツアーを行っており、公演によっては、物を投げつけられるなどの客からのブーイングを受けた。

1999

すでにこの頃から
プリンス・ワールド始まってますね。

1999 [Video] - Prince


1999 - The Symbol
1982年ごろからプリンスはバックバンドをザ・レヴォリューションと名付けた。それに伴いアーティスト表記もプリンス単独名義からプリンス・アンド・ザ・レヴォリューションに変わった。レヴォリューションはメンバーを若干変動させつつ1986年まで存続する。それから1990年までは特にバックバンドに呼称を与えない時期が続き、アーティスト表記も個人名義に戻る。1991年、前年のツアーバンドをザ・ニュー・パワー・ジェネレーション(略称NPG)とし、再び個人名義でない表記(プリンス・アンド・ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション)を使い出す。NPGは現在も存続するが、結成時のメンバーは残っておらず、特定の音楽コンセプトの表象というよりは、バックバンドの代名詞となっている。


231017_large.jpg


プリンスは魅力ある女性を積極的に登用することでも知られ、シーナ・イーストン、キム・ベイシンガーやカルメン・エレクトラなどが挙げられる。その一方でマイルス・デイヴィスやジョージ・クリントン、ラリー・グラハム、メイシオ・パーカー といった著名なジャズやファンク系のミュージシャンとのセッションを行っている。また、マドンナ、アーニー・ディフランコ、グウェン・ステファニー や チャックDともレコーディングを行っている。

1982年に2枚組アルバム 1999 をリリースしたプリンスはついにブレイクを迎える。全米で400万枚を売り上げたこのアルバムからは Little Red Corvette(6位)、1999(12位)、Delirious(8位)がシングルカットされ、全米チャートで初のトップ10入りを遂げた。同時に MTV ではじめてプロモーションビデオが放映された黒人アーティストとして、マイケル・ジャクソンとともに名を連ねることになる。

When Doves Cry

この曲は当時よくかかってました、
印象的なイントロでスタート


When Doves Cry [Video] - Prince

2824712035_ce0037b8c5_o.jpg

 

なお、本作のCDは1枚で発売されたため、収録時間の都合上、1980年代から90年代にかけて発売されていたCDからは D.M.S.R. が削られている。 1984年、同名映画のサウンドトラックとして Purple Rain が発表され、プリンスのコマーシャル的な価値は頂点に達する。発表初週に100万枚を売り上げたこのアルバムは、ビルボードチャートのトップに実に24週間も居座りつづけた。

シングルカットされた When Doves Cry、Let's Go Crazy の2曲がシングルチャートで1位となり、プリンスは全米でのボックスオフィス、アルバムチャート、シングルチャートですべて1位を獲得するという偉業を達成する。なお、本作からは他に Purple Rain(2位)、I Would Die 4 U(8位)、Take Me With U(25位)がシングルカットされている。また、When Doves Cry は年間シングルチャートでも1位を獲得している。

プリンスの自伝映画として製作されたこの映画は、6800万ドルの興行収入を得て週間ボックスオフィスで1位、年間で11位という堂々たる成績を収めている。なお、同年のアカデミー賞歌曲・編曲賞を受賞している。オスカー像はのちにプリンスが設立したペイズリー・パーク・スタジオの一角に大事に飾られているという。

Purple Rain

ご存知プリンスを代表するこの曲

Prince - Purple Rain [Wide Screen Video] - Prince


全米で1300万枚、全世界で1500万枚を売り上げた Purple Rain の収益でプリンスは独自レーベルであるペイズリー・パーク・レコードを設立する。1985年にこのレーベルから Around The World In A Day を発表。前作とはがらりと作風を変えてきたこのアルバムも全米チャートで1位を獲得する。

full_photos_04.jpg

 
1986年には監督をも努めた映画 Under The Cherry Moon のサウンドトラックとして Parade を発表。映画自体は興業的に失敗するものの、アルバムは全米で3位となり、シングルカットされた Kiss は全米1位を獲得する。このときのチャート2位が バングルス の Manic Monday であったが、この曲はプリンスが Christopher というペンネームで提供した曲である。また、この年 Parade tour で初の来日公演を果たしている。バックバンドザ・レヴォリューションはこのツアーを最後に解散する。ちなみにプリンス・アンド・ザ・レヴォリューションの最終公演は横浜だった。

