プロフィール

流れ星

Author:流れ星
HR/HM Fairy Taleへようこそ!


最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

シンプルカテゴリ2階層

フリーエリア

フリーエリア
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

フリーエリア

メインページ

 

ブログタイトル 4

 yo012.gif yo011.gifyo014.gif

ブログタイトル 6

管理人の流れ星です、皆さん私のブログ閲覧していただき有難うございます。
私のブログはブログ名のとうりにHR/HM中心にと思ったのですが(笑)ジャンルにとらわれずにビビッと来た、懐かしいと思った
アーチスト、バンドを皆さんにご紹介出来たらと思ってます。
 
  

旧ブログmemory of the musicもお世話になりました。

今はプライベート・モードですがパスワードはお知らせに記していますので
どなたでも、気楽に見れると思います。
ブログ名がリンクしてます、よろしければどうぞ!
6dd70ddc745a5f990bb011bcfce10a99_raw.gif
 

 

注意事項

 当ブログではアーチスト、バンドの雰囲気、世界観を表現する為、 Wikipediaよりの引用、転載、写真、スライドショー等をもちいた記事となっております。

上記表現方法をご理解tと了解いただける方は”続きを読む”をクリックして閲覧していただければ 管理人凄くうれしいです。

 

Blog birthday 2008・09・21

 

 


スポンサーサイト
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)
[20090112]

b31eb220dca0026044a56010_L.jpg

 

デヴィッド・ボウイ(David Bowie、1947年1月8日 - )は、イギリスを代表するマルチ・ミュージシャンであり、俳優としても長いキャリアを持つ。

このところ寒い日が続いてますが皆さん元気されてますか、流れ星はやっぱり寒いのは苦手ですね。

毎年これくらいの時期になると風邪をひいて熱が下がらずずるずるとなるんですが今のところ全然元気ですね、8月生まれの流れ星ですがやっぱり夏の熱いのもいやですねー(^_^;

去年はオリンピックがありましたから8月は楽しかったですね、そして今年の注目はWORLD BASEBALL CLASSIC で決まりですね、略してWBC。
今年は3月5日から日本対中国から開幕します。

第一ラウンドはA組(中国、チャイニーズタイペイ、日本、韓国)ですね、いやー中国以外は熾烈な争いになりますね。
1位、2位で通過しても第二ラウンドでは、B組にオーストラリア、キューバがいますからね、大変。

一方米国は C組で(カナダ、イタリア、米国、ベネズエラ)これって米国 優位じゃないですか。

さらに第二ラウンドで戦うD組は(ドミニカ共和国、オランダ、パナマ、プエルトリコ) やっぱり米国優位じゃないでしょうか、前回も米国優位の対戦と言われてましたしね。

前回の優勝国の日本としてはもう一度、夢を見たいですね。

あ、デヴィッド・ボウイでした、やっぱりボウイはいつかはやりたいアーチストでした、でも時代の流れでどの時代のボウイを紹介するかは難しいところですね、初期のグラムロック時代はもの凄い格好でやってましたからね(笑)

ま、グラムロック時代はまた機会があればと言うところで、今回はベルリンに移住していた時の作品、「ベルリン三部作」と呼ばれることになるアルバム『ロウ Low』、『英雄夢語り (ヒーローズ)"Heroes"』、『ロジャー(間借人)Lodger』の3枚からご紹介したいと思います。

この頃のボウイは 奇才ブライアン・イーノとコンビを組んでのアルバム作りをして非常に評価の高い時代でしたね。

素晴らしい音楽との出会いに感謝(≧∇≦)

続きからメイン記事となります、注意事項を了解されましたら覗いてくださいね、有難うございます。

本国イギリスではビートルズ、ローリング・ストーンズ、クイーンらと並んで20世紀のイギリスを代表するロック・スターのひとりである。2000年、雑誌「NME」がミュージシャンを対象に行ったアンケートでは「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」に選ばれた。

43346261_030e46f4e5_o.jpg 
ベルリン時代
ボウイは再び架空のキャラクター「シン・ホワイト・デューク Thin White Duke」(痩せた青白き公爵)を名乗り、それを演じた。ドイツでのライブはナチズムを強く意識したステージ構成になった。

インタビューではヒトラー擁護とも取られかねない際どい発言を行ない、ファンの前ではジークハイルをやったやらないなどの騒動が起き、メディアからは激しいバッシングを受け、「ジギー・スターダスト」以上の危険人物とみなされることになった。 ツアーの終了後に、薬物からの更正という目的も兼ね、ベルリンに移住し、ひそやかに音楽作りを始めた。


ブライアン・イーノとのコラボレーションで1977年から1979年にかけて制作にされた、のちに「ベルリン三部作」と呼ばれることになるアルバム『ロウ Low』、『英雄夢語り (ヒーローズ)"Heroes"』、『ロジャー(間借人)Lodger』は、ロンドンパンク/ニュー・ウェイヴ全盛期の中で、プロトパンク/オールド・ウェイヴを前面に出した。一部のファンはこの時期のアートロック的な作品を最高傑作とみなしている。

(Wikipedia)

a19408f4David_Bowie-1_convert_20090111201450.jpg

 

ベルリン三部作(Berlin Trilogy)は、イギリスのミュージシャン、デヴィッド・ボウイが1976~1979年にかけてブライアン・イーノと共同してレコーディングを行ったアルバム『ロウ Low』『英雄夢語り (ヒーローズ) "Heroes"』『ロジャー (間借人) Lodger』、これら一連のアルバムの総称。いずれも共同プロデューサーはトニー・ヴィスコンティ。「イーノ三部作 Eno Trilogy」「ベルリン・トリプティック(三連祭壇画) Berlin Triptych」と表記されることもある。
halo2.jpg 
解説
ベルリン三部作と呼ばれるものの、製作は必ずしもベルリンだけで行われたわけではない。

『ロウ Low』 1977年1月14日発売

録音時期…1976年9月~11月
録音場所…シャトー・デルヴィーユ(フランス、ポントワーズ)/ハンザ・スタジオ(西ドイツ、ベルリン)
ジャケット写真…スティーヴ・シャピロ(映画『地球に落ちてきた男』より)