このUnder The Cherry Moonは1987年のゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)で最低作品賞、最低監督賞、最低主演男優賞、最低助演男優賞(ジェローム・ベントン)、最低主題歌賞を受賞した。

2822002357_d19519380d_b.jpg

If I Was Your Girlfriend

ディープなプリンスがここに

Prince - If I Was Your Girlfriend Live 87 -


1987年には多くのファンが最高傑作として挙げることの多い、2枚組アルバム Sign "☮" the Times を発表する。本来は3枚組の Crystal Ball として発表されるはずだったこのアルバムは、ワーナー・ブラザーズとのコマーシャル的ないざこざから削られ、このサイズに落ち着いたという。なお、ツアーの撮影したものをベースに作成された同名の映像作品が発売されている。純粋なライブ映画ではないものの、プリンス関連の映像作品としての評価はもっとも高い。

full_photos_02.jpg

 

同年、The Black Album がレコーディングされるが、発売直前になって発売が中止される。歌詞があまりにも攻撃的だったということが理由とされているが、やはりここでもワーナー・ブラザーズとの確執があったためとも言われる。この音源はブートレグとして流出し、世界最高の売上であろうと思われる500万枚以上が販売された。同アルバムは最終的に1994年にワーナー・ブラザーズから発売されている。 1988年には The Black Album のアンサーアルバムとなる Lovesexy をわずか4ヶ月の制作期間を経て発表するが、そのジャケットが物議をかもし、CDでの曲間ジャンプが出来ないようにアルバム全体が1曲扱いになっているという仕様(ただし発売国によっては異なる)のアルバムはセールス的には全米11位、売上50万枚と低迷した。


Prince & Miles Live

マイルスのクールな音色が響いています。
 

同様に全米ツアーも低迷したが、その低迷分をヨーロッパと日本へのツアーで補うことができたという。 1989年、映画バットマンのサウンドトラックを担当する。サウンドトラックとされているものの、その実は映画にインスピレーションを得たオリジナルアルバムとなっている(ダニー・エルフマンによる映画オリジナルスコア楽曲集は別途発売)。初回限定で缶入りCDも発売された。アルバム、およびシングルカットされた Batdance はチャート1位を獲得する。またこの時、日本のミュージシャン小比類巻かほるへの楽曲プロデュースも話題になった。

full_photos_05.jpg  

スポンサーサイト
2009-01-06(Tue) 10:42 洋楽P Prince  | TB(0) | コメント(28) | 編集 |

コメント
  • 遅くなりましたね from mick

    流れ星さん、すっかりコメントが」おそくなりましたね。年末年始仕事三昧で、パソもすっかりご無沙汰でした。
    今日は、仕事休みで、おまけに、55回目の誕生日を無事迎えました。今、返コメにおわれてるところです。
    さて、プリンス・・・・80年代洋楽を代表するアーチストですが、残念ながら、私は80年代後半から洋学をあまり聴かなくなりましたので、コメントできませんね。
    おっと、クラプトンとジェフ・ベックの共演は私もニュースでしりましたよ。伝説のヤードバーズの再現なるか、楽しみですよね。
    私の、フレンドさんも、コンサート行くようで、羨ましいですよ。
    ということで、流れ星さん・・・・今年もよろしくお願いいたします。

    2009-01-06(Tue) 12:26 | URL | #- [ 編集 ]