『英雄夢語り (ヒーローズ) "Heroes"』 1977年10月14日発売

録音時期…1977年7月~8月
録音場所…ハンザ・スタジオ(西ドイツ、ベルリン)
ジャケット写真…鋤田正義(実際のクレジットは「Sukita」と、苗字のみ)


『ロジャー (間借人) Lodger』 1979年5月18日発売

録音時期・・・1978年9月~79年3月
録音場所…マウンテン・スタジオ(スイス、モントルー)/レコード・プラント・スタジオ(アメリカ、ニューヨーク)
ジャケット・デザイン…デレク・ボシアー

(Wikipedia)

7280362_th.jpg

 

ロウ(Low)はイギリスのミュージシャン、デヴィッド・ボウイの10thアルバム。

1977年1月14日にRCAよりリリースされた。

1991年にRYKOよりCD化され再発売されており、その際ボーナストラックとして未発表テイクが3曲追加収録されている。

 Sound and vision

ダンサブルな曲です


解説
アメリカでのドラッグ浸けの日々からの脱却を図るためベルリン入りしたボウイが、ブライアン・イーノと共に創り上げた実験的作品。後半はすべてインストが占め、その中でも特に「ワルシャワの幻想」は高い評価を得る。黒人音楽に影響を受けた前2作とはまるで異なり、音楽的にはジャーマン・ロックからの影響が見られ、ボウイ自身も1979年のインタビューで、クラフトワークやタンジェリン・ドリームをよく聴いていたと語っている。

188193~David-Bowie-Posters

 

グラム期の「ジギー・スターダスト」と並んで、ボウイの最高傑作といわれる。先鋭的な内容のため、レコード会社の上層部は困惑したようだが、商業的にも全英2位、全米11位と成功を収めた。後に「ベルリン三部作」と呼ばれることになる作品群の第1弾であり、次作『英雄夢語り (ヒーローズ)』も、本作のコンセプトを踏襲して作られた。

本作に伴うツアーは行われなかったが、1978年のワールド・ツアーで、本作収録曲の約半数が演奏された。

2483633466_58d488ac2c_o.jpg

 
ボウイは、本作の制作と並行して、「ホワット・イン・ザ・ワールド」にも参加しているイギー・ポップのアルバム『イディオット』をプロデュースした。

後に『レッツ・ダンス』に収録される「チャイナ・ガール」は、この時ボウイとイギーが共作し、『イディオット』で発表された曲。ボウイはその後、イギーのツアーにもキーボード奏者として帯同した。

1990年代には、フィリップ・グラスが本作の楽曲をオーケストラ化した。

※日本では、「スピード・オブ・ライフ」がNHK衛星第2「衛星映画劇場」のオープニングテーマに使われている。



収録曲
Side A
スピード・オブ・ライフ - SPEED OF LIFE(2:47)
(Bowie)
壊れた鏡 - BREAKING GLASS(1:52) ※
(Bowie / Davis / Murray)
ホワット・イン・ザ・ワールド - WHAT IN THE WORLD(2:23)
(Bowie)
サウンド・アンド・ヴィジョン - SOUND AND VISION(3:03) ※
(Bowie)
いつも同じ車で - ALWAYS CRASHING IN THE SAME CAR(3:29)
(Bowie)
ビー・マイ・ワイフ - BE MY WIFE(2:56) ※
(Bowie)
ニュー・キャリア・イン・ニュー・タウン - A NEW CAREER IN A NEW TOWN(2:51)
(Bowie)
Side B
ワルシャワの幻想 - WARSZAWA(6:20)
(Bowie / Eno)
アートの時代 - ART DECADE(3:44)
(Bowie)
嘆きの壁 - WEEPING WALL(3:26)
(Bowie)
サブテラニアンズ - SUBTERRANEANS(5:39)
(Bowie)
(※はシングル曲)


Be my wife

流暢な日本語の挨拶から始まるこの曲は
軽快で聴きやすい

sanjose1.jpg 

ボーナストラック

[RYKO盤(1991年)
サム・アー - SOME ARE(Previously Unreleased) (3:08)
(Bowie)
聖者 - ALL SAINTS(Previously Unreleased) (3:35)
(Bowie)
サウンド・アンド・ヴィジョン(リミックス・ヴァージョン) - SOUND AND VISION(Remixed version,1991) (4:37)
(Bowie)

(Wikipedia)


heroes20david20bowie.jpg

 
英雄夢語り(ヒーローズ)("Heroes")はイギリスのミュージシャン、デヴィッド・ボウイの11thアルバム。

1977年10月14日にRCAよりリリースされた。現行のCDでは「ヒーローズ」という邦題であるが、LP時代は「英雄夢語り」という邦題であった。

その後、1991年にRYKOよりCD化され再発売されており、その際ボーナストラックとして未発表テイクが2曲追加収録されている。また、1999年にEMIより24ビット・デジタル・リマスタリング盤として再リリースされているが、ボーナストラックは収録されていない。

Beauty And The Beast

サビの部分が印象的


解説
前作『ロウ』と制作時期が近く、参加ミュージシャンの多くが共通しており、同じくベルリンで録音され、構成も似ている(両者ともインストゥルメンタル曲の比率が高い)為、姉妹作と言える(1979年発表の『ロジャー (間借人)』を含めて3部作とされるが、『ロウ』と今作の二つは特に作風が似ている)。前作に比べると、今作は内容がドラマチックでロック色が強い。逆に言えば、こうした要素を意識的に削ぎ落とした前作の方が先鋭的であり、より高く評価する声も有る。

1313850458_21683f1f2b_o.jpg

 
シングルにもなった表題曲は、ボウイの代表曲の一つで、多くのアーティストにカバーされている。ボウイがドイツ語とフランス語のそれぞれで歌っているバージョンが存在する。

サウンド面では、ブライアン・イーノのシンセサイザーとロバート・フリップのギターが極めて印象的(ロバート・フリップは、キング・クリムゾンの2000年のツアーで、この曲を取り上げた)。