  • お誕生日おめでとうございます from 流れ星→mickさん

    mickさん、明けましておめでとうございます☆彡

    そうでした、mickさんとはご挨拶まだでしたね。

    > 今日は、仕事休みで、おまけに、55回目の誕生日を無事迎えました

    おぉ、それはそれは非常ーにめでたいですね、いやいやおめでとうございます(*^O^*)/"☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆
    私は今年は年男ですがmickさんは人生の大先輩ですね。
    お疲れ様と同時にいつまでもお元気でいてほしいです、
    流れ星もよきお手本としてお勉強させていただきます。

    > おっと、クラプトンとジェフ・ベックの共演は私もニュースでしりましたよ。
    久しぶりに心おどるニュースでした、いやー昨年のZEPのぬか喜びありますので
    これってほんと、夢じゃないですね。

    ビデオで紹介した白熱した光景が目撃できるかもしれませんね。

    今年もどうぞよろしくお願いします、もう一度お誕生日おめでとうございます。




    2009-01-06(Tue) 13:16 | URL | #- [ 編集 ]


  • Beck & Clapton from Claptan

    ブルースが似合いますね。

    クラプトンはいつものようにブラッキー
    (黒のストラト)にタバコを吸わせてますよ。

    ベックのノリ、バッキング、ソロは素晴らしいです。

    この二人のジョイントコンサートって
    めったに見れないですね。

    2009-01-06(Tue) 15:03 | URL | #iAqHXQpI [ 編集 ]


  • 歴史的なライブ from 流れ星→Claptanさん

    Claptanさん,こんにちは☆彡

    朝から興奮状態の流れ星ですp(^-^)q

    いやーアップしたビデオみたいな光景が実際に日本で見れちゃうわけですね。
    まさに歴史的快挙だと思います。

    > この二人のジョイントコンサートって
    > めったに見れないですね。
    そうなんですよ、ちょっとぴあの情報も見てみましたが
    S席はなんと17000円、A席 15000円なんですね、いやー凄いです。
    1月17日から一般発売されるようですが、プレミアチケットになるかも
    しれませんね。

    流れ星はジェフ・ベックは若かりし頃に武道館でみましたが
    クラプトンだけでもうらやましいのにお二人同時に
    それも前半は別々のステージ、後半からジョイントと
    充実した内容ですね。

    Claptanさんもどうですか、歴史的なライブなりそうですけど(*^-^*)






    2009-01-06(Tue) 15:47 | URL | #- [ 編集 ]


  • from よーじっく

    こんばんはぁ、(^^♪
    いつもありがとうございます。

    私は、プリンスとマドンナという、とてつもなくビッグな二人が大活躍した時代を知りません。(^_^;)

    曲は知っていても、そのスゴさを肌で感じる事の出来る場所にはいなかったと言うことです。

    その分、その後の活躍も先入観なく、楽しめているような気がします。好きでも嫌いでもなく、いい曲はいい!そんな楽しみ方です。

    勉強させていただきました。m(__)m

    2009-01-06(Tue) 20:03 | URL | #- [ 編集 ]


  • from スモモン

    こんばんは、流れ星閣下!(。・ω・)ゞピシッ

    まだお休みなんですね、羨ましい~!
    私は今日から戦闘開始でしたが、早くも戦線離脱したい
    気分になりました(苦笑)

    プリンス!
    私が知ったのはパープルレインなんですけど、ほんと懐かしいですね。
    じっくーり堪能させて頂きました♪

    当時は私、洋楽を聴き始めて間もなかったので、
    プリンスにはものすごく衝撃を受けしまた。
    曲といい、独特の雰囲気といい、人間離れした感じといい(笑)

    そう言えば、プリンスのPVがYouTubeに無いのは、
    プリンス側が消させたせいだと、聞いたことがあります。
    でもimeemにゴッソリとあったんですね、ぷぷっ(^m^*)

    プリンスのPVと言えば、2年くらい前?
    "Black Sweat"のPVで久しぶりにプリンスの姿を見て、
    目がテンになりました!
    あまりに変わらないお姿に、やっぱり違う生命体だったのかと(笑)
    ある意味、羨ましいですヽ( ´ー`)ノ