ボウイは、ベルリンの壁の傍で落ち合う恋人達の姿を見て、この曲の着想を得たと語っている。歌詞では、閉塞的な状況に置かれた男が、「ヒーローズ」という言葉を儚い夢として用いており、その内容は英雄崇拝・英雄志向的なものではない。

なお、アルバム・ジャケットの写真は、鋤田正義の撮影。ボウイの不思議なポーズは、オーストリアの画家エゴン・シーレの自画像を真似たと言われる。

Heroes

この曲は代表曲ですね



収録曲
Side A
美女と野獣 - BEAUTY AND THE BEAST(3:35) ※
(Bowie)
ライオンのジョー - JOE THE LION(3:06)
(Bowie)
ヒーローズ - "HEROES"(6:07) ※
(Lyrics by Bowie / Music by Bowie-Eno)
沈黙の時代の子供たち - SONS OF THE SILENT AGE(3:18)
(Bowie)
ブラックアウト - BLACKOUT(3:47)
(Bowie)
Side B
V-2 シュナイダー - V-2 SCHNEIDER(3:10)
(Bowie)
疑惑 - SENSE OF DOUBT(3:56)
(Bowie)
モス・ガーデン - MOSS GARDEN(5:04)
(Bowie-Eno)
ノイケルン - NEUKÖLN(4:33)
(Bowie-Eno)
アラビアの神秘 - THE SECRET LIFE OF ARABIA(3:45)
(Lyrics by Bowie / Music by Bowie-Eno-Alomar)
(※はシングル曲) 

2557420175_d37497dcc9_o_convert_20090111204723.jpg

 
ボーナストラック 

RYKO盤(1991年)
アブドゥルマジード - ABDULMAJID(Previously unreleased track recorded 1976-79)(3:33)
(Bowie)
ライオンのジョー(リミックス・ヴァージョン) - JOE THE LION(Remixed version,1991)(3:08)
(Bowie)

(Wikipedia)

Bowie,20David20-20Lodger

 

ロジャー(間借人)(Lodger)はイギリスのミュージシャン、デヴィッド・ボウイの12thアルバム。

1979年5月18日にRCAよりリリースされた。

その後、1991年にRYKOよりCD化され再発売されており、その際にボーナストラックとして未発表テイクが2曲追加されている。 

DJ

少々前衛的な曲ですがPOPですね


解説
スイスのモントルーでレコーディングされたが、『ロウ』や『英雄夢語り (ヒーローズ)』に引き続いてブライアン・イーノが参加しているため、「ベルリン三部作」の最終章として語られるアルバム。後半がインスト曲中心だった前2作とは異なり、ポップな歌ものが並ぶ。

ブライアン・イーノや、盟友とも言えるギタリスト、カルロス・アロマーに加え、前年のワールド・ツアーにも帯同したエイドリアン・ブリューやサイモン・ハウスといった個性派プレイヤーが参加。

全英4位、全米20位を記録。 
bbchicago10.jpg
 
収録曲
Side A
素晴しき航海 - FANTASTIC VOYAGE(2:55)
(Bowie / Eno)
アフリカン・ナイト・フライト - AFRICAN NIGHT FLIGHT(2:55)
(Bowie / Eno)
ムーヴ・オン - MOVE ON(3:18)
(Bowie)
ヤサシン - YASSASSIN(Turkish For : Long Live)(4:12)
(Bowie)
レッド・セイル - RED SAILS(3:44)
(Bowie / Eno)
Side B
D.J. - D.J.(4:00) ※
(Bowie / Eno / Alomar)
怒りをこめてふり返れ - LOOK BACK IN ANGER(3:06)
(Bowie / Eno)
ボーイズ・キープ・スウィンギング - BOYS KEEP SWINGING(3:18) ※
(Bowie / Eno)
レピティション - REPETITION(3:00)
(Bowie)
レッド・マネー - RED MONEY(3:45)
(Bowie / Alomar)
(※はシングル曲)


Boys Keep Swinging

ボウイの女装姿が楽しめます(^_^;

Boys Keep Swinging - David Bowie

 

3042204929_f1336e95bd_o.jpg
ボーナストラック

RYKO盤(1991年)
プレイ・オレ - I PRAY,OLE(Previously unreleased track)
怒りを込めてふり返れ - LOOK BACK IN ANGER(New version recorded 1988)

(Wikipedia)

 

queen + david bowie : Under presure live

おまけです

スポンサーサイト

コメント
  • ボウイと言えば・・・ from YASU

    僕の中では、ボウイと言えばグラムロックです。
    当時、Tレックスと共にグラムロックの旗手として登場した印象が強烈です。
    初めて聴いたのは「スターマン」でしょうか。
    ドーナツ盤を持っています。
    その後、あまり聴くことが無くなったので、ボウイは僕的には永遠にグラムロックです。

    2009-01-12(Mon) 11:44 | URL | #cDFNNeWA [ 編集 ]


  • ブライアン・メイ from Claptan

    デビュー当時、メイが自分で作ったギターだと
    聞いて驚きました。

    あの独特の音色は、自作ギター+硬貨のピック
    (何ペンスか忘れましたが)のようですね。

    後に日本でも「ブライアン・メイ モデル」と称するギターが
    販売されていましたが、あのギターはやはりブライアンが
    弾いてこそって感じがします。

    2009-01-12(Mon) 12:57 | URL | #iAqHXQpI [ 編集 ]


  • from よーじっく

    こんにちはぁ、(^^)b
    いつも、ご訪問とコメント、感謝です。!!

    ボウイのこの時代は、全く知らないです。(^^ゞ
    グラム・ロツク時代のものは、面白がって聴いていた記憶があります。

    今回も勉強させいただきました。知らなかった音が聴けて、新鮮でした。!(^^)!