    では流れ星閣下、残りの貴重なお休みを、ゆっくりと
    お過ごしくださいませ♪

    2009-01-06(Tue) 21:53 | URL | #ncVW9ZjY [ 編集 ]


  • 時代背景 from 流れ星→よーじっくさん

    よーじっくさん、こんばんは☆彡

    こちらこそ、いつもコメント有難うございます。

    > 私は、プリンスとマドンナという、とてつもなくビッグな二人が大活躍した時代を知りません。(^_^;)
    マドンナとプリンスそうですね、80年代の時代背景とともに活躍していたお二人、
    確かに私も色々懐かしどころを紹介しますが70年代、80年代と明らかに出てくる音が違ってますね。
    時代の波が押し寄せては引きさまざまな音楽が生まれますね。

    プリンスも今回選曲するのにかなり色々聴きましたが80年代と90年代はまた違った展開になってます。
    二人に共通しているのは今でも現役バリバリで活躍してます。
    プリンスも近いうちにニューアルバムが発表されそうですね。

    いつもお付き合い有難うございます、またそちらにも伺いますね(*^-^*)




    2009-01-06(Tue) 22:25 | URL | #- [ 編集 ]


  • 2kgアップ from 流れ星→スモモン姫

    スモモンさん、こんばんは☆彡

    あれあれ、いつのまにか閣下になってますね、BILLYさんは殿下ですからね(笑)

    > まだお休みなんですね、羨ましい~!
    そうなんですよ、あまり長いのも考えもんです、
    せっかくの長期休暇、何か変えようと思っていたら体重が変っただけですね2kgアップ、とほほ(笑)

    > 私が知ったのはパープルレインなんですけど、ほんと懐かしいですね。
    > じっくーり堪能させて頂きました♪
    そうなんですよ、ね、ビデオやっぱり消されていたんですね。
    そんなことかと思ってました、当時のPVを今見れるなんて最高ですね、
    当時は動くプリンスはあまり見てないので凄く新鮮でした。

    > 曲といい、独特の雰囲気といい、人間離れした感じといい(笑)
    そうなんです、最初はなんか受け入れにくいものがあって遠巻きに様子を伺ってました(笑)
    清水の舞台から大げさですがアルバム購入してからはまりました、
    やっぱりプリンスしか出来ない音楽は確実に存在しますね。

    > あまりに変わらないお姿に、やっぱり違う生命体だったのかと(笑)
    ビデオの中にビヨンセとともに出た最近のプリンスは髪型ぐらいで
    変らないですね、ビヨンセのパフォマンスも凄かったですよ。

    いやーたっぷり聴いていただき有難うございます、スモモン姫(*^-^*)






    2009-01-06(Tue) 22:45 | URL | #- [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星さん こんばんは(^ー^)ノ☆*.。
    おっと!!プリンス懐かしいですね~!
    私はプリンスというとやっぱり「When Doves Cry」や
    「Purple Rain」が今でも一番思い浮かぶ曲ですね。
    そうですね!振り返ると結構、ジャンルレスなアーティストでしたね^^
    プリンスも一時期、凄く聴いた時を思い出しましたよ(●´∀`●)
    久々に聴きましたが、やっぱいいですね!
    マイケル・ジャクソンではないけど、奇怪なパフォーマンスも
    プリンス独特で、その印象の方が強く残ってしまった
    所もありますが^^;

    お邪魔して!・・・おっ流れ星さん取り上げているw(・0・☆)w
    な~んて思ってしまったクラプトン&ジェフベックの
    世界2大ギターリストのプレミアムライブ!!

    chikaさんに感想レポして頂きたいです(笑)
    こんなライブに参戦できるなんて羨ましいです(^^♪
    いつも応援&コメントありがとうございます((^┰^))ゞ
    長いお休みもあと少しですね!
    体の準備はいかがかしら^^また遊びにきます(^^)/

    2009-01-06(Tue) 22:54 | URL | #- [ 編集 ]


  • from hirokun

    こんばんは♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)
    今日はプリンスの記事ですが、クラプトンとベック
    の競演の方に目が行ってしまいました(笑)
    ちょっとありえない組み合わせで、プレミアム
    になるんじゃないんでしょうかね。
    マイルズとも競演は、初めて知りました。
    有名なんですか?
    マイルズのチャレンジスピリットには脱帽ですよね。

    2009-01-06(Tue) 23:36 | URL | #- [ 編集 ]


  • 頭より体 from 流れ星→lifeさん

    lifeさん、こんばんは☆彡

    > 私はプリンスというとやっぱり「When Doves Cry」や
    > 「Purple Rain」が今でも一番思い浮かぶ曲ですね。
    そうでしょうね、このあたりが一般的ですね、
    流れ星はベスト盤的なアルバムも持ってますので
    プリンスのまた違った曲も色々興味深いですね、
    作曲能力が凄いですね、自分以外でも曲を提供してますしね。

    バングルス の Manic Monday をプリンスが作ったこれは
    びっくりの記事でした、流れ星はこの曲大好きでした。

    > お邪魔して!・・・おっ流れ星さん取り上げているw(・0・☆)w
    これはね、クラプトン・ジェフ・ベックと聴くだけで頭よりも体が動きますから(笑)
    やっぱり私ぐらいかもう少し上の年の人にはたまらんですよ。

    いやーS席17000円はやっぱり今の時代だからしょうがないかな、
    ある程度お金を持っている年齢の人が多いでしょうからね。

    でも、交通費とか考えると5万円近くなってしまう、
    そんな事言っている場合ではないですね。

    う~ん地元に光臨したら間違いなく行ってます(笑)

    > 体の準備はいかがかしら^^また遊びにきます(^^)/
    これはですね、え、チョッとやばいかも
    一日で体重2キロ減はチョッと無理かも。

    正直まったりしすぎましたー(*^-^*)


    2009-01-06(Tue) 23:38 | URL | #- [ 編集 ]


  • 時代を先取り from 流れ星→hirokunさん

    hirokunさん、こんばんは☆彡

    > 今日はプリンスの記事ですが、クラプトンとベック
    > の競演の方に目が行ってしまいました(笑)
    そうですよねー、流れ星の歩んできた洋楽で
    クラプトンとジェフ・ベックは凄い上の価値観を
    どうしても持ってしまいますからね。

    単独公演だけでも凄く人気があるのに
    世界初のジョイント・ライブはプレミアチケットですよね、
    チケット争奪戦になるかもしれませんね。

    > マイルズとも競演は、初めて知りました。
    > 有名なんですか?
    いやー私もビデオ探しで出て来ました、でもこの二人なら
    十分にありえるジョイントですね。

    マイルズもハードバップからモードへの移行、ジャズとロックの融合など
    時代の一歩も2歩も先を歩んだマイルズですからね、偉大ですよね。

    流れ星なんかは今でも生きているんではと思う事ありますね。

    2009-01-06(Tue) 23:58 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    プリンス。よく聞きましたし、音楽的にはかなり好きですが・・・

    クラプトンとジェフベックの競演はほんとうにすごいですよね。

    Futher On Up The Roadのような世界になるんでしょうか、
    たまらないでしょうね。

    今回のニュースで実は初めて知ったのは、ジェフベックの方が
    少しだけ年上なんですよね。
    私の勝手な思い込みですが、クラプトンの方が10歳ぐらい上か
    と思ってました(^^;)

    THE WHOも日本で単独公演するし、あぁ、なぜ今頃って
    感じがしないでもない今日この頃です。




    2009-01-07(Wed) 00:19 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • from サユサユ

    こんばんは!
    今夜は弟のパソコンから登場です☆
    かつ秀の詳細な情報ありがとうございました。
    助かります!
    今度、訪れてみますね。
    ご紹介して頂いたブログにもご訪問してきました。
    流れ星さんのお友達のブログでしょうか?
    お写真を見ながら、美味しそう~と
    ゴクリ☆見入っていましたよ。

    プリンスの音楽、聴きたかったのですが、音楽が途切れ途切れで調子が悪いです。
    残念~次回、聴かせて頂きますね!