    2009-01-12(Mon) 12:58 | URL | #- [ 編集 ]


  • グラム時代 from 流れ星→YASUさん

    YASUさん、こんにちは☆彡

    > 僕の中では、ボウイと言えばグラムロックです。
    おぉ、そうでしたか。
    ボウイは時代背景が違うとやっている事も違いがありますから、
    確かにグラムロック時代はインパクトありますね。

    > ドーナツ盤を持っています。
    そうですか、それは貴重ですね。
    グラムロック時代はリアルタイムではないので
    もう少しお勉強してからまた紹介します。

    ボウイは音楽だけでなく俳優としても活躍してますからね。

    偉大な方です。(*^-^*)






    2009-01-12(Mon) 13:49 | URL | #- [ 編集 ]


  • 6ペンス from 流れ星→ Claptanさん


    Claptanさん、こんにちは☆彡

    > あの独特の音色は、自作ギター+硬貨のピック
    > (何ペンスか忘れましたが)のようですね。
    そうですね、よくご存知です。
    木材は暖炉に使う古い木で6ペンスだったと思いますよ。

    ブライアン・メイは今でも勢力的に活動してますね。
    去年QUEENのニューアルバムも発売された事は
    記憶にも新しいですね。

    今でもQUEENはねずよい人気ありますね(*^-^*)



    2009-01-12(Mon) 13:57 | URL | #- [ 編集 ]


  • まとめてみました from 流れ星→よーじっくさん

    よーじっくさん、こんにちは☆彡

    早速のコメ有難うございます。

    > グラム・ロツク時代のものは、面白がって聴いていた記憶があります。
    なるほど、流れ星よりお若いであろうよーじっくさんもしっかりチェックされてますね、
    今は60年代ものやられてますからね。
    やっぱり時代時代で違った音楽も聴けますね。

    この3部作は歌ものの曲しか出してませんがインストの曲も
    重要ですね、やっぱりアルバムとうしで聴くのが一番でしょうね。

    お勉強になるか分かりませんがチョッとこの頃をまとめてみました(*^-^*)


    2009-01-12(Mon) 14:07 | URL | #- [ 編集 ]


  • まいど~(^^)/ from John

    デヴィッド・ボウイは奥の深いアーティストにも関わらず、癖が強いせいかマイナーイメージが抜けないのはおいらだけでしょうか?

    そう、決して売れてないとか、人気がないとかってことではなくて、通好みって気がします
    まさにイギリスのミュージシャンの代表やね

    おいらが初めて聴いたのは『ジギー・スターダスト』だったと思いますが、突っ込んで聴く前にあの「レッツ・ダンス」が出てしまいこの曲が何だかイマイチで遠ざかってしまったんですよね~
    ただ「ブルー・ジーン」は好きやったなぁ~^^
    ティン・マシーンもほとんど聴いとりません(^-^;

    グラム、サイケ、パンクなど…個性的なアーティストであることは確かで、やはり今後語り継がれてええアーティストの1人ですよね

    ちなみに、役者としてのデヴィッド・ボウイ結構好きです(^^♪

    2009-01-12(Mon) 16:27 | URL | #dp6IxwUE [ 編集 ]


  • 挑戦  from 流れ星→Johnさん

    Johnさん、こんにちは☆彡

    久しぶりに食いついていただけましたね、うれしいです。

    > デヴィッド・ボウイは奥の深いアーティストにも関わらず、癖が強いせいか
    マイナーイメージが抜けないのはおいらだけでしょうか?

    なるほど、ボウイは時代時代で変化してますからね、まあ、根っこは一緒ですけど。
    メジャーかマイナーかは置いておいても、紹介しにくいアーチストでしょうね。

    流れ星も何枚か持ってますがやっぱりアルバムとおして聴かないと理解出来ない
    アルバムが結構多いです。
    実際ボウイを紹介するブログも少ないでしょうし、これは流れ星の挑戦でもあり
    自己満でもありですね(笑)

    >突っ込んで聴く前にあの「レッツ・ダンス」が出てしまい
    このアルバムからなら一つ記事出来そうですね、やっぱり80年代が背景にありますからね。

    まあ、時代をしぼって紹介したので次回もありますよって事です。

    グラムロック時代、「レッツ・ダンス」、90年代であと2つ、3ついけそうです。
    紹介しにくいですがそれだけやりがいもあるアーチストで、難しい事は考えずに
    楽しんでいただければそれでよしです。(*^-^*)


    2009-01-12(Mon) 17:05 | URL | #- [ 編集 ]


  • from スモモン

    流れ星閣下、こんにちは(^-^*)/

    ほんと寒い日が続いてますね。
    私は1月生まれだけど、やっぱり寒いのはいやですねぇ(^_^;)

    デヴィット・ボウイは 「レッツ・ダンス」で知ったんですけど
    あの当時はキョーレツな個性に、ただただ驚いていた感じです。
    独特のヴォーカルに、惑わされそうと言うか(笑)

    その後は、俳優としてのイメージが強かったりします(*^-^*)ゞ
    スクリーンでも独特の存在感を放ってますよね!

    "Boys Keep Swinging"の女装姿を見て・・・女性としては
    敗北感が否めないよーな気がするんですけどっ!

    デヴィット・ボウイの、深くて濃厚な経歴を見せて頂いて
    今日も楽しかったです♪
    ものすごい格好でやっていた時代というのも見てみたいので
    いつか是非紹介して下さいね(^▽^)

    2009-01-12(Mon) 17:15 | URL | #ncVW9ZjY [ 編集 ]


  • スモモン姫 from 流れ星→スモモンさん

    スモモン姫こんばんは☆彡

    いやー閣下で定着しちゃいましたね、お仲間の加えて
    いただいて光栄です。

    > 私は1月生まれだけど、やっぱり寒いのはいやですねぇ(^_^;)
    お~とそうですか、もうすぎたかもしれませんが
    お誕生日おめでとうございます(*^O^*)/"☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆

    > デヴィット・ボウイは 「レッツ・ダンス」で知ったんですけど
    > あの当時はキョーレツな個性に、ただただ驚いていた感じです。
    なるほど、 「レッツ・ダンス」のアルバムはたぶん一番ヒットしたアルバムで
    割りと聴きやすい部類に入りますがそれでも聴きなれないと困惑しますよね。

    > スクリーンでも独特の存在感を放ってますよね!
    そうそう、『戦場のメリークリスマス』なんて思い出しますね。

    > "Boys Keep Swinging"の女装姿を見て・・・女性としては
    > 敗北感が否めないよーな気がするんですけどっ!
    う~ん、やはり目鼻立ちが整ってますからね、これが意外と合ってるんですよね(笑)

    > ものすごい格好でやっていた時代というのも見てみたいので
    そうですね、グラムロック時代も重要なアルバムありますね。

    時代をしぼりましたから、またパート2もやりましょう。








    2009-01-12(Mon) 18:40 | URL | #- [ 編集 ]


  • from hirokun

    こんばんは♪
    いつも訪問&コメントありがとうございます(^_^)v
    デビットボウイ・・・
    私の中では、奇人に当たるミュージシャンですね(笑)
    やっぱり女装のイメージが強いからですかね。
    友人なんかはかなりディープにハマってましたよ。
    音楽性自体は嫌いじゃないですね。
    うーん、さすがと思わせるナンバーも多数ありますもんね。
    お恥ずかしいながら、グラムロックと言う意味が今いちわかりません^_^;
    知ったかぶりできないんで、また教えてくださいね!

    2009-01-12(Mon) 19:34 | URL | #- [ 編集 ]


  • エモ系 from 流れ星→hirokunさん

    hirokunさん,こんばんは☆彡

    > 私の中では、奇人に当たるミュージシャンですね(笑)
    おぉ、そうですかやっぱり中々理解は難しいでしょうね。
    でも、気に入るとお友達のようにドップリとはまりますよ(笑)

    > うーん、さすがと思わせるナンバーも多数ありますもんね。
    そうなんですよ、歌の曲以外にもインストとかでも独特の世界観が
    ありますからね、ある程度聴き込まないといけませんが。

    > お恥ずかしいながら、グラムロックと言う意味が今いちわかりません^_^;
    そうですね、だいたい70年代前半で演奏スタイルはまちまちですが
    厚化粧、ペンティング、きらびやかな衣装をまとったりしてね、演奏してました。

    ボウイの他にロキシーミュージック、T-REX、スレイド、スィート何かがいました。
    そうそう、山高帽なんてかぶってましたね。

    最近はエモ系バンドも増えてツタヤでエモコーナー作り始めましたね。
    流れ星も聴いた雰囲気で大体分かりますが説明はちと難しいですね(*^-^*)









    2009-01-12(Mon) 20:27 | URL | #- [ 編集 ]


  • 来た=========!! from スー

    Queen - killer queenの曲も良いけど♪
    デヴィット・ボウイには勝てないかも・・若い時から好きで・・彼のスタイルも好きだった!!ほかのアーチストたちとは別格なのよ・・私の中で・・神聖な人なのです・・♪歌も良いけど・彼の生き方が好き・
    何を言われようと自分のスタイルを貫き通してる感じがします・・あ・・ここに来てますます惚れちゃった♪・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・・・
    もう何十年好きなんだろう・・初期のグラムロック時代から好きだったと思う・・彼は日本が好きでしたよね♪半天など持ってたと思ったけど♪
    (⌒-⌒)ニコニコ...・・♪楽しい~~~♪

    2009-01-12(Mon) 20:28 | URL | #- [ 編集 ]


  • 熱烈ファン 大歓迎! from 流れ星→スーさん

    スーさん、こんばんは☆彡

    >若い時から好きで・・彼のスタイルも好きだった!!ほかのアーチストたちとは別格なのよ・・>私の中で・・神聖な人なのです・・♪歌も良いけど・彼の生き方が好き・

    いやーびっくりしました、ビンゴですね! お盆と正月が一緒に来ましたか(笑)
    熱烈のファンなんですね、彼の生き方が好きって何もかもが好きなんですね。
    いやースーさんだけでも記事作ってよかったですよ。
    流れ星的には一つの挑戦でしたから、でもね確かに男の目から見てもカッコいい。

    > もう何十年好きなんだろう・・初期のグラムロック時代から好きだったと思う
    あーいいですね、思いが詰まってます。
    流れ星もいますよ何十年と好きなアーチストが
    イヤーいいコメントいただきました、やっぱり記事作ってよかった(*^-^*)




    2009-01-12(Mon) 20:44 | URL | #- [ 編集 ]


  • 私もレッツダンス from BILLY

    こんばんは!
    80年代のBILLYにはすべてが新鮮に拝見できました(*^_^*)
    私もレッツ・ダンス時代ですが、彼の経歴はある程度知ってたつもりですがこうして深く入っていくと彼の多才さが発見できてよかったです!
    昔、ルックス的にもグラムロックしてたデヴィッド・ボウイを見てからそのイメージが強かったですが、今日は70年代もカッコイイままだったんだと知り勉強になりました。
    好きなアーティストだっただけに感謝でいっぱいです。ありがとうございました。

    流れ星さん、今日も一段と寒い日でしたが風邪など引かないでくださいね!

    2009-01-12(Mon) 21:36 | URL | #- [ 編集 ]


  • 大好きです! from Shannon@Feel Fine

    流れ星さん、こんばんは!

    以前、「戦場のメリークリスマス」、
    紹介されてましたよね!
    私も確かコメントさせていただいた記憶があるんですが・・・
    あの時、ファンだとお話をしたような気がしますが、
    ハイ、David Bowie、大好きです!

    実は、彼の名前しか知らなかった頃、
    あのお化粧とかの姿を見て、ドン引きでした!(爆)

    知人にBowieが好きという人がいて、
    ベスト盤を半分義理で(笑)聴いてたんです。
    で、ハマリましたね~!(笑)
    あ、これ、ほんの3年ほど前のことですが・・・

    一番ハマッタのは、「チャイナ・ガール」という曲!
    その後、アルバムやDVDを集めまくり!
    もちろん、ベルリン3部作も!

    彼は知的で、すばらしい人だと思いました。
    なんといっても、キンクリのロバート・フリップ先生、
    そして、昨年、COLDPLAYのアルバムをプロデュースしたブライアン・イーノとともに、
    英国の3大知性とも言われてて、
    彼らの音楽に対する姿勢にはひれ伏すばかり!