    休暇、エンジョイしてね☆



    2009-01-07(Wed) 03:54 | URL | #mQop/nM. [ 編集 ]


  • 今日で終り!? from BILLY

    おはようございます!
    正月休みも今日で終わりですね!長いようで早かったんじゃないですかね。
    おおプリンスじゃないですか、新年2発目にしては濃いキャラですね(笑)

    80年代でも私もパープルレイン時代が主でしたね。「1999」は久々に聴きました、やっぱ奇才ですわ。「When Doves Cry」も懐かし~い!

    クラプトンとジェフベック・・・ヤードバーズを聴いた事が無いBILLYは関心がちとばかし薄いのですが・・・3大ギタリストが在籍した位の知識です (^_^;)
    すごいことなんですね!ヤードバーズもいつか勉強したいです!

    プリンスのおかげで80年代を蘇らせてもらいました!ありがとうございます!

    2009-01-07(Wed) 08:38 | URL | #- [ 編集 ]


  • ロックおやじ from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、おはようございます☆彡

    > プリンス。よく聞きましたし、音楽的にはかなり好きですが・・・
    そうなんですか、チョッと以外ですね。
    音楽好きなのはよく伝わってきてます。

    > クラプトンとジェフベックの競演はほんとうにすごいですよね。
    そうなんです、夢ではないですね。
    ちょうど二人とも人生経験を重ねて脂が乗り切った時期は
    幻のライブですか、この話をジミーペイジが聴きつけて
    飛び入りなんて、ほんと子供みたいな発想ですね(笑)

    > 私の勝手な思い込みですが、クラプトンの方が10歳ぐらい上か
    > と思ってました(^^;)
    これは皆さん結構そう思っているのではないでしょうか、
    確か1944年で一つ違いだったかな。

    > THE WHOも日本で単独公演するし
    よくご存知ですね、これまたロックオヤジ達を刺激するバンドですね。

    それではいつもコメント有難うございます(*^-^*)






    2009-01-07(Wed) 10:05 | URL | #- [ 編集 ]


  • お店の宣伝 from 流れ星→サユサユさん

    サユサユさん、おはようございます☆彡

    > かつ秀の詳細な情報ありがとうございました。
    > 助かります!
    いえいえ、実はそのお店の店員なんです、うそぴょーん(笑)
    まったく関係ないですがお店の宣伝してしまいました。

    > お写真を見ながら、美味しそう~と
    > ゴクリ☆見入っていましたよ。
    とてもおいしそうに写真撮れてましたね、
    そうゴックンですよ。
    こちらのブログも関係ないです。

    さて、かつ秀で捕獲作戦実行ですかー。(*^-^*)




    2009-01-07(Wed) 10:13 | URL | #- [ 編集 ]


  • 連休最後の一日 from 流れ星→BILLYさん

    BILLYさん、おはようございます☆彡

    確かに凄い濃いキャラですね(笑)

    >80年代でも私もパープルレイン時代が主でしたね。「1999」は久々に聴きました、やっぱ奇才ですわ。「When Doves Cry」も懐かし~い!
    やっぱりこのあたりが人気があるんでしょうね、皆さん結構聴かれてますね。
    プリンスの音楽は素直に聴けば聴きやすいのではと思ってます。

    > クラプトンとジェフベック・・・ヤードバーズを聴いた事が無いBILLYは関心がちとばかし薄いのですが・・・3大ギタリストが在籍した位の知識です (^_^;)
    ヤードバーズは流石にあとから知ったのでリアルタイムで聴いてる人は流れ星よりさらに10年ぐらい年長でしょうね。
    でも、その頃の情報はほとんどないでしょうからヤードバーズ知っている人は限られてます。
    その時代はロックで踊っている時代ですから非常に面白いですね。

    80年代って人それぞれ思い出がありますね(*^-^*)








    2009-01-07(Wed) 10:27 | URL | #- [ 編集 ]


  • やっと決めた… from John

    新年初コメントの場所…笑
    新年初ですよね?これ^^

    あけましておめでとさんで~す(^^)/
    今年もよろしゅうに~

    で、プリンスですが、初めて聴いたのは中3か高1だったと思いますが、連れ(友人)が輸入版で買った『1999』でした
    当時のおいらには受け付けにくい音楽でした
    今でもプリンスはその見た目と同じく濃くて聴き込むことが出来ないのですが、質の高さは認めております
    1番好きな曲は「When Doves Cry」かなぁ~
    まぁそんなおいらでもやっぱりプリンスは1980年代には欠かせないアーティストと思っています
    もう少し耳が肥えるのが早かったらまたちょっと違った感覚で受け入れられたかも知れないプリンス…
    ちょっとじっくり聴いてみてもええなぁ~(^^♪

    2009-01-07(Wed) 14:01 | URL | #dp6IxwUE [ 編集 ]


  • ありがとうございます\^o^/ from KENONE

    お昼間においでいただいた時に、そーやん!まだお休み中だと思い出しまして(゜▽゜)

    これからもヨロシクお願い致します!!!



    2009-01-07(Wed) 16:40 | URL | #- [ 編集 ]


  • B面集 from 流れ星→johnさん

    johnさん、おいでやすー☆彡

    こちらではまだでした明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    プリンスも当時80年代では聴きやすい曲も色々ありました、
    現在聴くとちょうどいい楽曲もありますね、プリンスが時代の流れより
    先に行っていた楽曲は今聴くとちょうどいいかなーと思っております。

    流れ星はプリンスのベスト盤的アルバムを90年代に購入したんですが
    お目当てはシングルのB面集、プリンスはどんなに楽曲がよくても
    アルバムに合わない曲は入れなかったのでB面の曲はシングル買わないと
    聴けなかったんですよ。
    このアルバム聴くとほんとに多彩な曲を作ってますね。

    濃いキャラから敬遠される方も、もちろん流れ星も最初はそうでしたが、
    聴いてみるとプリンスワールドが広がってます。(*^-^*)


    2009-01-07(Wed) 18:12 | URL | #- [ 編集 ]


  • 娯楽の殿堂 from 流れ星→ KENONEさん

    おっちゃん、こんばんは☆彡

    いやーどうも、連休の最終日
    午前中は皆さんのブログめぐり、午後からは床屋さんで散髪
    終ったあとにタワーレコードへ、ちょっと覗くだけのつもりで
    行くんですけどね。

    前からほしかったアルバムが無く、ちょっとだけ視聴コーナーへ
    キター流れ星好みの楽曲がそこにすでに手にとってしまって
    お会計にそしてまたもや手ぶらで帰れず一匹連れて帰ってしまいました(笑)

    やっぱり、タワーレコードは流れ星にとって娯楽の殿堂でした(*^-^*)


    2009-01-07(Wed) 18:21 | URL | #- [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星さん こんにちは(^^)/
    プリンス本当!よく聞いてたのに忘れてる曲も
    多いですね(笑)
    結婚前にあまりレコード(この頃はアナログ)だった
    ので実家に置きっぱなしで・・・
    後で取りに行ったらすでに処分されていたので!
    価値のわからない母です(苦笑)
    その後、プリンスはCDに買いなおすことが
    なかったので特に忘れてました(笑)

    昨日は初仕事でしたね!
    お疲れでしたでしょ^^
    なのに訪問してくださって嬉しかったですよ^^
    また、遊びにきます(*^^)v

    2009-01-09(Fri) 16:25 | URL | #- [ 編集 ]


  • 休みすぎ from 流れ星→lifeさん

    lifeさん、こんばんは☆彡

    > 結婚前にあまりレコード(この頃はアナログ)だった
    > ので実家に置きっぱなしで・・・
    私もそうですよ、実家にレコード、CDと所狭しとならんでます。