    もう日本には来てくれそうもないみたいで、
    それが残念です。
    彼のステージはDVDで観ましたが、
    本当にすばらしいエンターテイナーです。

    私も、また持ってるアルバム、聴きなおしてみますね。
    いつかまた記事にしたいですが・・・


    2009-01-12(Mon) 22:34 | URL | #Anv/byv2 [ 編集 ]


  • 語りかける from 流れ星→BILLYさん

    BILLYさん、こんばんは☆彡


    今日はBILLYさんも温泉に行かれていたのですね、
    やっぱり北陸の温泉は凄いですね、至れり尽くせりの温泉の種類
    一日遊べそうではないですか。
    流れ星も町内の温泉行きましたが連休最終日は混んでました、
    やっぱり天然温泉は体の芯から温まりますね。

    おーと、ボウイでした。

    > 好きなアーティストだっただけに感謝でいっぱいです。
    おぉ、それはそれはお好きでしたか、流れ星のようなブログは
    皆さんに見ていただいて喜こんで楽しんでいただける事がいちばんうれしいです。

    >今日は70年代もカッコイイままだったんだと知り勉強になりました。
    私も記事作りながら色々ビデオ見て感じました、確かにカッコいいです。
    もう、ジャケットからも語りかけてきました、アートですね。

    もう、グラムもひっくるめてまた紹介しましょう。

    BILLYさんも風邪にはご用心ですよ(*^-^*)

    2009-01-12(Mon) 22:34 | URL | #- [ 編集 ]


  • やっぱり…私は… from KENONE

    ”スター・マン”なんですよ。。。
    まだ中学生やった頃、この曲は衝撃的でした(^^)
    なんともゆえん”エエ雰囲気”をもってたもん(゜▽゜)

    懐かしいなあー\^o^/




    2009-01-12(Mon) 23:37 | URL | #- [ 編集 ]


  • 来日しますように from 流れ星→Shannonさん

    Shannonさん、こんばんは☆彡

    > 以前、「戦場のメリークリスマス」、
    > あの時、ファンだとお話をしたような気がしますが、
    あ、何か大切な事を忘れたような(^_^;
    やっぱり、memory of the musicでQUEENのお宝で
    under pressure紹介した記事にShannonさんが初コメでした。
    去年の10月22日でした、いやいや暖かいコメントいただきました。

    > あのお化粧とかの姿を見て、ドン引きでした!(爆)
    やっぱりね、頭の格好から全てがグラムロック。
    ケバかったですね、ボウイはどこか宇宙人みたいでしたよ。

    > 一番ハマッタのは、「チャイナ・ガール」という曲!
    > その後、アルバムやDVDを集めまくり!
    > もちろん、ベルリン3部作も!
    おぉ、これほどまで熱烈のファンじゃありませんか、3部作全部は
    流石の流れ星も持ってません。
    やっぱり、ボウイのファンは凄いなー、ビデオの最前列で渦巻いているのが
    女性ばかりですね。

    >COLDPLAYのアルバムをプロデュースした
    あ、そうなんですか初めて知りました。
    ブライアン・イーノも健在ですね、彼が加わると非常に興味が
    わきますね、面白いもの作ってくれそうで。

    ボウイの90年代のアルバムも何枚か持ってますが
    やっぱり一曲一曲でなくアルバムトータルとして聴きたい
    内容が多いです。

    > もう日本には来てくれそうもないみたいで、
    > それが残念です。
    そうかなー願えば通じると思いますけどね、
    そういえばゲイリーおじさまもShannonさんはライブ見てないんですよね、
    お2人とも今年こそ来日しますように、パンパン(*^O^*)/"☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆..:*・゜☆
    > 私も、また持ってるアルバム、聴きなおしてみますね。
    > いつかまた記事にしたいですが・・・
    おお、それはそれは暖かい思い入れが入った素晴らしい
    記事になりそうで楽しみですね(*^-^*)

    2009-01-12(Mon) 23:38 | URL | #- [ 編集 ]


  • 皆さんに感謝 from 流れ星→ KENONEさん

    KENONEさん、こんばんは☆彡

    > ”スター・マン”なんですよ。。。
    > まだ中学生やった頃、この曲は衝撃的でした(^^)
    なるほど、同世代のYASUさんと同じ意見ですね。
    流れ星はこの頃はリアルタイムでないので
    この時代のことを勉強しつつ記事に出来れば良いですね。

    > 懐かしいなあー\^o^/
    この言葉をいただけるとうれしいですね。

    いやー予想外に、この記事はいっぱいコメントいただけました
    皆さんに感謝です、オッチャンも有難うございました。


    2009-01-13(Tue) 00:07 | URL | #- [ 編集 ]


  • from coco

    流れ星さん こんにちは~♪

    私も流れ星さんと同じく、8月生まれで~す。^^
    暑い夏も苦手ですが、冬の寒さはもっと苦手です。
    春が待ち遠しいですね。

    坂本龍一が好きだったので、ボウイと絡みがあった頃は聴いてましたが…。
    「レッツ・ダンス」「チャイナ・ガール」くらいしか知らなかったので、凄く勉強に
    なりました。v(^ー^)
    改めて聴いてみると、個性的でインパクトのあるアーティストだったんですね。
    新鮮に聴くことができました。ありがとうございます。^^

    2009-01-13(Tue) 12:13 | URL | #- [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星さん こんにちは(^^)/
    何だか、この連休中に風邪をひいたか何することなく
    だら~~~~としてしまっています(苦笑)
    またこれはおなつかしゅ~ございます^^
    私も80年代なので、レッツ・ダンス世代!!
    とてもあの頃はインパクトがあって、斬新なイメージ
    でした。
    今もiPodにレッツ・ダンスだけ入れてあるんですよ(笑)
    今回UPしてくれた曲は、知らない曲とか忘れちゃってた曲もあったので、逆に新鮮でした(*^^)v
    やっぱりここは、特別洋楽勉強室みたいです(笑)
    風邪移るといけないので退散!!
    また遊びにきますぅ^^
    連休中も応援&コメントありがとうございました(^o^) ノ

    2009-01-13(Tue) 14:35 | URL | #- [ 編集 ]


  • 乙女座 from 流れ星→cocoさん

    cocoさん、こんにちは☆彡

    > 私も流れ星さんと同じく、8月生まれで~す。^^
    おぉ、一緒ですね。ちなみに乙女座ですp(^-^)q

    > 坂本龍一が好きだったので、ボウイと絡みがあった頃は聴いてましたが…。
    なんか、割りと似てる人が結構いらっしゃいますね。
    坂本龍一悔しいですけどもてますね。

    > 「レッツ・ダンス」「チャイナ・ガール」くらいしか知らなかったので、凄く勉強に
    > なりました。v(^ー^)
    やっぱりこのアルバムなんですよね、cocoさんの場合はグラムロック時代は
    ご紹介しない方が良いかもしれませんね。(^.^)

    > 新鮮に聴くことができました。ありがとうございます。^^
    いやーお付き合いしていただいて感謝です。


    2009-01-13(Tue) 17:25 | URL | #- [ 編集 ]


  • 一番売れた from 流れ星→lifeさん

    > 流れ星さん こんにちは(^^)/
    > またこれはおなつかしゅ~ございます^^
    > 今もiPodにレッツ・ダンスだけ入れてあるんですよ(笑)
    > 今回UPしてくれた曲は、知らない曲とか忘れちゃってた曲もあったので、逆に新鮮でした(*^^)v
    > 風邪移るといけないので退散!!
    > また遊びにきますぅ^^
    > 連休中も応援&コメントありがとうございました(^o^) ノ

    lifeさん、こんにちは☆彡

    > 何だか、この連休中に風邪をひいたか何することなく
    > だら~~~~としてしまっています(苦笑)
    えー、風邪を惹かれましたかそれはいけませんね。
    ちょっと身近でも風邪をひいた人もボチボチと
    今朝は雪解けでしたよ、明日の朝が凍って怖いでしょうね。

    > 私も80年代なので、レッツ・ダンス世代!!
    > とてもあの頃はインパクトがあって、斬新なイメージ
    > でした。
    そーですか、やっぱりこのアルバム人気がありますね、
    ボウイのアルバムで一番売れたのではないでしょうか。


    > やっぱりここは、特別洋楽勉強室みたいです(笑)
    旧ブログには黒板もあったんですよ、凄いでしょ。

    お勉強するならlifeさんのブログでしょ、
    確実に情報量が凄いですよね。

    流れ星はまたそちらに伺ってお勉強しますよ(*^-^*)





    2009-01-13(Tue) 17:40 | URL | #- [ 編集 ]


  • from ちびた

    こんばんは

    デヴィッド・ボウイ、昔は割とよく聞きました、アルバムではダイアモンドの犬の頃でしょうか。
    見た目も歌い方もとっても格好いい男だと思います。変な格好もしますが・・・

    キラークイーン、クイーンはこの曲がヒットして聞き始めたと思います。
    いつものように、さかのぼって聞いてみると、この「シアー・ハート・アタック」よりもファーストアルバムがすごく正統派のブリティッシュロックでビックリした記憶があります。


    2009-01-13(Tue) 20:44 | URL | #tHX44QXM [ 編集 ]


  • 凄いジャケット from 流れ星→ちびたさん

    ちびたさん、こんばんは☆彡

    > デヴィッド・ボウイ、昔は割とよく聞きました、アルバムではダイアモンドの犬の頃でしょうか。
    おぉ、それはそれは結構聴かれているんですね、やっぱり紹介してよかったです。
    ダイヤモンドの犬ですか、あれは凄いジャケットでしたね(笑)
    そうですよね、男の目から見てもカッコいいです。

    > キラークイーン、クイーンはこの曲がヒットして聞き始めたと思います。
    ちびたさんも流れ星と同じ頃に聴かれたのかもしれませんね、
    QUEENの登場はロック界においても衝撃的、日本から火がつきましたからね。
    当時は男性よりも女性ファンが結構多かったです。

    ファーストアルバムは一番ストレートにロック色が強かった頃ですね。
    私もファーストからオペラ座の夜まではレコードで持ってます。

    流れ星的にはこの頃の話をしている時が一番たのしいですね。





    2009-01-13(Tue) 23:13 | URL | #- [ 編集 ]


  • Under Pressure from Shannon@Feel Fine

    流れ星さん、こんばんは!

    大好きなDavid Bowieなので、
    またまたおじゃましちゃいました!(笑)

    また、映像もいくつか見ました。
    私にとっては、ほんの3~4年ほど前に初めて聴いた曲ばかりですが、
    とっても懐かしく感じます!

    で、で、レスに書いてくださったUnder Pressure !
    いいですよね~、この曲!
    おまけでくっつけてくださってますね!(笑)

    この曲、一時、仕事帰りの車の中でリピートしまくってたことがあるんです。
    夜、一人で聴きたい曲です。
    ベースのサウンドが効いてますよね~!
    Bowieの声もすばらしくて、
    盛り上がる部分なんて、もう泣けてきます!

    Bowieって、若いころより、
    やっぱりおじさまになってからのほうが好きです。
    で、ノーメイクで、
    白いシャツなんかをラフに着こなしてるスタイル、最高です!

    時折、ニコッと笑うと、ホントキュート!
    惚れ直しました!


    2009-01-14(Wed) 18:42 | URL | #Anv/byv2 [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星閣下 また登場してしまいました(^^)

    旧ブログには黒板まで!!
    それは面白い試みですよね~d(・∀<)

    今こうして仲良くさせて頂いて楽しい洋楽ライフも
    より一層充実していますが、欲をいえば旧ブログ
    から出会えていたらもっと幸せでした(*^_^*)

    私もブログなんてまだまだです!
    これからも洋楽道!精進して参りますので
    これからも、閣下よろしくお願いします☆彡 (-人- )
    また遊びにきます(ж^□^ж)ノ

    2009-01-14(Wed) 20:17 | URL | #- [ 編集 ]


  • オーラ from 流れ星→ Shannonさん

    Shannonさん,再びのご登場で感謝感謝☆彡

    > また、映像もいくつか見ました。
    > とっても懐かしく感じます!