    たぶんレコードが300枚ぐらいと、CDはおそらく1000越えているでしょう。
    人生の生活のうちかなりの時間が音楽聴く時間だったのでしょうね。

    時々実家に帰ってはチョコチョコっと何枚かもって帰ったり。
    結構聴いた記憶が無いCDも出てきますね。(^^;

    今年は昨日今日で2日仕事に行っただけ、明日からは3連休休みすぎで
    体が付いていけないです(*^-^*)

    lifeさん、コメント有難う。

    2009-01-09(Fri) 18:06 | URL | #- [ 編集 ]


  • やっぱりカッコイイです!! from coco

    流れ星さん こんばんは~♪

    今日は2度目の訪問です。
    ゆっくり聴きたかったので、こんな時間の訪問になってしまいました。
    ごめんなさい。(^人^)

    プリンスは大好きだったので、感動しました! (T^T)
    Youtubeではプリンスの動画が殆んど見られなかったので、
    久しぶりに見て大感激!!^^

    ご挨拶が後になってしまいましたが…今年もどうぞ宜しくお願いします!
    私のブログの紹介までして頂いて、ありがとうございます。=*^-^*=

    2009-01-10(Sat) 01:29 | URL | #- [ 編集 ]


  • 紹介出来てよかったです from 流れ星→cocoさん

    cocoさん、おはようございます☆彡

    > ゆっくり聴きたかったので、こんな時間の訪問になってしまいました。
    有難うございます、わざわざ時間の調整までしていただいて
    聴いていただけるのは凄くうれしいですね。

    > プリンスは大好きだったので、感動しました! (T^T)
    そんなにお好きでしたか。
    いやいやどうも、そちらのブログにも書かせていただきましたが
    プリンスが好きなお母さんがいる子供さんはうらやましいですね。

    ヘビメタが好きな親父を持つ流れ星の息子はどうなんでしょう(^_^;

    > Youtubeではプリンスの動画が殆んど見られなかったので、
    > 久しぶりに見て大感激!!^^
    そうですよね、プリンスほどのアーチストのビデオが無いなんて
    おかしいですよね、スモモンさんの話ではプリンス側で削除
    されているらしいです。

    流れ星もブログ始めてからいつかは紹介すると思ってましたから
    ようやく実現出来てうれしいですね。

    気に入っていただいてよかったです。(*^-^*)




    2009-01-10(Sat) 10:15 | URL | #- [ 編集 ]


  • 1曲から元気でるぅーー♪ from bunta52

    こんばんわー!
    I Wanna Be Your Lover 気持ちいいですねー ^^
    リズミカルなギター。またギターのトーンがいい感じにセッティングされてますよね!
    気に入りました。けどプリンスの裏声?が女っぽくてぞくぞくしました。

    プリンスは見る側にも楽しさを与えてくれるので、意外にぼくは好きなほうですよ・・・^^;
    プリンスってショーマンなのか、どっちかいうと衣装にこってますね。
    ジェフベックのようにTシャツにジーパンスタイルのようなラフ(くだけた)なカッコしてても
    間違いなくカッコいいと思うのになあ~~



    2009-01-12(Mon) 23:01 | URL | #tbtHsh72 [ 編集 ]


  • 多彩 from 流れ星→ bunta52さん

    これはこれは bunta52さんコメント有難うございます☆彡

    > I Wanna Be Your Lover 気持ちいいですねー ^^
    お、気に入っていただけたようですね。
    プリンスのギターの腕前は中々のものですね、
    ほんとに多彩な方でアルバムも全部一人で作ってしまいますから
    ある意味天才だと思ってます。

    結構変わり者と誤解をうみますがちゃんと聴けば
    非常に聴きやすい曲もたくさんありますね。

    > プリンスってショーマンなのか、どっちかいうと衣装にこってますね。
    衣装も凝ってますがギターも凝ってますね(笑)

    ほんとにセンス抜群なプリンスですよね。(*^-^*)

    2009-01-12(Mon) 23:47 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/67-9a1f53c1

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。