    懐かしいと言って頂けるのがうれしいですね。

    今回の記事は流れ星がいつかは紹介したかった
    デヴィッド・ボウイなんですが、やっぱりこの方は深いです。

    時代ごとにめまぐるしく変りますから。
    一回記事作って終れるようなアーチストではありませんから
    じゃどの時代から随分悩みましたがこのような形での紹介なりました。

    で、やっぱり記事は続きます(笑)

    正直なところコメントは少ないんじゃないかと・・・。
    予想は外れました、やっぱり熱狂的ファンがいらっしゃるんだと
    流れ星のブログは音楽好きが集まってくださる事も確認できました。

    ほんとにありがたい気持ちでいっぱいです。
    やっぱり、戻って来てよかったなー。

    > Bowieの声もすばらしくて、
    > 盛り上がる部分なんて、もう泣けてきます!
    そうですか、かなりお好きだったんですね、分かりますよその気持。

    流れ星も今回の流暢な日本語でかなり親近感わきました、
    オーラがびんびんで近寄りがたい偉大な方なので(笑)

    > 白いシャツなんかをラフに着こなしてるスタイル、最高です!
    私もこの意見に一票です、男性としてあこがれますよ。
    ほんといい年のとり方されてますね。

    これからもビビッと来た、懐かしいアーチスト紹介します、
    よろしくです(*^-^*)


    2009-01-14(Wed) 20:22 | URL | #- [ 編集 ]


  • 頂戴します from 流れ星→lifeさん

    lifeさん、こんばんは☆彡

    風邪大丈夫ですか、チチンプイプイだけではすぐには治りませんね(笑)

    > 旧ブログには黒板まで!!
    > それは面白い試みですよね~d(・∀<)
    いやービデオが全部で10個貼り付けて、
    邦楽、洋楽、ジャズ、ヘビメタと私が気に入ったのを時々入れ替えてました、
    まったくのおばかブログでした(笑)

    旧ブログからはチョッときついと思います、このヴォリュームで毎日ですから(笑)
    最後までお付き合いいただけたのはBILLYさんです。

    そちらのブログで空気が読めないコメントありましたが心中お察しもうしあげます。
    流れ星もよくやってしまいますのでその時はご勘弁を(笑)

    lifeさんのブログは私が作ってみたいブログの理想系に近いですね。
    実際自分が作るとおばかブログになりますけどね。

    どうも閣下で定着しそうですね、ありがたく頂戴します。(*^-^*)






    2009-01-14(Wed) 20:43 | URL | #- [ 編集 ]


  • こんばんは! from サユサユ

    毎日、寒いですね!
    明日もお昼くらいから雪みたいですね!
    帰りが遅めなので道路の凍結が怖いです。
    お互いに車の運転は気をつけましょうね!
    大野温泉でほっこり癒され来ましたね~
    ポケモン君は温泉の中でおとなしくしていますか(笑)石造(露天風呂に亀の石造)で可愛く遊んでそうな気がします。
    まだまだ、寒い日が続きますが、風邪ひかないようにお体大切にしてくださいね!

    2009-01-15(Thu) 00:08 | URL | #mQop/nM. [ 編集 ]


  • from Life

    流れ星閣下!こちらにも再々投稿お許しを<(_ _)>

    昨日の件ですね~^^;
    初め見たときちょっとビックリでしたが、賛否両論あるのも当たり前ですよね。
    私はアーネルはいいヴォーカリストだと思ったので
    書きましたが、受け入れがたいリスナーが多いのも
    分かりますので・・・
    私もペリー時代のジャーニーファンですから(笑)
    こういう、リスナーの言葉がジャーニーに届くといいのにね(^^)
    流れ星閣下のように、励まして下さる方がいるので
    頑張れます!(^^)!
    また、色々なコメントも楽しんでいきたいと思います(笑)
    ポジティヴLifeでしたp(*≧ω≦)/

    2009-01-15(Thu) 16:12 | URL | #- [ 編集 ]


  • ちびポケモン from 流れ星→サユサユさん

    サユサユさん、こんにちは☆彡

    > 明日もお昼くらいから雪みたいですね!
    なんとか降らずにすみましたがいやー寒かったです。

    > 大野温泉でほっこり癒され来ましたね~
    やっぱり、寒い冬は温泉でゆっくり体を休めるのが一番ですー。

    > ポケモン君は温泉の中でおとなしくしていますか(笑)
    ポケモン息子は一緒に入ったんですがどうも温度が高いらしく
    熱くて入れなくて一回一緒に入っただけです。

    まだまだ、ちびポケモンなんでもう少し大きくなったらでしょうね。

    > まだまだ、寒い日が続きますが、風邪ひかないようにお体大切にしてくださいね!
    ほんとにねーお互い気をつけたいですね、有難うございます。



    2009-01-15(Thu) 17:26 | URL | #- [ 編集 ]


  • 応援します! from 流れ星→lifeさん

    lifeさん、いやいや懐が深いですね。

    > 私もペリー時代のジャーニーファンですから(笑)
    流れ星も武道館で参戦しておりますよ。

    やっぱりオリジナルがいいのはほとんどの方がそうじゃないかと思いますが、
    でも新しいヴォーカルの方も否定するのでなく暖かく迎えてやってほしいなー。

    まさにアメリカンドリームですからね。
    ほんと言葉は武器になりますからね、流れ星もよくやっちゃうんですよ。
    その時はおおめに見てやってください、いつもいつも感謝です(*^-^*)


    2009-01-15(Thu) 18:12 | URL | #- [ 編集 ]


    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

  • トラックバック
    ⇒ http://fenix01.blog33.fc2.com/tb.php/79-c2ae2c88

    HOME

    copyright © 2005 流れ星 all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる


    QRコード
    QRコード

    アクセスカウンター

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。